コエンザイムQ10

[監修済] コエンザイムQ10が不足してしまうと

ご年配の方だけでなく、若い方にも多くの愛用者のいるコエンザイムQ10のサプリメントですが、コエンザイムQ10があまりに多方面に効果がある事で知られているので、一体コエンザイムQ10が何者なのか理解していない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、コエンザイムQ10の正体や、コエンザイムQ10が不足した場合に陥るトラブルなどについての情報をご紹介します。

コエンザイムQ10の正体

最近では気軽に不足しがちな栄養素を補給する事ができると評判のサプリメントの中でも特に人気の高い栄養素がコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10は、美意識が高い方でしたら誰もが興味のある栄養素でサプリメントだけでなく健康食品などにも配合されている物が人気となっております。コエンザイムQ10は元々はどのような栄養素なのかというと、このコエンザイムは、補うという意味のcoという言葉と、酵素というenzymeという言葉を合わせて作られた造語で、日本語に翻訳するとコエンザイムは補酵素という意味になります。コエンザイムQ10のQ10は、複数ある補酵素の中の種類分けした記号になり、イソプレノイド側鎖という物質が10個結合している事から名付けられた名前になります。

コエンザイムQ10は、人間の60兆を超える程の細胞のひとつひとつに存在していて、身体を動かすために必要なエネルギーを作り出し、燃焼させている役割です。酵素などを効果的にエネルギーに代える役割を持っているコエンザイムQ10は体内に置いてなくてはならない存在になっております。

もしコエンザイムQ10が不足してしまうと

もしコエンザイムQ10が体内で不足してしまうと、コエンザイムQ10の持っておるエネルギーを効果的に作り出す効果を得る事ができなくなってしまいますので、日々の生活においてエネルギー不足は深刻な問題になり、身体に力が入らなかったり、肌がボロボロになってしまうなどの活力不足におちいってしまう事は間違いありません。もちろん抗酸化作用なども弱まってしまいますので、病気になりやすくなってしまったり、怪我などをしてしまった場合に治りにくくなってしまうなどの弊害があります。

また、コエンザイムQ10が不足してしまうと深刻な問題なども生じてきます。特にコエンザイムQ10が不足した場合に深刻な症状が現れてしまう可能性があるのが心臓と肝臓、膵臓、脳の四か所です。例えば、コエンザイムQ10が不足してしまうとパーキンソン病であったり、冠動脈疾患、肝硬変、糖尿病などの深刻な症状が現れてしまう可能性があります。特にコエンザイムQ10は年齢を重ねるにつれて体内にある数が減ってきてしまいますので、ご年輩の方は、積極的にコエンザイムQ10を摂取する事をおすすめします。

若い方でもコエンザイムQ10が不足していると

コエンザイムQ10は年齢を重ねるにつれて徐々に減って言ってしまう栄養素になります。しかし、最近では生活環境の悪化であったり、ストレスや大気汚染など様々な外的要因が原因でコエンザイムQ10が不足している若い方が増えて来ているのです。

若い方でもコエンザイムQ10が不足してしまうと肌がカサカサになって老けてしまったり、しっかりと睡眠をとっても疲れが取れにくくなってしまったり、免疫力が低下してしまって風邪やインフルエンザをひきやすくなってしまったり、一度風邪などをひいてしまうと中々回復せずに長期間不調が続くなどこじらせやすくなってしまうなどの弊害があります。特に女性の方の場合には、肌年齢が高くなってしまう危険性がありますので、コエンザイムQ10をしっかりと補給している事が、アンチエイジングに繋がるといっても過言ではありません。アンチエイジングに重要な栄養素は沢山ありますが、その根本を支えているコエンザイムQ10はいつまでも綺麗な若々しくいたいという方にとってなくてはならない存在なのです。

コエンザイムQ10を手軽に摂取する方法

コエンザイムQ10は日常の食生活では十分に補充する事が難しい栄養素になっております。その為、最近では様々な健康食品にプラスされる形でコエンザイムQ10が配合されている商品も登場し話題になっております。しかし、コストパフォーマンスの面から考えると、コエンザイムQ10が配合されている健康食品は、コエンザイムQ10はあくまでオマケ的な要素がある物も多く、あまりおすすめできません。

コエンザイムQ10を効果的に摂取するためには、やはりサプリメントを利用するのが得策です。最近ではコンビニなどでも気軽に購入できるコエンザイムQ10のサプリメントが登場しておりますので、最近コエンザイムQ10が不足していると感じている方は、ぜひ購入してください。

「コエンザイムQ10が不足してしまうと」のまとめ

コエンザイムQ10が不足するのは怪我などのようにわかりやすい物ではありません。普段、なんとなく化粧の乗りが悪かったり、疲れやすいといった症状が出るようになります。日頃から疲れやすいという方は、もしかしたらコエンザイムQ10が不足している可能性がありますので、ぜひ積極的にコエンザイムQ10を摂取するようにしてください。

関連記事

  1. [監修済] ブドウ糖の栄養不足とその影響による体の弊害
  2. [監修済] プロポリスが不足するといったいどのようなことが起きる…
  3. [監修済] ごぼうエキスの効果や不足、過剰摂取した場合の影響につ…
  4. [監修済] 乳製品はNG?乳糖分解酵素の不足で起きる「乳糖不耐症…
  5. [監修済] コンドロイチンなどに代表されるムコ多糖類の不足や過剰…
  6. [監修済] コラーゲンが不足してしまうと
  7. [監修済] シトラスが不足や過剰摂取すると?
  8. グレープフルーツ グレープフルーツに含まれる栄養成分の不足や過剰摂取の影響【薬を服…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP