イチョウ葉エキス

[監修済] イチョウ葉エキスによる成分不足と過剰摂取の関係 

イチョウ葉エキスには、様々な有効成分がある事が近年詳しく分かってきました。この成分が不足したり、また過剰摂取による弊害がどの様なものなのか、摂取を始める前に知っておく必要があります。

人とのかかわりの深いイチョウ

秋になると綺麗に紅葉したイチョウは、黄色が特徴でとても美しいものです。紅葉と言えば赤色をイメージしますが、山の色は赤一色ではやはり味気ないものになってしまいます。秋に黄色に色づくイチョウの木ですが、楽しみはこれだけではなく、やはり美味しい銀杏が収穫できるという事でしょう。銀杏は栄養価にも優れており、味も良い為に人里ではよく植えられている木のひとつです。しかし、このイチョウの木にも嫌われ者の側面があるのです。それは銀杏の匂いで、受粉したイチョウの木は実が熟すと、肉質化した外皮が異臭を放つので有名です。銀杏拾いには適した格好と装備が必要で、長靴とゴミ拾いに使うゴミばさみ、バケツなどは必須アイテムと言えるでしょう。拾い方は至って簡単で、熟して落ちている実はとても柔らかいものなので、長靴で軽く踏みつけて、中の銀杏を出してこれを拾います。銀杏の汁は服や手に着くと匂いがなかなか取れませんので、気を付けて取りましょう。この悪臭の正体は、酪酸とヘプタン酸というもので、サルもこれを嫌がって食べることはしません。

イチョウ葉エキスと健康活用術

イチョウ葉エキスの成分には、フラボノイドという成分があり、抗菌性や抗真菌性を示すほか、抗ウィルス性の効果があり、炎症を抑えたり血液の循環を改善する効能があります。これが不足すると生活習慣病にかかる確率が多くなってしまう懸念があります。また、ケンフェロールが不足すると、免疫力にも作用している為に、疲労がたまりやすくなったり、風邪を引きやすくなったりする事が挙げられるでしょう。また成人病になり易くなることも考えられ、肥満体質な方は最も注意が必要だと思われます。通常、健康的な肉体では、酸化と抗酸化のバランスがうまく保たれる事で、健康を維持していると言えます。プロアントシアニジンは、こうした活性酸素の悪い働きを抑える抗酸化物質と言えるのです。これが不足する事により、生体のバランスが崩れ、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病や老化などによる、細胞の劣化が懸念されます。健康を維持する為には、こうした有効成分を少しでも多く摂るのが有効な手段で、現在ではこうした有効成分に特化したサプリメントも売られており、活用する事も一つの手段でしょう。

過剰摂取のデメリット

イチョウには、「ギンコール酸」というアレルギー反応を起こす、副作用の可能性ある成分が含まれています。このギンコール酸は、アレルギー反応を起こす可能性ある成分で、漆の木に触れた時のように皮膚に触れてしまうと、かぶれなどの皮膚炎を引き起こす原因物質と考えられており、この性質を利用して、乾燥させた葉の部分を袋などに入れて、防虫剤として利用されていた経緯もあります。また経口での過剰摂取では、腹痛を起こす場合もあるようです。銀杏の木から取れる銀杏にも有毒な成分があり、昔から銀杏の実を子供に食べさせる時に、年齢の数しか食べさせない理由は銀杏中毒を懸念した事で、この銀杏の実の成分にはビタミンB6の類縁体である「4-O-メチルピリドキシン」が含まれており、一種の神経毒とされています。摂り過ぎによる中毒症状は、けいれんやてんかんを誘発し、意識不明になり重体になる事も多く、実際に戦時中の食糧難時代には、この銀杏を食べ過ぎて死に至ったケースも報告されています。原因はビタミン6が不足する事で、こうした症状が起きてしまうからだとされています。

イチョウ葉エキスを作ってみる

4-O-メチルピリドキシンは、ビタミン6の神経伝達物質の生成の阻害を行う為に、中毒に至りますので、体内の中ではビタミン6不足の状態に陥ってしまうのです。従って応急処置としては、ビタミン6の不足を補う為に、ビタミン6入りのサプリなどを服用する事で、この症状を軽減する事ができます。特に6歳以下の小児は、過剰摂取や銀杏に実を食べ過ぎないような注意が必要です。イチョウ葉エキスサプリでは、この有害物質である「ギンコール酸」を除去したものも販売していますので、お確かめの上購入されると良いでしょう。日本人もこのイチョウ葉エキスを摂取する為に、葉の部分を乾かしてお茶として煎じて飲むという方法が、昔から取られてきました。エキスを取る方法としては、アルコールに成分を溶かし出して、それを摂るという方法が一番なのですが、前述の通り有毒な成分であるギンコール酸を含んでいる為、家庭ではこのギンコール酸を除去することは不可能と言えます。従ってご自分でエキスを取ったりする場合は、全て自己責任の上で行わなければならない事を心に止めておきましょう。

「イチョウ葉エキスによる成分不足と過剰摂取の関係 」のまとめ

銀杏の効果には優れた効果が多く、身体を若返らせる効果があります。しかし、自己流で行うと危険性があり、中毒を引き起こしてしまう可能性もあって、危険を伴うのでやはりサプリを利用した方が良いでしょう。

関連記事

  1. [監修済] 不足と過剰摂取を避けたい美容と健康にいいナノヒアルロ…
  2. [監修済] ブドウ糖の栄養不足とその影響による体の弊害
  3. [監修済] 健康や美容に効果のあるヒトプラセンタの不足や過剰摂取…
  4. [監修済] グルタミン酸を不足や過剰摂取すると?
  5. [監修済] カリウムが不足するとどうなる?意外と知られていないカ…
  6. [監修済] シークヮーサーが不足や過剰摂取すると?
  7. アラキドン酸の不足と過剰摂取との関係【不足も摂り過ぎも同じ?】
  8. カシスの不足や過剰摂取のリスク【バランスよく摂取しよう】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP