サルビア

[監修済] サルビアの働きと効能を教えて!

サルビアはセージとも呼ばれる植物ですが観賞用以外にも薬用に使えるものがあり、その効果や働きがすごいと話題になっています。そこで、今回はサルビアの効能について解説します。

サルビアの働きや効能は何なの?

サルビアをハーブティーやサプリメントから摂取したことで得られる効能は、血行改善・消化促進・滋養強壮・殺菌作用・抗酸化作用などなどいろいろなものがあります。もともと優れた抗菌作用があるとして有名だったので、人によってはハーブティーにしてうがいとして用いる方もいるのではないでしょうか。強い抗菌作用があるため細菌やウイルスから自分を保護するのにも役立つと言われているのです。

それ以外にも肌を引き締める作用があるので発汗を抑えやすくなり、寝汗がひどい人にはお勧めされることがあります。実際にこのサルビアの効果については古くから伝わっており中性でもこの発汗を抑える作用を利用していたという記述があります。

他には、生理不順を改善しやすくなりお腹が張っている時や胃があれている時に摂取すると症状が安らぐとも言われています。あとは集中力の向上といたものもあるようです。

このようにいろんなプラス要素があるので古くから薬草として伝わっており人々に愛される花だったのですが、これ等の効果を改めて検証することで日本の方々にも使えるハーブティーとして受け入れられるようになって多くの方が飲まれるようになりつつあります。

サルビアの効能を堪能する摂取方法は?

サルビアを摂取する方法として一般的なのがハーブティーにすることです。やり方は非常にシンプルでティーカップを温めてから洗ったサルビアの葉っぱをティーポットに入れ、沸かしたお湯を入れて3分待つだけです。それだけで簡単にハーブティーにすることができますので是非ともやってみてください。

また、乾燥した葉っぱでもハーブティーにすることができますが生葉よりも香りが強くなりやすいので、カップ一杯で小さじ1つ程度になるのがいいでしょう。他のハーブと混ぜてブレンドにするのもありなので自分独自の摂取の仕方を身につけてみましょう。楽しく摂取できるようになります。

それ以外にも香辛料として使う方法もあります。例えば魚料理や肉料理といった脂肪分が多い料理やレバーなどの臭みの強い料理の臭み消しにも使えるでしょう。特に相性が良いと言われているのが豚肉です。また香りの強い野菜や豆類といったものとも相性が良いので野菜類を使った料理にも用いることができます。

どうしても味が好まないという方はサプリメントで摂取するのもいいでしょう。サプリメントなら簡単に摂取することができるので、サルビアの効果のみを得たい方はサプリメントを使うといったことも考慮しておいてください。

サルビアの働きや効能はどのような成分からきている?

サルビアの葉から抽出される精油はツヨン・シネオール・ボルネオール・カンファーといったもので、成分はタンニン・フラボノイド・サルビン酸・カルノシン酸・フェノール酸などが含まれています。まずこれらの精油は少量でも効果を発揮することができるのでアロマテラピーとしても頻繁に使われます。それぞれの精油に人間にとって良い作用がありツヨンは抗菌作用と防腐作用、シネオールは抗炎症作用や鎮痛作用、ボルネオールは鎮痛作用や副腎皮質刺激作用、カンファーは血行促進作用や鎮痛作用といったものがあります。

次に、タンニンは植物の葉などに含まれているポリフェノールの総称で、収れん作用や腸を引き締める効果もあるので下痢の改善に繋がることもあるでしょう。また、フラボノイドは毛細血管を太く強くする作用や血圧上昇を抑制する作用があります。カルノシン酸は口臭を防いで脳内ストレスを低下させて記憶力を向上させる作用もあるようです。

サルビアの働きにおける注意点は?

副作用は少ないとかほぼないという記述が多くなっていますが、薬と組み合わせて飲むときはハーブティーは要注意となります。薬もハーブの成分も化学物質の1つなので、何らかのものを摂取している人は合わないことがあるのです。具体的には高血圧を発症して降圧剤を飲まれている方はサルビア(セージ)のハーブティーは飲まないでください。これは降圧剤とは相性が悪いため使ってはいけないということです。

また、妊娠中の方や授乳中の方も要注意でハーブの中にはホルモンの分泌を促すものがありますが、それが子宮に悪影響を与える可能性があるので、妊娠中や授乳中に摂取するのは止めてください。授乳中はママが飲んだものは赤ちゃんにも影響を与えることになるので自重したほうが良いとされているのです。

ハーブティーは高確率で妊娠や授乳中は自重するようにと言われるので、もし飲んでいる方で妊娠の兆候があった場合気を付けたほうがいいでしょう。

「サルビアの働きと効能を教えて!」のまとめ

サルビアは確かに効果があるものとなっていますが、使い方を誤ると危険なので何らかの薬を処方してもらっている方は一度医師にしっかり確認をとるようにしてください。

関連記事

  1. [監修済] 乳児や胎児にとって重要な栄養分であるラクトースの働き…
  2. [監修済] 知っておきたいゼラニウムの効能と働きについて
  3. マンガンの健康に寄与する効能と効果【微量ミネラルといって侮れない…
  4. [監修済] ヒアルロン酸やコンドロイチンに代表されるムコ多糖類の…
  5. [監修済] シトルリンの働きや効能について
  6. [監修済] 女性の体に様々な効能やよい働きをしてくれるジャスミン…
  7. [監修済] 高い抗酸化力から様々な働きや効能が期待されているフラ…
  8. [監修済] 大豆や卵黄に含まれるレシチンの健康や美容への働きや効…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP