コエンザイムQ10

[監修済] ペットにもおすすめなコエンザイムQ10

日本語で補酵素と呼ばれているコエンザイムQ10は、エネルギーを作り出すのに必要な物質で、コエンザイムQ10が足りなくなってくると疲れやすくなってしまったり、老化に繋がると言われております。その為、最近では健康な状態を維持したい方やいつまでも若々しくありたいというアンチエイジング目的の方などからの注目を集めています。そして最近ではペットにもコエンザイムQ10を与える方が増えて来ており話題になってきています。

コエンザイムQ10がペットに与える影響とは

コエンザイムQ10は人体のエネルギーを作るために重要な役割を果たしている物質です。そのため、コエンザイムQ10が足りなくなってきてしまうと疲れやすくなってしまったり、脳や心臓、膵臓などに悪影響が生じてしまいます。その為、老若男女問わずコエンザイムQ10を意識して摂取している方が増えております。しかし、ここ数年、急激なペットブームの波にのって、ペットにもコエンザイムQ10を与えようとする方が増えてきているのです。

コエンザイムは年齢を重ねるにつれて減少して行きます。人間の場合には20歳をピークに徐々に減少して行きますが、犬の場合には、3歳から徐々に減少していきますので、なるべく早目にコエンザイムを与える事が重要になってきます。最近では多くの獣医が3歳を超えている犬に対してコエンザイムQ10を投与するような指導をするようになって来ております。

ペットの犬に与えるコエンザイムQ10の量とは

人間がコエンザイムQ10を摂取するような場合には、100mgをベースに体重などで量を増減するような指導があり、30mg~200mgが人間の一日に摂取する量となっております。健康的な方よりも特定の疾患のある方などの不健康な方の方がコエンザイムQ10を服用する量は多めに設定されるようになっております。

犬の場合には、セントバーナードのような大型犬もいれば、チワワのような小型犬もいますので、犬は何ミリグラムという規定はありません。犬の大きさや体重に合わせたコエンザイムQ10の摂取量という物が重要になってくるのです。その為ペットの犬にコエンザイムQ10を与えるような場合には、人間の体重とコエンザイムQ10の量の割合を計算し、犬の体重に当てはめてコエンザイムQ10を与える量を調整する必要があります。

また、コエンザイムQ10を与える量はペットの犬の年齢によっても変わってきます。基本的には年をとっている犬の方が若い犬よりもコエンザイムQ10を必要としている量が多くなっておりますので加齢についても考慮しながらコエンザイムQ10を与える量を決定する事が重要になります。その為、3歳になりたてのチワワはコエンザイムQ10を服用する量は少なく、大きくて体重もあるセントバーナードの老犬に対しては、人間と同じ程度のコエンザイムQ10が必要になるケースも出てきます。

初めてペットにコエンザイムQ10を与える時には

コエンザイムQ10は体内に留まる時間が非常に少ない栄養素になりますので、ペットの犬にコエンザイムQ10のサプリメントなどを与えるような場合には、一度に与えるのではなく、出来れば2回から3回程度に分けて与えるのが理想になっております。また、コエンザイムQ10は、与えすぎてしまうと副作用などが出る場合があるので、最初にコエンザイムQ10を与える場合には、係りつけの医師に相談した上でコエンザイムQ10のサプリメントを与える量や頻度を決定する事が重要なポイントになります。

ペット用のコエンザイムQ10も登場

これまでは人間用のコエンザイムQ10のサプリメントを砕いてドッグフードに加えて与えている方が多かったのですが、最近ではペットにコエンザイムQ10を与える方が増えて来ているという事もあり、様々なメーカーからペット用のコエンザイムQ10が発売されるようになりました。ペットの犬でも安心して服用できるように配慮されているサプリメントが多く、中にはコエンザイムQ10以外にもアミノ酸やビタミンなどが入っているサプリメントなども登場しており、コエンザイムQ10以外の栄養素も一緒に補う事ができる事でも話題になっております。年齢や体重などによって量を調整しやすいように、人気のペット用のコエンザイムQ10はふりかけタイプの物が多く、量を調整しやすくなっております。

コエンザイムQ10は副作用が少ないと言われているサプリメントですが、あげる量を極端に増やしてしまったりした場合には、やはり副作用が出てしまう恐れがあります。ペット用のコエンザイムQ10での副作用で多いのは短期的な吐き気です。コエンザイムQ10を服用した後で短期的な吐き気がでるような場合には、一旦服用は辞めて医師に相談する事をおすすめします。

「ペットにもおすすめなコエンザイムQ10」のまとめ

コエンザイムQ10は3歳以下のペットには与える必要が無いと言われておりますが、年齢を重ねるにつれて必要になってくる栄養素です。コエンザイムQ10は加熱に弱いという事もあり、ドライフードには入っていない栄養素です。ペットの健康を考えている方は、コエンザイムQ10のサプリメントをおすすめします。

関連記事

  1. [監修済] アンチエイジングにはコエンザイムQ10
  2. [監修済] コエンザイムQ10と便秘の関係性
  3. [監修済] コエンザイムQ10が不足してしまうと
  4. [監修済] コエンザイムQ10が関節痛と深くかかわりがある理由と…
  5. [監修済] 貧血予防のためのマルチビタミン&ミネラル
  6. [監修済] コエンザイムQ10と髪の毛の関係
  7. [監修済] コエンザイムQ10に疲労回復はある?
  8. [監修済] 生活習慣病予防のために効果的なコエンザイムQ10

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP