オリゴ糖

オリゴ糖は子どもが摂取してもよいの?【乳幼児の頑固な便秘を解消】

オリゴ糖は、糖分をとりながら腸内環境を正常化する善玉菌を増やすことで知られています。そのため、オリゴ糖は便秘の改善などによく使われています。そして、オリゴ糖は自然な成分でありいろいろな食材に含まれています。そのため、身近にある健康にいい食品の代表格のようなものです。オリゴ糖は大人だけでなく、子どもの便秘を改善することもできる食品として知られています。子どものしつこい便秘に悩んでいる人は知っておくとよいでしょう。

子どもでも大丈夫?オリゴ糖はどのような食品に含まれているの?

オリゴ糖とは身近にある糖類のことで、さまざまな食品に含まれています。牛乳には乳糖が含まれていますし、はちみつやみそ、しょうゆなどにはイソマルトオリゴ糖が含まれています。ヨーグルトには乳果オリゴ糖が含まれています。子どもが好きなバナナにもオリゴ糖が含まれていますので、おやつにヨーグルトやバナナ、はちみつなどを摂取するようにするとよいでしょう。

いろいろな食品に含まれているというのもありますが、最近はサプリメントなどで効率的に摂取することができます。特に便秘に悩んでいる子どもさんであったら、サプリメントなどで無理なくオリゴ糖を摂取すると便秘が解消されるでしょう。

オリゴ糖は子供の便秘にもいいの?

幼児期には子どもの腸の力が弱かったり、子どもによっては排出への恐怖心から便秘になることもあります。オリゴ糖には腸内環境を整えるという働きがあります。オリゴ乳酸菌をはじめとした善玉菌のエサになりますので、ビフィズス菌などの善玉菌が増殖し、それ故に腸内の運動が活発になり、定期的な排便を促すことができるからです。

しつこい便秘を何とかしようとして便秘薬や浣腸にばかり頼ってしまうと、自力では腸を動かすことが難しくなってしまいます。オリゴ糖は身体の中から腸自体の動きを活発化して元気にし、排便を促すという力がありますので便秘によい栄養素として知られています。

そのため、子どもを便秘から守るには、オリゴ糖を積極的に摂取するとよいのです。薬などと違って依存してしまうこともありませんし、腸の体力を失ってしまうこともありません。

さらに、オリゴ糖には抵抗力や免疫力をアップしてくれるという働きもあります。

オリゴ糖は子どもの便秘を改善してくれます

オリゴ糖はもともと赤ちゃんの母乳の研究から生まれたものです。かつては、ミルク育児をしている赤ちゃんのほうが母乳育児をしている赤ちゃんに比べ、病気にかかりやすかったり下痢や便秘などで苦しむことが多く、その違いを研究する過程でオリゴ糖が見直されました。粉ミルクにオリゴ糖を入れてみたところ、ビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸内環境が良くなったことから、オリゴ糖が注目を浴びるようになったのです。

母乳から離乳食、離乳食から幼児食に移行する乳幼児期には、頑固な便秘を引き起こしがちです。特にこれまでミルクや母乳から摂取していたオリゴ糖が摂取できなくなるため、うさぎのようにコロコロとした固い便をだす赤ちゃんや幼児がいます。改善するためには、ヨーグルトやバナナなど、オリゴ糖を含む食品を、おやつなどに取り入れるとよいです。

幼児が飲むことができるオリゴ糖のサプリメントもありますので、利用してみるのも一つの方法です。

オリゴ糖の他の働きについてはこちら⇒オリゴ糖効果で便秘解消!

オリゴ糖の正しい摂取の仕方と注意点

オリゴ糖は、大人でも一気に摂取すると下痢を起こしたりします。そのため、オリゴ糖の量は慎重に判断するとよいです。まずは、少量与えて様子を見て、少しずつ増やしていき、その子一人一人にとってちょうどいい量を探していくのがよいです。

そして、かぜなどを引いて下痢をしやすい時は、いったん摂取をやめます。子どもの身体は大人と違ってデリケートですので、オリゴ糖を与える際は、大人の管理下に置きながら、少しずつ与えるようにするとよいでしょう。そして、オリゴ糖と一口に言ってもその種類はさまざまですので、食品から摂取する場合は、バランスの良い食事を心がけましょう。

サプリメントなどから摂取する際は、合成化合物などを含まないものを選ぶとよいです。それと同時に、適度な運動をしたり、オリゴ糖をエサとする乳酸菌など良質な菌を含む乳製品などをあわせて摂取するようにすると、頑固な便秘が改善されていくでしょう。

いずれにせよ、効果は個人差がありますので慎重に判断することが必要です。

オリゴ糖は子どもが摂取してもよいの?【乳幼児の頑固な便秘を解消】のまとめ

オリゴ糖は、乳製品などにも含まれており便秘を改善する効果があります。もともと赤ちゃんの母乳とミルクの違いの研究から発展してきたもので、母乳やミルクにも含まれています。ですので、便秘薬などと違い子どもが飲んでも安全性は高いものです。特に乳幼児は母乳やミルクから離乳食、幼児食へと移行する乳幼児期には便秘を起こしがちです。そのような頑固な便秘を改善するためにも、少しずつオリゴ糖を取り入れていくとよいでしょう。親が管理をしながら、下痢の時は控えておく、適切な量を守るなど心がけます。

関連記事

  1. オリゴ乳酸はアンチエイジング効果も期待できる【腸内環境がキーポイ…
  2. [監修済] 食べても効果のあるアロエとその腸内環境方法 
  3. [監修済] 酵素サプリを手放すことはできません。
  4. ケールの美肌効果について【青汁の原材料にも納得!】
  5. [監修済] 腸内環境を整えたい時はアルギン酸がおすすめ
  6. [監修済] ペクチンの驚くべき便秘の改善・解消効果について
  7. [監修済] 青汁一ヶ月で完全便秘解消
  8. オリゴ乳酸は天然由来なので安心!【腸内環境を整える強い味方】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP