アラニン

アラニンで二日酔い予防!【保湿効果だけじゃない】

アラニンは保湿成分として化粧品に使われますが、二日酔いにも効果があります。そもそも、お酒の強さは何によってきまるのでしょうか?同じようにお酒を飲んでも二日酔いになる人とならない人がいます。二日酔いは非常につらいものですが、そのつらさをアラニンによって緩和することができます。アラニンには肝臓の働きを活発にして二日酔いを解消する作用が確認されています。

二日酔いは酵素の働き次第!

お酒に含まれるアルコールは、体内でアセトアルデヒドという中間体を経て酢酸に変わります。酢酸の形であれば酢の物に使われていると同じですので、体に有害な効果を生じてしまうことはありませんが、アセトアルデヒドは体にとって有害な物質であるので、アセトアルデヒドの分解に時間がかかってしまうと、その状態はいわゆる二日酔いということになってしまいます。

アセトアルデヒドが体内に残っていると、頭が痛くなったり、気分が悪くなってしまいます。肝臓にあるアルコールデヒドロゲナーゼという酵素の働きによって、アセトアルデヒドの分解が行われますが、酵素の働きが人によって大きく違っているので、二日酔いになりやすさの個人差が生じることになります。

アルコールデヒドロゲナーゼを持っていない人はいませんので、アルコールは必ず分解されます。時間が経てば二日酔いは解消するので、待っていればいいという考え方もありますが、二日酔いの間はとてもつらいものです。お酒の好きな方は二日酔いの心配さえなければもっとお酒を楽しむことが出来るようになると考えていることも多いものです。

体内にある酵素の量は必要に応じてだんだんと増えてくる傾向にありますので、お酒を楽しんでいるうちにアルコールデヒドロゲナーゼの量が増えてだんだんと二日酔いになりにくくなる場合もあります。ただ、酵素の発現する量を変化させるには長い時間が必要になってきます。

短期間でアルコールデヒドロゲナーゼの活性化を図ることが出来れば、短時間で二日酔いの問題を解消することが可能になります。最近アラニンによるアルコールデヒドロゲナーゼの活性化が報告されるようになり、注目を集めるようになっています。

酵素は生体内触媒

アルコールデヒドロゲナーゼのような酵素は生体内触媒と呼ばれ、生体内での化学反応の進みやすさを調整する働きを持っています。酵素にはそれぞれ活動に最適な条件があり、温度、pHなどによってその活性が大きく変化してきます。二日酔いの時には、体を冷やさないようにするのはその意味で重要ですし、体内のpHバランスの観点から、暴飲暴食は避けて消化の良い食事をすることも重要になってきます。

また補酵素という物質があると、酵素の活性がさらに上昇することも知られています。補酵素としてはビタミンや金属が一般的ですが、アルコールデヒドロゲナーゼの場合にはアミノ酸のアラニンが補酵素の量を調節して酵素機能の調節の役割を持っています。

アラニンを普段から多く摂取しておくと、体内のアルコールデヒドロゲナーゼの活性が高まった状態になっており、アルコールの分解がスムーズに行われ、二日酔いの防止につながっていきます。

アラニンの他にも、グルタミンと呼ばれるアミノ酸もアルコールデヒドロゲナーゼの活性を高める作用をもっています。アラニンと同様に普段からグルタミンを多く摂取するようにすれば、お酒と楽しく過ごせるようになってきます。

動物実験

動物実験によっても科学的にアラニンとグルタミンの効果が検証されています。お酒を投与して二日酔いと同じ状態になってしまっているラットは、アラニンやグルタミンを含む餌を好んで食べるようになり、それが結果として速やかな二日酔い状態の解消につながるという実験結果が得られています。

同様の効果が我々人間においても期待できますので、二日酔い状態の時には積極的にアラニンやグルタミンを含む食事を摂るようにするのはお勧めの方法になってきます。

二日酔いのカギ!肝機能の強化におススメの食品は?

二日酔いの予防には肝機能の強化アルコールデヒドロゲナーゼの活性化が大切です。これらに効果のあるアラニンを多く含む食品として

  • しじみ
  • あさり
  • かに
  • 海苔

が、グルタミンを多く含む食品には

  • 小麦
  • 大豆
  • 昆布
  • チーズ

があります。

二日酔いの時には食欲もなくなってしまうことも多いので、食品の代わりにアラニンやグルタミンのサプリメントを活用することも考えられます。また、お酒を飲む前にアラニンとグルタミンを多く含む食材の料理を食べておくのも良い二日酔い予防法になってきます。

お酒の飲みすぎによって肝臓の機能が低下してしまって、肝臓の病気になってしまうというような場合にもアラニンとグルタミンは効果があります。アラニンとグルタミンには肝臓の機能を回復する作用が知られています。

アラニンは保湿にも効果があります⇒アラニンでお肌の乾燥対策!

アラニンで二日酔い予防!【保湿効果だけじゃない】のまとめ

以上のようにアラニンとグルタミンには肝臓の機能を制御して二日酔いの予防効果があります。酒は飲んでも飲まれるなといわれるように、お酒との付き合い方は節度を持っておくことも必要です。アラニンとグルタミンの作用を活用すれば、お酒と十分なそして楽しい付き合い方が可能になってくるといえます。

関連記事

  1. ビタミンB群のサプリメントでエネルギー補給【サプリメントの有効活…
  2. マリアアザミ(ミルクシスル)の健康効果【肝機能に良いみたい】
  3. カキエキスで貧血改善!【海のミルクの効能・効果】
  4. グレープフルーツ グレープフルーツの賢い摂り方【摂取する際の注意点】
  5. [監修済] 飲む機会が多い方にはナイアシンの二日酔い効果
  6. [監修済] サポニンを正しく摂取すると肝機能にどのような効果が表…
  7. [監修済] 乳酸菌が二日酔いに効くって本当?腸から身体をキレイに…
  8. カキエキスが視機能を高めるって本当?【海のミルクの効能・効果】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP