ワカメ

[監修済] 生活習慣病の予防改善にはワカメが有効!現代病をシャットアウトしよう

食生活の欧米化、睡眠不足が顕著に表れている現代人にとって、生活習慣病は避けて通れない問題です。「まだ若いから」「見た目が痩せているから」と安易に考えると、気づいた時には高コレステロールや肥満といった生活習慣病に悩まされることになってしまいます。そんな生活習慣病を予防するには、実は、ワカメが最適だと言われています。日本人の食卓に馴染み深いワカメには、どのような効果があるのでしょうか?

ワカメで生活習慣病を予防

「海の野菜」とも呼ばれるワカメには、水溶性食物繊維のアルギン酸がたっぷりと含まれています。このアルギン酸こそ生活習慣病の予防に役立つ成分で、アルギン酸が体内に入ると、余計な塩分や有毒物質、老廃物を体外へ排出することができると言われています。腸内に蓄積された塩分や有毒物質、老廃物を吸着させ、便として体外へ排出させるのです。

不必要なものが排出された身体は、高血圧や糖尿病になりにくい体質へと生まれ変わります。血圧や血糖値の上昇が気になる方は、ワカメのアルギン酸を利用すると良いでしょう。日本人の現代の食卓は、特に塩分過多になりがちです。その為、見た目こそ痩せて見えても、実際は、高血圧予備軍、糖尿病予備軍、隠れ肥満の方がたくさんいます。それが本格的な高血圧や糖尿病、肥満にならない為にも、日頃からワカメといったアルギン酸が含まれる食品で、塩分などを排出しておくことが大切です。

また、ワカメにはアルギン酸だけでなく、亜鉛やリンといったミネラル分、カルシウム、フコイダンも豊富に含まれています。その中でも、フコイダンはアルギン酸に似た働きをすることが分かっており、アルギン酸とフコイダンのダブルパワーで腸の中の老廃物などをスムーズに排出することができます。もちろん、これらのことは、ワカメはもちろん海藻類全般に当てはまることでもあり、生活習慣病の予防改善には、海藻類を日々の食卓に取り入れることが推奨されています。

ワカメは美容にも効果的

ワカメは、その全体の3割が食物繊維です。ワカメに含まれている食物繊維のほとんどが水に溶けやすいという特徴を持った水溶性食物繊維で、腸内の善玉菌の活性化を手助けする力があります。元々、腸内には悪玉菌と善玉菌が住んでいますが、悪玉菌の数が多い場合は腹痛や胃痛といった胃腸トラブルに悩まされ、善玉菌が多い場合は健やかな胃腸環境が保たれます。ワカメに含まれる水溶性食物繊維で、胃腸にとって有効な善玉菌を増やし、悪影響を与える悪玉菌を減らすことができます。

また、ワカメはカロリーも低く、ダイエット中に陥りがちな便秘も解消してくれます。食事制限によるダイエットでの一番のデメリットは、食事量が減ることによる便の量の減少です。便の量が減少すると、自ずと便を排出する力が弱くなってしまいますが、ワカメは便の量をカサ増ししてくれるのです。そして、腸のぜんどう運動を促進し、有毒物質や老廃物、塩分と共にスムーズに便を排出します。

ダイエット中の時こそワカメを取り入れ、便秘になりにくい身体づくりが大切です。便秘は、老廃物を身体の中に溜め込むことと同じことであり、それが続くと肌荒れなどにも発展します。美容にとって最大の敵である便秘を、ワカメを取り入れることで解決することができるのです。

ワカメの過剰摂取による副作用

とはいえ、ワカメが身体にいいからといって過剰摂取をしてしまうと、反対に副作用のリスクが懸念されます。それは、ワカメに含まれているヨウ素が原因だと言われています。人間の身体はヨウ素が不足すると、甲状腺に異常をきたすと言われています。しかしながら、逆にヨウ素が過剰摂取になってしまっても甲状腺に悪影響を与えてしまうのです。その為、ヨウ素が含まれるワカメを口にする場合は、バランス良く取り入れなければなりません。

1日におけるワカメの適切な量は、約2gで、40gを超えると過剰摂取の域に入ります。とはいえ、元々、日本人はヨウ素に対する抗体が他の国の方々よりも強く、日常で普通に生活している限りで過剰摂取になることはほとんどないと言えます。

ワカメの正しい取り入れ方

ワカメの生活習慣病に対する効能をアップさせたいなら、油分と共に摂取すると吸収率も上がります。例えば、ワカメサラダにドレッシングをかける、ワカメを酢の物にするなどすると、ワカメ自体の食物繊維も柔らかくなり食べやすく、血圧やコレステロールの値を下げることができます。

ワカメを選ぶ際は、薄い緑色のものより、濃い緑色を選ぶようにしましょう。黒いワカメは古いものになる為、あまりオススメできません。また、分厚く弾力性に優れたワカメほど、有効成分がふんだんに含まれていると言われています。

食べるタイミングとしては、夕食が最適です。朝や昼に摂取した塩分を輩出する手助けをしてくれる為、翌朝、むくみがないスッキリとした身体で目覚めることができます。ワカメはサラダや味噌汁といった毎日の食事に加えやすい食品でもある為、過剰摂取に気をつけて積極的に取り入れるようにしましょう。

「生活習慣病の予防改善にはワカメが有効!現代病をシャットアウトしよう」のまとめ

生活習慣病は、誰しも可能性のある現代病です。早いうちに予防しておいて全く損はありません。ワカメは手軽でリーズナブルで、健康や美容を手助けしてくれる心強い味方です。

関連記事

  1. マテ(マテ茶)でコレステロール値を下げよう【生活習慣病の予防】
  2. [監修済] 年齢を重ねても元気でいるカナメとなる骨と歯を丈夫にす…
  3. [監修済] 美白効果があるという食卓で馴染みの深いワカメについて…
  4. [監修済] ワカメが眼精疲労に効くと言われる理由とおすすめな摂り…
  5. ルチンを含む食品と効率の良い摂取方法【高い抗酸化作用を摂り入れる…
  6. レタスエキスの優れた効果【美肌と生活習慣病予防?】
  7. [監修済] フラボノイドが生活習慣病を予防し改善する
  8. ルチンの効能と効果【ビタミンPとも呼ばれます】

ピックアップ記事

  1. カカオ豆 ココア
  2. 〇 ×

カテゴリー

PAGE TOP