コラーゲン

[監修済] 気になるコラーゲンの種類

美肌効果の高いコラーゲンは、美しさを求める女性の方にとって欠かせない存在です。沢山のサプリメントなどが登場しており、これまでよりも気軽にコラーゲンを摂取することができるようになって来ております。しかし、一言にコラーゲンと行ってもどのような種類のコラーゲンがあって、どのようなコラーゲンを摂取するべきなのかを理解していない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、コラーゲンを摂取しようと思っている方のためにおすすめしたいコラーゲンの種類などの情報をご紹介します。

コラーゲンの主な役割

コラーゲンは、フェイシャルケアの時に言われる肌のハリであったり、弾力を取り戻したり、間接などをスムーズに動かしたり、骨を丈夫にしたり、血管などをしなやかにするなどの役割があります。美容雑誌などで取り上げられているコラーゲンの働きはやはり美肌の役割だと思います。

コラーゲンは肌の真皮層に網の目状に配置されております。その為、コラーゲンの弾力によってネットのような役割を果たしているのです。コラーゲンがしっかりと保たれていれば、十分な弾力を持った肌を維持する事ができるようになるのです。コラーゲンがしっかりと真皮層に存在していれば、コラーゲンによってしっかりと張りつめた状態になりますので重力に逆らって垂れない、ハリのある肌を維持する事ができます。

他にもコラーゲンは軟骨の中に多く含まれております。骨と骨を繋ぎ、クッションのような役割を果たしている軟骨は、しっかりと健康な状態でしたら問題ないのですが、コラーゲンが足りていないような状態では、骨と骨の衝撃を緩める効果が少ないので痛みを生じてしまう事になります。また、コラーゲンには骨を強くする効果があります。コラーゲンはカルシウムであったりミネラルなどを付着してくれる効果があります。その為、骨を強くするためにはカルシウムだけでなくコラーゲンをしっかりと摂取する事が重要になってくるのです。

コラーゲンの種類

コラーゲンは骨や軟骨、皮膚などを使っている重要な栄養素になります。つまりコラーゲンは、人間の身体を作り上げている栄養素になっております。コラーゲンは約30種類の異なる種類のポリペプチド鎖の組み合わせによって種類が異なります。コラーゲンが現時点で19種類の型が存在しています。コラーゲンはⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。

その中でも体内の中も最も多く存在しているⅠ型のコラーゲンは、骨であったり皮膚などの強度を上げています。Ⅰ型のコラーゲンが体内にしっかりとある事によって、健康的な体つくりが出来るようになっております。Ⅱ型のコラーゲンは、軟骨にあるコラーゲンです。ご年配の方で歩く時に膝が痛いと感じている方はⅡ型のコラーゲンが足りていない可能性があります。Ⅲ型のコラーゲンは、血管や子宮などに存在するコラーゲンの種類になっております。その為、Ⅲ型のコラーゲンは女性にとって重要なコラーゲンの種類になっております。

コラーゲンには体内で生成されるⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型のコラーゲンだけでなく、トリペプチドコラーゲン、アミノ酸混合物、コラーゲンペプチド、ゼラチンという分子構造の異なるコラーゲンが存在しています。その中でもトリペプチドコラーゲンは美肌効果の高い種類のコラーゲンになりますので、肌のハリやたるみ、シワが気になる方は積極的に摂取して欲しいコラーゲンになります。

コラーゲンは体内に残りにくい

コラーゲンは、注射などではなく口から摂取した物に関しては、一旦アミノ酸に分解されます。その後、アミノ酸から身体に必要な形のタンパク質に再合成されます。その際に、再合成されなかったタンパク質も存在しておりますので、コラーゲンは全て体内でタンパク質に再合成されるわけではありません。また、最近人気になっている化粧品や乳液、保湿クリームなどにコラーゲンが含まれているような基礎化粧品は、肌の上から塗布したとしても角質というバリアーで守られておりますので、必要な真皮層まで到達しない可能性が高くなっておりますので、コラーゲンの恩恵を受けるのは難しいと言われているのです。

コラーゲンを効率的に摂取するには

コラーゲンを効果的に摂取する為には、コラーゲンペプチドなどを上手に利用する事が重要になります。このコラーゲンペプチドは、低分子コラーゲンと言われているコラーゲンで、サプリメントであったり、コラーゲンドリンクなどに使用されている種類のコラーゲンです。低分子コラーゲンは、酵素の力によって分解し更に吸収しやすいように細かく分解した物になります。コラーゲンペプチドは、加熱しても冷却してもその効果が変わらないという性質のある種類ですので、コラーゲンを摂取する場合には、コラーゲンペプチドの入ったアイテムを積極的に摂取するようにしてください。

「気になるコラーゲンの種類」のまとめ

一言にコラーゲンと言っても沢山の種類があります。そのため、自分にとって最良のコラーゲンの種類を選ぶ事が重要になります。どんな目的でコラーゲンを必要なのかを理解し、それにあったコラーゲンの種類を選ぶようにしてください。

関連記事

  1. [監修済] コラーゲンが不足してしまうと
  2. [監修済] コラーゲンと果物の関係性
  3. [監修済] コラーゲンサプリメントでお肌の艶を保つ
  4. [監修済] コラーゲンサプリメントでお肌ぷりぷり
  5. [監修済] フィッシュコラーゲンペプチド1750mg!
  6. [監修済] DHC ニュースリム コラーゲン ヘム鉄
  7. [監修済] 40代、50代の方に気にして欲しいコラーゲン
  8. [監修済] コラーゲンと骨の関係性

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP