オレガノ

オレガノの過剰摂取と不足によるリスクと対策について【上手に摂り入れよう】

オレガノはシソ科の植物であり、ハーブやスパイスとしても使われています。オレガノには、見かけによらず豊富な栄養素が含まれているので、普段の食事で不足しがちな栄養を補う時にも便利です。様々な効果が期待できますが、その分過剰摂取によるリスクもあるので、取り入れる時には注意が必要です。

オレガノに含まれる豊富な栄養素

オレガノは、ハーブやスパイスとしてもよく知られていますし、日本でもお馴染みの物となっています。シソ科の植物ですが、見た目とは違い豊富な栄養素を含んでいます。タンパク質や脂質、炭水化物といった三大栄養素も適度に含まれています。

また、食物繊維も豊富で100gあたり43gも含まれています。

他にも、オレガノには、

  • オメガ3脂肪酸
  • オメガ6脂肪酸

などの不飽和脂肪酸も含まれており、その含有量は100gあたり、

  • オメガ3が621mg
  • オメガ6が748mg

となっています。

美容と健康にも欠かせないビタミンやミネラルは特に豊富です。

ビタミンについてはこちら⇒マルチビタミンの特徴とビタミンが豊富な食品

ビタミン

ビタミンはA、C、E、K、B群とバランスも良く、葉酸やパントテン酸も含まれます。

ミネラルも豊富で、

などが含まれています。

ミネラルについてはこちら⇒ミネラルは身体の必須元素!

このように、オレガノには美容と健康維持に役立つ栄養素がかなり豊富に含まれているので、普段の食事で不足しがちな栄養を手軽に補えるのもポイントです。

オレガノを取り入れるには、ハーブティー、スパイス、サプリメントなど使い方も選べます。

オレガノの取り入れ方についてはこちら⇒オレガノは食品からも摂取できる

オレガノを過剰摂取するリスクについて

オレガノには豊富な栄養素が詰まっています。普段の食事で不足しがちな栄養素も含まれているので、スパイスやハーブティー、サプリメントで毎日の習慣にすれば、不足しがちな栄養を補いつつ、美容と健康維持に役立てる事ができます。

オレガノはミントのような爽やな香りでハーブが苦手な人にも受け入れやすいのですが、香りが強いハーブや含まれる栄養素や成分が豊富なハーブは過剰摂取に注意が必要です。ただ、基本的に自然由来の植物なので、薬のような副作用はほとんどありません。

オレガノの効能については

  • 抗菌作用
  • 消化促進作用
  • 殺菌作用
  • 頭痛や生理痛の痛みを和らげる鎮痛作用

があります。消化促進作用があるので、疲れていたり胃がもたれていたりする時に、ハーブティーを飲むだけでも効果が期待できます。

元気な胃のイラスト

オレガノの効能についてはこちら⇒オレガノの働きと効能について

ただし過剰摂取をしてしまうと本来プラスに働くはずの作用が逆効果となってしまったり、体に負担をかけたりする恐れがあります。オレガノのように安全と言われているハーブでも、過剰摂取は避けた方が安心です。

オレガノの1日当たりの摂取量はどのくらい?

オレガノはサプリメントも数多く販売されているので、サプリメントから取り入れる事もできます。ただし医学的な面での研究は充分に進んでいないため、1日あたりの摂取量に明確な数字がありません。

ただ、明確な数字はありませんが、サプリメントであれば1日あたりの目安は決まっているので、それを守っていれば問題ありません。サプリメントは薬とは違い、食品として考えるため摂取量はある程度調整できますし、上限を超えて過剰摂取し続けるのはNGですが、体調に合わせて減らしてもOKです。

料理に使う場合はスパイスとして使うので、1度に大量に使うのは難しいです。このため毎日の料理にオレガノをスパイスとして使っても、特に問題はありません。

ハーブティーにして飲むのが一般的ですが、ハーブティーも1日1杯から2杯くらいがちょうどいい量です。1杯といってもカップの大きさによりますから、大きめのポットでまとめて作っておき、保温ポットに入れ替えて、それを1日かけてゆっくり飲むのもいいかもしれません。

消化促進作用は胃の働きをサポートしてくれますが、過剰摂取により胃液の分泌が多くなり、胃に負担をかける事もあるので注意してください。

オレガノを取り入れる際に注意すべき事

〇 ×

オレガノには豊富な栄養素が含まれていて、ハーブティーにして飲むだけでも様々な効果が期待できます。料理のスパイスやハーブとして、取り入れやすいのも便利ですが、妊娠中の方には注意が必要です。

というのも、オレガノには子宮を刺激する作用があるからです。ハーブは妊婦にも良い物がありますが、これは種類によって異なります。妊娠中禁忌となっているハーブには、オレガノも含まれています。ただし少量なら問題はないので、料理にスパイスとして使うくらいならOKです。

サプリメントやハーブティーでオレガノを取り入れる場合は、妊娠中や妊娠の可能性がある方は、子宮を刺激する作用があるため使用を控えておくと安心です。他にも過剰摂取により、作用が強く出てしまう事があるので、適量を見極め取り入れるよう注意してください。

オレガノの過剰摂取と不足によるリスクと対策について【上手に摂り入れよう】のまとめ

オレガノは元々自然由来の植物なので、安心して取り入れられます。実際にハーブやスパイスとしても使われていますが、豊富な栄養を含むため、栄養不足を補うには便利ですが、過剰摂取はおすすめできません。注意点を守って取り入れていけば安心です。

関連記事

  1. [監修済] 健康にいい大麦の不足と過剰摂取による影響について
  2. ポリフェノールで美肌効果を実感!【身体にうれしい効能】
  3. ビタミンB1の効能と効果【米ぬかの中から発見された】
  4. [監修済] ペプチドが不足した時に起こる現象とその対策
  5. ルチンの効能と効果【ビタミンPとも呼ばれます】
  6. タンニンの美肌効果!【渋いポリフェノール】
  7. フェカリス菌は便秘と花粉症に効くの?【うれしい効き目がたくさん】…
  8. [監修済] コンドロイチンなどに代表されるムコ多糖類の不足や過剰…

ピックアップ記事

  1. ビタミン

カテゴリー

PAGE TOP