ブルガリア菌

[監修済] ブルガリア菌の働きと優れた効能を堪能しよう

ヨーグルトでおなじみのブルガリア菌は乳酸菌の仲間で、健康にとても良い働きを持ち、優れた効能を保証してくれる優れた健康食品です。ヨーグルトは嫌いな人がほとんど居ない位に世界の人達から愛用されています。

ヨーグルトの歴史

ヨーグルトは、乳牛の乳から酵母や乳酸菌を使って発酵させた発酵食品で、その起源はかなり古く今よりおよそ7000年前からあるとされている伝統的な食品です。もともと乳酸菌は自然に存在している菌類で、哺乳類のメスの乳首周辺に生息する事もある一般的にありふれた菌で、人間がミルクを利用する時に、まぎれて混入したものが発酵して、それを偶然に見つけたものとされています。母乳の中にはこの乳酸菌の餌となるオリゴ糖などが多く含まれており、これは牛のミルクだけでなく、他の動物のミルクでも同じ事が言えますので、どのミルクを利用してもヨーグルトを作り出す事は可能です。

気温の高い地域では、ミルクを生で保存する事は難しく、腐る事が多いのですが乳酸菌に力で発酵させる事により、日持ちも良くなるといったメリットもあります。ヨーグルトは、ホエーと呼ばれる液体と脂肪分を含む蛋白質に分離されますので、この塊を使ってバターを作り出す事も可能です。ヨーグルトの原理は、乳酸菌が乳酸を作り出す事で、ミルクが酸性に傾く事で蛋白質を固める性質を利用したものだったのです。

ブルガリアと不老長寿

現在は共和国性をとっているブルガリアは、4000年以上前の遺跡も発掘されている事から、その歴史はかなり古いものと思われています。バルカン半島に位置するブルガリアは、周辺諸国にギリシャやルーマニア、そしてトルコやセルビアにマケドニアといった、列強諸国に囲まれている為、以前から紛争の絶えない国でした。現在はヨーロッパの一部に数えられていましたが、ソビエト連邦時代にはその連邦に所属しており、その昔はオスマン帝国領でもあり、大国の間で戦争に巻き込まれる事も少なからずあった国です。現在も世情は安定しているとはいえず、バルカン諸国は多民族の為に民族紛争も度々起こっている世情があります。ブルガリアと言えばブルガリアヨーグルトが有名で、食細胞の第一人者であったイリヤ・メチニコフ氏が20世紀初めに、このブルガリア菌を発見し世界に発表した事から、知られるようになったのです。これはブルガリア人が非常に長寿であった事から、原因を解明する段階で発見した事で、その伝統的食品から「ヨーグルト不老長寿説」を発表したのです。

腸内細菌との共有関係

ブルガリア菌は、ヨーグルトに含まれる最近の一種で、ミルクに含まれる栄養を吸収し、その個体数を増やすと共に乳酸を出しています。この乳酸は酸性の物質で、ミルクを酸性に傾かせる効能を持ち、他の雑菌の侵入を阻止する働きによって、乳酸菌だけが住む事のできるコロニーを形成しているわけです。つまり、このコロニーを作り出している状態が、ヨーグルトと言えるでしょう。これは人間に、体内でも同じ事が起こる事が知られており、人間の体内において、腸内細菌を活性化させると共に、乳酸菌を増やす効能があるのです。

また、この乳酸菌は悪玉菌と呼ばれる、ほかの細菌を攻撃する役割も担っており、乳酸で埋め尽くされたテリトリーには、悪玉菌が増える事はありません。しかし、最近は生き物ですので、死滅と生成を繰り返していますので、善玉菌の餌となる栄養が途切れると、善玉菌の数も減りますので、毎日欠かさず個の餌になるものをヒトは摂り続けなければならないのです。腸内細菌は乳酸を出すほかに、様々な効能を持っており、人体必要なビタミンなどの栄養素を供給してくれるほか、免疫力にも寄与しています。

ブルガリア菌の働きと効能

ブルガリア菌は人の腸内に働きかけて、恩恵をもたらしてくれる乳酸菌ですが、他の乳酸菌とは違い、人の体内では生存する事ができない細菌です。しかし、ブルガリア菌の特性は他の乳酸菌に関与する事で、その乳酸菌が活性する事を手伝う事が知られており、活性化によって乳酸菌や善玉菌の増殖が活発になりますので、ヨーグルト作りには欠かす事のできない「スターター菌」として、利用されているわけです。ブルガリア菌は死菌となっても、その栄養を他の菌が食べてくれる事で、様々な効能を産み出してくれる細菌です。

腸内細菌が増えるのに寄与していますので、腸内フローラをよりよい環境に保つ効果がありますので、他の腸内細菌たちが活躍する事により、免疫機能がより増す事が知られています。腸内の蠕動運動を活発にしますので、排便を促す事によりデトックス効果を産み出し、美容にも大変効果のあるものとして知られています。また、細胞を活性化させる事によって、人体の再生もスムーズに行われますので、老化の抑制にも効果がある事が知られているのです。

「ブルガリア菌の働きと優れた効能を堪能しよう」のまとめ

ブルガリア菌の働きには、ヨーグルト作りを効率よく進める為の、スターター菌としての役割も大きいものです。腸内では生存できない菌ですが、死菌となって効能強化に役立っており、不安なく摂取しても大丈夫です。

関連記事

  1. [監修済] クルミは健康維持や美容効能といった働きを持つ、天然の…
  2. [監修済] カスピ海ヨーグルトの成分と有名なラクトビオン酸の働き…
  3. [監修済] コレステロールを抑える働きと肥満予防効能が期待できる…
  4. ラズベリーで便秘解消?【小粒な果実の偉大な働き】
  5. [監修済] 深刻な便秘を解消する方法とは:大麦の働きとその効能
  6. [監修済] 永遠の若さを約束してくれるアスパラチンの働きとその効…
  7. [監修済] サプリメントに含まれる成分の働きとヤーコンの効能
  8. ルチンの効能と効果【ビタミンPとも呼ばれます】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP