マリアアザミ(ミルクシスル)

マリアアザミ(ミルクシスル)の健康効果【肝機能に良いみたい】

マリアアザミ(ミルクシスル)はキク科の植物です。サプリメントの原料として使われるものの中には、どのような効能があるのか日本ではまだまだマイナーなものもあります。そこで、今回は日本ではまだそこまで知名度が低いマリアアザミ(ミルクシスル)ついて詳しく解説します。

マリアアザミ(ミルクシスル)っていったい何?

マリアアザミ(ミルクシスル)とはオオアザミとも言われている地中海沿岸が原産地と言われるキク科のハーブの一種です。世界中に分布しており、日本にも帰化植物として分布しているので、身近にある植物と言えるでしょう。

このマリアアザミ(ミルクシスル)はヨーロッパにおいて2000年もの間、肝臓の疾患に効き目があるとして愛用されてきたという歴史があり、今でもメディカルハーブの一種として用いられる健康に良いとされているハーブなのです。

また、マリアアザミ(ミルクシスル)はハーブとして使割れているほか、葉や花がサラダとして使え、茎や根、そして種も食用として用いることができます。

食用としても用いられるこのマリアアザミ(ミルクシスル)ではありますが、健康に良いという面からサプリメントとしても活用されています。

マリアアザミ(ミルクシスル)の効能はいったい何?

それではマリアアザミ(ミルクシスル)の具体的な効能について見ていきましょう。

肝機能の改善

このマリアアザミ(ミルクシスル)にはフラボノイド混合物のシリマリンというものが含まれております。シリマリンには肝細胞のダメージを減らして肝細胞の再生補助を行い、さらにタンパク質の合成補助も行ってくれる働きがあるので、肝臓の機能が衰え気味の人にとっては非常にありがたい成分なのです。

もともと、このマリアアザミ(ミルクシスル)は昔から肝機能障害といった肝臓トラブルに使える薬草として用いられてきましたが、その効果はドイツで医薬品として認可され、肝硬変といった肝臓異常の治療に対して30年前から使われてきております。そのことからも、肝臓のトラブル対策に有効だということが分かりますね。

マリアアザミ(ミルクシスル)のドイツの研究結果はあるの?

マリアアザミ(ミルクシスル)は、ドイツでは30年以上前から医薬品として用いられたというお話をしましたが、医薬品として認可されるうえで必要となる研究報告文書の内容をご紹介します。

例えば、1970年代のミュンヘン大学の研究報告には、

130日間で100%死亡するという肝臓を破壊する化学物質を投与したマウスにマリアアザミ(ミルクシスル)を同時に投与した結果、70%のマウスが生き残った

というものがあります。それ以外にも大量の動物実験を行い、臨床試験を経て肝機能のトラブルに対して有効であるということが立証され、効果的であるものとして使われるようになったようです。

それ以降も研究は続き、1992年にも

肝機能トラブルを解消するために用いた結果、約6割の患者の症状を抑えることに成功している

というものもあり、他にも成果があるという報告が多数あるのです。

これらの結果からドイツでは肝機能にトラブルがあった場合、マリアアザミ(ミルクシスル)を用いるというのが定説になっているのではないでしょうか。ここまで目に見えた成果を上げているものを否定できるものではないと思います。

マリアアザミ(ミルクシスル)が必要な人はどのような人?

これらの効能や動物実験、そして臨床試験から言えることは、マリアアザミ(ミルクシスル)をおススメできるのは肝臓に何らかのトラブルを抱えている人と言えそうです。肝臓は物言わぬ臓器なので、目に見えるトラブルが発生してからは遅いとすら言われております。

なので、

  • 健康診断などで肝臓が要注意となってしまった人
  • お酒が大好きでアルコールを大量に飲む人

間違いなく必要な人と言えるでしょう。

を飲むのを辞めるのがベストなのですが、人によっては全くやめられない人もいるでしょう。そのような方はこのマリアアザミ(ミルクシスル)のサプリメントを摂取して肝臓を労わってあげてください。

実際に、アルコール性肝臓障害患者に対してマリアアザミ(ミルクシスル)が効果があるのかという臨床試験も行われていて、肝機能が改善したという報告もいくつかあったので、完全に治すことはできなかったとしても、ある程度の効果は期待できると言えるのではないでしょうか。

マリアアザミ(ミルクシスル)の注意点・副作用は?

〇 ×

マリアアザミ(ミルクシスル)の注意点についてお話します。まずは副作用についてです。まずマリアアザミ(ミルクシスル)自体が毒性がかなり低いので副作用が出ることはめったにないと言われていますが、ごくまれに腹痛や吐き気といった症状が出る人もいると言われております。

さらに、何らかの病気を患っていて薬を服用している方は、その薬の効果を薄める可能性があると言われているので、医師にマリアアザミ(ミルクシスル)を飲んでいいかどうか確認したほうがいいでしょう。

そのことから、他に優先すべき薬があるのなら、そちらを優先したほうが良いということもわかります。まずは医師と相談してください。

マリアアザミ(ミルクシスル)の健康効果【肝機能に良いみたい】のまとめ

マリアアザミ(ミルクシスル)は肝臓に対して非常に役立つサプリメントなのですが、他に病気があって薬を服用している方は医師に相談して服用していいかを教えてもらいましょう。

関連記事

  1. [監修済] サポニンを正しく摂取すると肝機能にどのような効果が表…
  2. アラニンでお肌の乾燥対策!【冬場のスキンケアに】
  3. [監修済] 肝機能をサポートするためのウコンの正しい取り入れ方
  4. ロイシンは筋肉の働きに欠かせない【肝機能もサポートする必須アミノ…
  5. カキエキスで肝機能をサポート!【海のミルクの効能・効果】
  6. アラニンで二日酔い予防!【保湿効果だけじゃない】
  7. キャベジンは胃腸に嬉しい栄養素【含まれる食品とその摂り方】
  8. カキエキスで貧血改善!【海のミルクの効能・効果】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP