カテキン

カテキン摂取で肥満予防!【驚きの効能と摂り方】

メタボ

カテキンはお茶に含まれている成分で、お茶の中でも特に緑茶に最も多くのカテキンが含まれています。ポリフェノールの一種で、苦味や渋みが特徴です。カテキンには様々な健康効果が期待されていますが、その中に肥満予防効果も含まれています。肥満は生活習慣病のリスクを高めますから、ダイエットにカテキンを取り入れるのもおすすめです。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

カテキンが持つ驚くべき働き

カテキンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用殺菌作用がある事で知られています。カテキンには、生活習慣病予防、血糖値のコントロールなどが期待されていますが、他にも健康維持や美容に役立つ効果がいくつも期待されています。

人は年齢を重ねるにつれて、老化が進んでいきます。目に見える老化もありますが、体の中で起こっている老化は目に見えないため気づきにくいものです。老化が進む事で体の機能も衰えていきますが、カテキンは老化が原因で起こる衰えをサポートする働きを持っています。これは生活習慣病予防なども含まれますが、年齢とともに低下する基礎代謝の影響から、太りやすくなる現象にも活用できます。

カテキンは日本人にとって馴染み深い緑茶に多く含まれています。お茶を飲むだけという手軽なところも魅力ですが、毎日の習慣にする事で、健康維持にも役立ちます。お茶をほとんど飲まないという場合は、カテキンのサプリメントでも摂取できます。

カテキンにはこんな効能も!⇒カテキンの効能と効果について カテキン摂取で口臭予防! カテキンは血糖値と関係があるの? カテキンで生活習慣病予防!

カテキンで肥満予防ができるの?

カテキンには肥満予防効果が期待できます。年齢とともに基礎代謝が低下するのは、誰にでも起こる事です。見方を変えれば、誰にでも肥満になるリスクがあるという事です。肥満は生活習慣病の原因になりますし、重い体重を支えるため足腰の関節にも負担がかかります。多くの脂肪が内臓の機能を低下させたり、臓器を圧迫したり、血管に負担をかけたりと肥満でいる事のメリットはほとんどありません。こういう時にもカテキンが役に立ちます。

カテキンには脂肪の代謝をサポートする働きがある事が確認されています。これは臨床試験でも確認されている事なので、肥満予防にカテキンを取り入れるのはおすすめです。カテキンが肥満予防に有効という事は、カテキンを多く含むお茶がトクホ飲料として販売されている事でも明らかです。トクホのお茶を飲むのもいいですし、緑茶からも豊富なカテキンが摂取できるので、取り入れやすいところが魅力です。

肥満予防にはこちらもおススメ⇒カフェイン摂取で脂肪燃焼!

肥満予防に役立つカテキンの摂り方

カテキンは肥満予防にも効果が期待されていますが、カテキンが豊富な緑茶を飲んでいるだけでは、あまり効果は期待できません。特に中高年以降は、基礎代謝が低下していますし、既に肥満になっている場合は、緑茶を飲んでも簡単には痩せられません。

カテキンを緑茶から摂る場合は、1日1gを目安にします。湯飲み茶碗の大きさで変わりますが、だいたい10杯前後飲めば1gカテキンを摂取できます。また一番煎じの方が、カテキンが多く含まれ、回数を重ねるごとに減っていくので、茶葉を変えるタイミングも注意してください。

緑茶

カテキンは緑茶から摂取できますが、食事や生活習慣に肥満の原因がある場合は、緑茶を飲むだけでは痩せられません。生活習慣の見直し、食事の見直しに、運動をプラスして行くのが理想です。基礎代謝が低下するのは誰にでも起こる事ですが、運動をしたり、食事の内容を見直したりする事で、基礎代謝を上げる事ができます。基礎代謝を高い状態にしておけば、緑茶に含まれるカテキンとの相乗効果で、脂肪が燃えやすい体を作る事ができます。

運動をいうと激しいスポーツをイメージしますが、ウォーキングのような軽い運動でも十分です。可能な限り取り入れていきましょう。

カテキンは何から摂ればいいの?

カテキンは緑茶に多く含まれています。日本人にとって緑茶は身近なものですし、子供の頃から緑茶を飲む習慣があるなら、無理なく続けられます。しかし緑茶には独特の苦味や渋みがあります。苦みや渋みはカテキンが持つ特徴で、強いほどカテキンが豊富な証拠です。濃いお茶を美味しいと思えるなら、今まで通り普通に緑茶を飲めば、肥満予防にも役立てられます。

緑茶独特の苦味や渋みが苦手で、飲めない場合はどうしたらいいのでしょうか?こういう場合は、紅茶ウーロン茶にも含まれていますので、飲めるお茶を選んでもOKです。清涼飲料水や炭酸飲料を好んで飲む方は、砂糖が多く含まれているので、これも肥満の原因につながります。

飲み物をお茶にするだけで、ダイエット効果もありますし、カテキンも摂取できるから、美容と健康にも役立ちます。カテキンを目的とするなら、サプリメントでも代用できます。いくつかの方法がありますので、自分にとって続けやすい方法を見つけてください。

カテキン摂取で肥満予防!【驚きの効能と摂り方】のまとめ

カテキンには健康維持に役立つ効果が期待されています。期待できる効果はいくつかありますが、肥満予防は生活習慣病予防にもつながりますので、特に注目されています。肥満予防にはダイエットが欠かせませんが、健康的なダイエットを可能にしてくれるのもカテキンの魅力です。

関連記事

  1. バナジウム バナジウムで脂肪燃焼!【天然ミネラルでダイエット】
  2. [監修済] 目に良いと聞き飲み始めたブルーベリー
  3. クルミは栄養満点の健康食品!【クルミの働きと効果的な摂り方】
  4. [監修済] レスベラトロールでお肌と体調が良くなった。
  5. βカロテンは女性に必要な栄養素【美肌に欠かせません!】
  6. フェカリス菌の効能と効果!【健康維持には欠かせない】
  7. [監修済] ローズ成分は美肌に効果的
  8. グレープフルーツ グレープフルーツの賢い摂り方【摂取する際の注意点】
PAGE TOP