パプリカ

[監修済] 豊富な栄養を含むパプリカの不足や過剰摂取が与える影響について

ビタミンの宝庫ともいわれるパプリカには様々な栄養素が豊富に含まれており、健康や美容に様々な効果が期待できます。パプリカの栄養成分が不足した場合や過剰摂取をした場合の影響について考えます。

パプリカと活性酸素

人間は呼吸することによって赤血球に取り込み体の隅々まで血液に溶け込んだ酸素とともに栄養分を送ります。この過程で発生する物質が活性酸素で細胞の活性化を抑制してしまうものとなります。また、加齢やストレス、アルコールやタバコ、排気ガスなどによっても活性酸素を多く発生させることとなり体内だけでなく皮膚でもトラブルを起こす原因となってしまいます。さらに血流自体が悪くなるため血栓ができてしまうことにもなります。そのまま放置すると生活習慣病を発症するリスクが高まってしまい健康な生活に障害が乗じます。

パプリカにはこの活性酸素を抑制する作用する効果が期待できるため、摂取不足になると様々な活性酸素の影響を強く受けるようになります。ビタミン不足にも陥ってしまうため老化が抑制されることなく体内の様々な細胞が錆びてしまいアンチエイジングの機能が果たせなくなってしまいます。特に常に美容に留意している女性は、パプリカに含まれる成分の不足は肌トラブルや老化に直結するため、継続的かつ積極的に摂取することが望ましいといえるでしょう。

ビタミン不足

ビタミンの宝庫と呼ばれているパプリカはビタミンやβ-カロテンを豊富に含んでいることからこれらの栄養分が不足すると、疲労回復や免疫力向上にも支障がでるものと考えられます。食事をする時にどうしても5大栄養素を摂取することを意識しがちとなりますが、ビタミンやミネラルも健康な体を維持するための重要な栄養素です。なんとなく体が疲れやすい、よく寝ても疲れがとれにくい、顔の色つやがすぐれないなどのちょっとした不調が大きな病気のサインとなることもあるのです。

本来もっているはずの自然治癒力や免疫力が低下することによって風邪をひきやすくなったり、発熱しやすくなったりなどの体調不良が起こりやすくなるため通常の野菜よりも豊富にビタミンを含んでいるパプリカを摂取して不足を補うことが大切です。また、美容にも高い効果が期待されるためアンチエイジングに力を入れたい女性は特に常に補給して老化を抑制することが望ましいでしょう。ビタミンCは加熱することによって壊れやすくなるため生で摂取することをおすすめしますが、手軽にサプリで摂取する方法もあります。

自分に合った成分を含むパプリカを摂取

パプリカには赤、黄、オレンジの種類がありますが、それぞれに含まれる栄養成分に若干の違いがあります。例えば、オレンジパプリカは、β-カロテンやビタミンC、ビタミンEなどを含んでおり、3種類の中でも最も栄養価が高いといわれています。葉酸やビタミンB12なども含まれているため胎児の健康を気遣う妊婦さんにもおすすめのものといえます。オレンジパプリカは赤と黄の両方の栄養素を兼ね備えているといえますが、赤、黄にもそれぞれに摂取することのメリットがあります。

自分の体調や症状に合った栄養成分を多く含むパプリカを摂取することができるとともにビタミンCだけでは熱に弱いのにそれをサポートするビタミンPを含むため、油で炒めても摂取できるというメリットがあります。健康や美容を気にされる方はオリーブオイルなどを使って栄養を高めて摂取するのもいいでしょう。パプリカはピーマンのように苦みは強くありませんが独特の風味があるため、野菜として摂取することが難しい方はサプリを活用して継続的に摂取することをおすすめします。

パプリカの過剰摂取

天然由来の野菜であるパプリカから必要な栄養成分を摂取するのであれば安全性も高く、食事で摂取する際に過剰摂取を気にすることはないでしょう。体が酸性に傾きやすい欧米スタイルの食事が定着しているので、どちらかというと野菜を食べないことによるビタミンなどの不足状態の方が心配といえます。日頃から野菜が足りていない方は積極的に摂取した方がいいでしょう。

パプリカには多種類の栄養素を豊富に含まれているため、通常の食事以外に大量に摂取したり、サプリで過剰摂取したりするとビタミン過剰となってしまうこともあります。通常、食物から栄養素を摂取する場合は、食物に含まれる栄養成分が微量であることが多く、一日の目安摂取量を満たす量を食事から摂ることが困難であることがほとんどです。しかし、例えばビタミンCでいうとパプリカなら半分程度で目安量を摂ることができるなど、パプリカばかりを摂取するとビタミン過剰摂取状態となり体に影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

「豊富な栄養を含むパプリカの不足や過剰摂取が与える影響について」のまとめ

健康や美容に様々な効果が期待できるパプリカは野菜として調理して摂取することができます。普段の食事で摂取する限りにおいては過剰摂取となる可能性は低く、むしろ不足しないように気をつけることが大切です。

関連記事

  1. アラキドン酸の不足と過剰摂取との関係【不足も摂り過ぎも同じ?】
  2. [監修済] フェルラ酸の不足と過剰摂取の弊害について
  3. [監修済] 飽和脂肪酸の過剰摂取と不足
  4. [監修済] 気になるナイアシンの不足によって起こる体の不調
  5. [監修済] 不飽和脂肪酸は不足していても過剰摂取してもいけません…
  6. [監修済] コラーゲンが不足してしまうと
  7. [監修済] 明日葉で不足しがちな栄養素を補給したり塩分の過剰摂取…
  8. [監修済] イノシトールの過剰摂取や不足によるリスクについて

ピックアップ記事

  1. 深海鮫

カテゴリー

PAGE TOP