セリン

セリンの効能と効果【体内で生成される非必須アミノ酸】

セリンは非必須アミノ酸の一つであり、神経伝達物質であるアセチルコリンを生成するのに重要な役割を果たしています。また、細胞膜の構成成分の一つであるホスファルチジルセリンの原料としても着目されています。このように、人間のタンパク質に大きな役割を果たしている重要なアミノ酸がセリンです。セリンは皮膚の潤いを保っている天然保湿因子の一つです。このように美肌にも効果のある物質となるセリンについてご紹介します。

タンパク質のもととなるセリンは非必須アミノ酸の一つ

セリンシルクプロテインの一つであり、絹糸に含まれているタンパク質の一つから1865年に発見された物質であり、その構造については1902年に明らかになった非必須アミノ酸の一つです。人間の体の形成に大きく関わるタンパク質は、たった20種類程度のアミノ酸が合成されて作られています。

アミノ酸の中で、

  • 体内で合成することができない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸
  • 残りの11種類のアミノ酸のことを非必須アミノ酸

といい、セリンは非必須アミノ酸に該当します。非必須アミノ酸は体内で合成することができますが、加齢とともに合成できる量については減ってきますので、食品やサプリメントから摂取することが必要です。

非必須アミノ酸のなかでもセリンは、細胞のエネルギー合成を促進したり、記憶力や神経系の機能や免疫力を高めてくれるなどの働きがあります。そして、セリンは肌の保水力にもかかわってくるアミノ酸として知られています。

セリンの役割ってどんなもの?

非必須アミノ酸の中でも、セリンの働きには

  • 脳の活動を支える役割
  • 肌の潤いを保持するといった役割

の2つがあります。特に美肌に興味のある人には、セリンは肌の角質に最も多く存在し、肌を内側から潤わせている物質として着目されています。

セリンは細胞内にある保湿成分である天然保湿因子の一つとして知られており、セリンの持つ高い保湿力から、シャンプーや化粧品などにも多く利用されています。一方で、セリンは脳を構成する神経伝達物質アセチルコリンを生成するのに重要な役割を果たしています。さらに、セリンから構成されるホスファチジルセリンは脳機能を活性化して認知症などを防ぐことが期待されています。

ホスファチジルセリンには、脳のエネルギー減となるブドウ糖を供給するという働きがありますので、思考力や集中力の維持にも大きな役割を果たしています。

脳

化粧品に良く含まれているセリンとは?

非必須アミノ酸の一つであるセリンは、皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主な成分です。細胞内にある保湿成分のなかでは、セラミドに比べると保湿成分は落ちますが、セリンはアミノ酸であるため肌に柔軟性や弾力を与えてくれます。シルクプロテインなどといった言葉通り、セリンが多いと絹のようにツヤツヤな肌や髪の毛が生まれることから、美容液などの化粧品やシャンプー、コンディショナーなどにも多く利用されています。

肌の中にセリンが多いと、絹の肌と言われるなめらかな肌を作ってくれるのです。セリンをはじめとするアミノ酸は、皮膚の細胞の間に存在する天然保湿成分の40%を占めており、皮膚の保湿と健康が保たれているのです。肌が乾燥していると紫外線などのダメージを受けやすいのですが、セリンをはじめとする天然保湿成分が豊富に存在することで、皮膚をダメージから守ってくれます。

さらに、セリンは紫外線からつくられるメラニンの働きを抑えることからシミを予防することも知られています。このように、セリンは美肌の維持のためには必要不可欠な物質なのです。

セリンを効果的に摂取するには?

肌のうるおいを維持したり、脳の働きを活発化させるために必要な物質がセリンですが、このセリンは加齢とともに減少してきますので外から補ってやることが必要です。

セリンは

  • 牛乳
  • 大豆
  • 高野豆腐
  • イクラ
  • 海苔

などに多く含まれています。特に牛乳をはじめとする乳製品に多く含まれるカゼインというタンパク質に多く含まれています。

セリンは、過剰に摂取しても代謝されますので体に悪影響はないのですが、セリンが足りないと肌荒れやシワの原因になり、集中力が切れやすくなります。

鏡を見てほうれい線を気にする女性のイラスト

そのため、脳や肌を支えるセリンを積極的に摂取するとよいでしょう。さらにセリンには良質な睡眠をもたらす力もありますので、不眠に悩んでいる人にも効果的です。

食品からセリンを摂取することもできるのですが、効率的に必要量を摂取するのであればサプリメントが推奨されます。

セリンの効能と効果【体内で生成される非必須アミノ酸】のまとめ

セリンとは、タンパク質の原料であるアミノ酸のうち、体内で合成することができる非必須アミノ酸の一つですが、加齢とともにその量が減ってきます。セリンは肌の水分量を保ったり、脳の働きを活発化するために必要な物質であり、牛乳に含まれているカゼインなどに多く含まれています。効率的にセリンを摂取して美肌を目指したり、記憶力向上を目指すのであれば、サプリメントで摂取するのがおすすめです。

関連記事

  1. 豆乳と大豆 大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?【摂り過ぎには注意】
  2. [監修済] セラミドの保湿効果ってどのようなもの?
  3. 豆乳と大豆 豆乳の栄養素と効果【ダイエットと脳の活性化にも!】
  4. アラキドン酸の効果的な摂り方【過剰摂取に注意!】
  5. りんごポリフェノールと美容【ダイエットと育毛にも良い?】
  6. フェカリス菌は便秘と花粉症に効くの?【うれしい効き目がたくさん】…
  7. クルミは栄養満点の健康食品!【クルミの働きと効果的な摂り方】
  8. ケールの美肌効果について【青汁の原材料にも納得!】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP