アンチエイジング

大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?【摂り過ぎには注意】

豆乳と大豆

大豆イソフラボンは豆腐や豆乳などの大豆に多く含まれている、女子ホルモンに似たエストロゲンの働きをする栄養素です。男性にも薄毛対策に使われることもあります。大豆イソフラボンを効果的に摂取するためには適切な量を守り、摂り過ぎには注意することです。大豆イソフラボンの効果は女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、更年期やバストアップなどに有効とされています。大豆イソフラボンを含む食品を食べ続けて、肌や女性らしさがアップしたという効果が多数あります。

大豆イソフラボンの効果は?

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている成分でポリフェノールの一種です。

ポリフェノールについてはこちら⇒ポリフェノールの驚きの種類!

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることから、更年期障害に効果があるとされ、更年期特有の症状であるほてりやのぼせが改善されるのです。更年期だけでなく、ホルモンバランスが崩れがちな女性にも効果があります。

頭を押さえて俯いている女性

大豆イソフラボンは、大豆そのものからの摂取に加え、納豆などの大豆加工食品やサプリメントとしても摂取できる非常に安全性の高い食品です。

大豆イソフラボンには

  • 骨粗しょう症の予防
  • 循環器系疾患の予防
  • 美肌

などの効果があるとされます。

Beautiful young woman. Portrait of asian.

また、大豆イソフラボンには血流を良くする効果もあるので、冷え性にも効果が期待できるほか、悪玉コレステロールを減らしたり血圧を下げる効果もあります。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするといわれています。その為、女性ホルモンが減少することによって引き起こされる更年期障害に効果があります。更年期になると、イライラして精神的不安定になったり生理不順などの症状や、急に大量の汗をかいたり、のぼせやほてりなどが更年期障害の症状として表れます。

Fotolia_64613461_XS-min

大豆イソフラボンで減少した女性ホルモンを補うことによって、これらのつらい症状を予防、改善することができるのです。大豆イソフラボンには強力な抗酸化作用があり、その働きで老化現象の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。

Fotolia_16087808_XS-min

また、高齢の女性に多い骨粗しょう症も女性ホルモンの減少が関係していますが、大豆イソフラボンの骨からのカルシウムの流出を抑制する働き骨粗しょう症の予防に期待されています。大豆イソフラボンには女性ホルモンを補う働きがあるのです。

含まれる食品は?

大豆イソフラボンは、古くから日本人が毎日の食事に取り入れてきた大豆食品に多く含まれています。大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は70~75mgとされていますが、納豆は1パックでほぼ1日分の大豆イソフラボンを摂取できます。

nattoupaxk-min

それから、豆乳などの大豆飲料にもかなり多くの大豆イソフラボンが含まれています。

A glass of milk

他に大豆イソフラボンが含まれる食品として、

  • 豆腐
  • 油揚げ
  • 大豆煮
  • きな粉
  • 味噌

などがあります。

納豆は発酵食品でもあり、大豆イソフラボン以外にもたくさんの健康効果のある成分が含まれているので、毎日食べたいものです。このように価格も安定していて比較的手軽に摂れる食品ばかりですが、外食中心の人は摂取しづらいですよね。毎日の朝食を大豆食品を取り入れた和食にするのもいいかもしれません。

食品から取れない時にはこのサプリ!

高品質のイソフラボンを手軽に摂取したい方におすすめのサプリはコレ↓まずは20日間お試ししてみてください。

【送料無料】イソラコンお試しパックで更年期を幸せいっぱいの”幸年輝”へ

摂取量はそれくらいが理想?

大豆イソフラボンの1日の摂取量は、どのぐらいが適当なのでしょうか?国の機関の発表では、大豆イソフラボンの1日あたりの摂取目安量は70~75mgを上限とし、そのうちサプリメントや健康食品などで摂取する量は30mgまでを上限にしています。食品から大豆イソフラボンを摂取する場合は、普段から豆腐や納豆を食べている分には特に注意する必要はありません。

nattou03-min

例えば、大豆イソフラボン50mgは、豆腐だったら半丁、納豆なら1パックくらいです。

touhu-min

摂取量の不足分をサプリメント等で補う時は、過剰摂取に気を付けなければなりません。サプリメントの過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを逆に崩してしまう恐れがあります。1日30mgの摂取量を守った方が良いでしょう。それから、妊娠中の方や15才未満の子供も、サプリメントでの摂取はおすすめできません。

Fotolia_43933537_XS-min

また、大豆イソフラボン以外のサプリメントを摂取している人も、他のサプリメントに大豆イソフラボン成分が入っていることもあるので、成分量を見ながら飲み合わせには注意してください。

胸を大きくする効果も?

大豆イソフラボンには女性の胸を大きくする効果もあるといわれています。バストアップしたい女性は、大豆食品を食べ豆乳を飲んでいるという話はメディアでよく取り上げられています。

Fotolia_69418540_XS-min

胸を大きくするには乳腺の発達が重要なのですが、乳腺細胞を増やす働きかけをするのが女性ホルモンのエストロゲンなのです。生理前に胸が張るのは、エストロゲンの分泌がその時に一番多くなるからです。ということは、エストロゲンが増えれば乳腺が増えて胸が大きくなるのです。

そこで大豆イソフラボンの働きなのですが、大豆イソフラボンとエストロゲンは分子構造が似ていて、エストロゲンのような働きをしてしまうのです。大豆イソフラボンが胸を大きくする効果があるのは、このような働きをするからです。

バストアップサプリならコレ!

ナチュラルプエラリア

化粧水にも配合されている?

自然派化粧品がブームですが、大豆イソフラボンの化粧水も人気があります。

Fotolia_45729679_XS-min

天然成分の大豆イソフラボン使用の化粧水は、安心、安全であり肌に優しいというメリットがあります。化粧水に使われている大豆エキスのイソフラボンは、細胞再生の働きをする植物性プラセンタです。この植物性プラセンタは、コラーゲンを生成しヒアルロン酸の生成を促し、肌の中からハリや弾力を作り出します。

美容イメージ

皮脂腺を抑える効果や抗炎症作用もあり、ニキビや吹き出物に効果があります。

Fotolia_61895436_XS-min

メラニンの生成も抑えてくれるので、シミ、そばかすを改善する美白作用もあります。また、抗酸化作用もあり、老化の原因の活性酸素を除去しアンチエイジング効果が期待できます。さらに、大豆イソフラボンの化粧水をつけて、ムダ毛が生えてこなくなったという効果もあったそうです。

髪と密接の関係があります

健康食品である大豆に含まれる成分の大豆イソフラボンは、髪にも効果があるとされています。

Fotolia_46697441_XS-min

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。実は男性の薄毛は、女性ホルモンの減少も原因の一つといわれています。そのことから、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取すれば薄毛の改善に繋がるということなのです。

Fotolia_39366734_XS-min

女性の育毛にも効果があり、丈夫でパサツキのない艶のある髪になれます。

Fotolia_64824877_XS-min

大豆自体も植物性タンパク質が豊富なので、大豆イソフラボンだけでなく大豆食品を摂取した方が、より育毛に効果があります。大豆イソフラボンのサプリメントの摂取もいいですが、体にいいとされる大豆食品を積極的に摂るようにしたいですね。

摂り過ぎるとどうなる?

大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は、70~75mgが望ましいとされています。ただし、大豆イソフラボンをサプリメントで摂取した場合の目安量は、30mgに抑える必要があります。

サプリメントを飲む女性

普段の食事の大豆食品を食べて大豆イソフラボンを摂取しているので、サプリメントの摂り過ぎには注意が必要です。サプリメントにより大豆イソフラボンを摂り過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れエストロゲンの分泌も過剰になったりして、乳がんなどにかかるリスクが上昇します。またホルモンバランスが崩れ、胃腸の調子が悪くなったりの体調不良を引き起こします。

Fotolia_59656491_XS-min

それから、大豆食品を毎日食べるのは過剰摂取にあたらないので、気にせずいくら食べても大丈夫です。大豆自体にイソフラボンが過剰に吸収されるのを防ぐ働きもあるので、大豆食品の摂り過ぎは心配いりません。ですから、なるべく大豆食品から大豆イソフラボンを摂取したいですね。

男性にも有効なのか?

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする為女性にうれしい成分なのですが、男性には何の効果も期待できないのでしょうか?実は、男性にも大豆イソフラボンは有効なのです。男性と女性には、多い少ないの違いがあるだけで、それぞれ女性ホルモンと男性ホルモンが存在します。男性が大豆イソフラボンを摂取すると、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを活発化させる作用が起きます。そうすると、男性ホルモンが原因の一つとされている薄毛や濃いムダ毛に効果があるのです。

Fotolia_46748483_XS-min

髪の毛の薄毛や抜け毛に悩んでいる男性には、大豆イソフラボンが特に有効だとされています。体臭が気になる男性にも、大豆イソフラボンは効果があります。とはいえ、過剰摂取は女性らしい体つきになったり筋肉がつきにくくなったりする可能性も否定できません。

普通に大豆食品を摂取できている人は、サプリメントや豆乳などの摂取には注意が必要です。

大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?【摂り過ぎには注意】のまとめ

女性ホルモンに似た栄養素なので、女性の悩みをサポートする栄養素として使われます。ただ健康に良いとされていても摂取量には注意が必要です。

関連記事

  1. 生姜エキスで美肌になる!【肌トラブル対策におススメ】
  2. オドリコソウエキスの効能と効果【育毛剤や化粧品の有効成分】
  3. カモミール ハーブティー カモミールの驚くべき美肌効果!【上手に摂りいれよう】
  4. ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】
  5. オウゴンエキスは守備範囲が広い!【化粧品から育毛剤まで】
  6. クルミポリフェノールの効果・効能がすごい!【薄皮に秘密が?】
  7. βカロテンで健康で美しい髪をいつまでも【髪の毛の健康維持】
  8. カシスを食品として上手に摂り入れる方法【お手軽簡単】

ピックアップ記事

  1. ビタミン

カテゴリー

PAGE TOP