乳酸菌

[監修済] 乳酸菌が薄毛に良いと言われるその理由とは

乳酸菌と聞くと腸内環境を整えるというイメージがあるかもしれませんが、腸から離れた場所にある頭皮の薄毛にも効果を発揮してくれるとして、注目されています。今回は乳酸菌が薄毛予防にどんな働きをしてくれるのかご紹介します。

老化防止が薄毛防止につながる

薄毛になる理由は様々あります。ホルモンバランスが崩れてしまう事や、老化、ストレス、毛穴の詰まりなどです。中でも老化による薄毛の悩みは男女問わず出てきます。老化により、顔の皮膚と同じく頭の皮膚もコラーゲンが減り、皮脂の量も減ってくるので、髪に潤いがなくハリもなくなっていってしまいます。結果トップのボリュームもなくなり薄毛が気になりだしてきます。この老化現象を少しでも遅らせてくれるのが乳酸菌H61だと言われています。マウスを使った実験でも、乳酸菌H61を摂取したマウスは、毛につやがあり、脱毛など老化の症状も出なかったと報告されています。またすでに薄毛になってしまっても改善できる効果があると期待されている成分なのです。人への確実な効果は現在研究段階ですが、薄毛防止効果を期待して、老化防止効果のある乳酸菌を摂り入れることができます。

薄毛予防に良いと言われる、乳酸菌が作るヨーグルト

乳酸菌が含まれている身近な食品と言えば、発酵食品のヨーグルトです。そのヨーグルトにはIGF-1を増やす働きがあると言われています。IGF-1とはインスリン様成長因子のことで、細胞の分裂や成長を促し、皮膚の真皮にある毛乳頭でも作られます。髪は一か月で約1,2cm伸びると言われています。それほど細胞分裂が盛んにおこなわれる場所なので、そうした働きを促してくれるIGF-1は髪の育毛に役立つ物質だと言えます。乳酸菌によって作られたヨーグルトは胃腸に入ると知覚神経が刺激され、カルシトニン遺伝子関連ペプチドという物質が出てきます。それが受けた情報を頭皮など全身へ伝達し、IGF-1を増やす作用があるようです。またIGF-1にはアンチエイジング作用もあると言われています。老化によってもたらされる薄毛の悩みにも効果を期待できると言えます。

乳酸菌の腸をきれいにする効果が薄毛予防の役に立つ

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいて、便秘の状態は悪玉菌が多く、毒素が充満しているような状態です。その毒素は血液にのって全身に運ばれていき、髪の成長の妨げにもなります。乳酸菌は腸の中の悪玉菌が増えないように退治する働きを持っています。悪玉菌は肉ばかり食べたり、ストレスを抱えたり、薬の影響などでも増えていきます。食生活が乱れている場合は、薄毛を進行させないためにも乳酸菌を摂ると良いです。乳酸菌はコレステロールの値を下げてくれる働きもあります。血管の中のコレステロールが増えてくると血管の壁に潜り込んだりするために、血管の壁が厚くなったりもろくなったりします。また血液の流れも悪くなってしまいます。丈夫な髪の毛を作るには、頭皮までしっかりと栄養をいきわたらせる必要がありますが、その栄養を運んでいるのは血液です。重要な栄養の輸送ルートが通行止めになり、渋滞してなかなか栄養を配達してもらえなくなると、栄養不足で弱々しい髪の毛しか作られなくなってしまいます。それゆえ、乳酸菌のきれいな血液を作るのに役立つ働きは、薄毛対策にも効果を期待できると言えます。

乳酸菌の摂り方

薄毛予防に効果を期待できる乳酸菌ですが、乳酸菌の効果をきちんと得るためにも、その摂り方が重要になってきます。まず乳酸菌には胃酸に弱いという弱点があります。そのため胃の中に入ったときに死んでしまう可能性もあるのです。対策としてできることの一つに、お腹が空いている時は避けて、食後などに食べることです。他にできることとしては、生きたまま届くと言われている乳酸菌の製品を摂取することもできます。また、自分の腸内環境にあった乳酸菌を選ぶことも大切です。乳酸菌の種類は約200種類はあると言われています。その中で製品化されて私たちがよく目にするものだけでも、LG21乳酸菌、乳酸菌シロタ株(ラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株)、ガセリ菌、ラブレ菌、フェカリス菌、プラズマ乳酸菌などたくさんの種類があり、特徴も様々です。中でも、乳酸菌シロタ株、ガセリ菌は生きたまま腸内に届くと言われています。この中でどの乳酸菌が自分の体に合っているのかは、二週間ほど摂取して、便の様子などから知ることができるそうです。少し時間はかかりますが、薄毛にもいい働きをするものは試す価値はあるのではないでしょうか。

ガセリ菌についての詳しい説明はこちら⇒ガセリ菌の効能と効果とは?

また乳酸菌を摂るためにヨーグルトを選ぶ場合は、プレーンタイプが良いと言えます。なぜなら糖分を沢山摂っていると、知覚神経を反応させにくくしてしまう可能性があるからです。IGF-1は知覚神経が刺激を受けることがきっかけで増えていきます。薄毛予防のためには、それを妨げるものはできるだけ避けたほうが良いと言えます。

「乳酸菌が薄毛に良いと言われるその理由とは」のまとめ

乳酸菌には、薄毛につながる老化の進行を遅らせる作用や、細胞の分裂や成長を促進させる物質を分泌させる作用、血液をきれいにして頭皮に栄養をいきわたらせる作用などを期待できることがわかりました。薄毛予防に積極的に摂取することができます。乳酸菌はヨーグルトからも摂ることができますし、乳酸菌飲料やサプリメントからも摂取できます。

関連記事

  1. 乳酸菌は便秘や下痢に効果的!【花粉症や美肌にも?】
  2. [監修済] 腸内サプリで美肌を目指します!
  3. [監修済] 薄毛や白髪対策にアガリクスを飲み始めました
  4. マカの男性に嬉しい効果【EDの改善と育毛にも!】
  5. ミネラル不足が薄毛や抜け毛の原因に?【上手に摂りいれて予防しよう…
  6. 乳酸菌不足の悪影響【毎日摂取して健康維持と万病予防】
  7. 薄毛に効くミノキシジルの摂り方!【アメリカ食品医薬局(FDA)も…
  8. 乳酸菌で花粉症予防!【その効果と摂り入れ方】

ピックアップ記事

  1. なす

カテゴリー

PAGE TOP