アラニン

アラニンでお肌の乾燥対策!【冬場のスキンケアに】

アラニンは保湿効果が期待されるアミノ酸です。冬場は空気が乾燥する季節ですので、外気に触れているお肌も乾燥しやすくなってしまいます。お肌の乾燥によってお肌の劣化が起きてしまうことも多くなります。保湿力は誰でもが加齢とともに失われてくるものであるのですが、お肌のトリートメントによって保湿力の低下はかなり防ぐことが可能になります。アラニンによる保湿力回復のスキンケア効果がお肌の効率の良いケアの方法として注目されています。アラニンによるお肌の保湿力アップについて紹介していきます。

お肌のうるおい・保湿力をキープするには

私たちのお肌は赤ちゃんの頃は誰でもがしっとりとして潤いにあふれています。しかしながら、加齢によってほとんどの人が潤いを低下させてしまうことになります。その理由としてお肌の中にある潤い成分の体内での合成が、加齢とともに減少してしまうことがあります。

加齢とともに減少するお肌の保湿成分を維持するためのスキンケアは、お肌に蓋をするような方法の化粧品やトリートメントがこれまでの主流した。ただ、この方法ですと、お肌から保湿成分が逃げなくなるというメリットはあるのですが、お肌の通気性が失われ、老廃物が蓄積しやすくなり、ニキビや吹き出物の原因となってしまうこともあります。

最近ではこのような方法よりも、お肌の潤いをキープするために保湿成分を直接お肌に与える方法が用いられるようになっています。ただ、保湿成分そのものは高分子の成分であるので、お肌の奥深くまで浸透させることが難しい面があります。そこで、保湿成分の原料であるアラニンというアミノ酸が、お肌の保湿力アップ成分として用いられるようになりました。

アラニンはアミノ酸の1種で、また、アミノ酸は低分子ということもあり、お肌の奥底まで十分に浸透させることが可能になるのです。しかもアミノ酸は酸性の成分ですので、雑菌などのお肌への侵入を防ぐ効果もあり、お肌の健康を保つことも可能になっています。このようなアラニンの効能から、保湿効果を謳う化粧品にアラニンが多く含まれるようになってきました。

また、アラニンは体にとって毒になることはありませんので、体内からアラニンを取り入れることも可能となります。

アラニンは

  • しじみ
  • あさり
  • かに
  • 海苔
  • 牛や豚のレバー
  • 鶏肉

に多く含まれていますので、積極的に食品として摂取していくことがお肌の保湿力の向上につながっていきます。アラニンの入ったサプリメントも同様にお肌の保湿力の向上につながっていきます。アラニンは甘みを持ったアミノ酸ですので、サプリメントとして摂取する場合も、味わいながらアラニンを摂取することが可能になってきます。アラニンは香りもいいので、匂いも楽しめます。

お肌のケアを全くしていない人と、アラニンで体の内外から定期的にお肌のお手入れをしている人では30-40代くらいから大きなお肌の保湿力に差が出てくることになってしまいます。お肌の劣化は長期的な視点にたてば、日ごろのケアが大きな意味を持つことになってきます。

アラニンのほかの作用

肝機能の向上

アラニンにはお肌の保湿力を高めるスキンケア作用の他に、肝臓の機能を高める作用もあります。肝臓の役割は解毒作用ですので、体の中に老廃物がたまりにくくなります。体の中の老廃物は体の中の新陳代謝を損ねてしまいますので、お肌の再生力を損なってしまいます。また、老廃物によってお肌にトラブルが起きやすくなり、ニキビやおできの原因になってしまうこともありますので、アラニンによる肝機能の向上はお肌を健全な状態に保つために有効なものになってきます。

アラニンと肝臓との関係は⇒アラニンで二日酔い予防!

体力向上

元気な男性

アラニンには体力アップを促す作用も知られています。適度な運動がお肌にハリを蘇らせてくれます。一方で、適度な運動に耐えうる十分な体力は心地よい汗を可能にし、ストレス解消にもつながり、結果として美しい健康的なお肌となることを可能にしてくれます。

血糖値の調整

アラニンには血糖値を正常な値に保つ働きもありますので、生活習慣病の一つである糖尿病を予防することが可能になってきます。糖尿病が原因でお肌にかゆみが出てしまうようなこともありますので、糖尿病の予防はお肌を美しく保つことにつながっていきます。

アラニンの研究成果

アラニンによる健康回復効果は医学的にも検証されています。肝臓に機能障害を持ったラットにアラニンを投与すると、肝臓の機能が回復することが報告されています。また、アラニンの投与による肝臓の機能向上によってアルデヒドなどの老廃物の蓄積が抑えられ、二日酔いになりにくくなることもラットを使った実験で報告されています。

ラットを使った実験結果は人間の体でもアラニンによって健康力が増加して、同時にお肌の状態をよくしてくれることを示唆するものです。

アラニンでお肌の乾燥対策!【冬場のスキンケア】のまとめ

お肌へのダメージを考えると冬場の外出は控えてしまいがちですが、冬場はクリスマスやお正月といったイベントも多い季節でもあります。アラニンで普段からお肌のお手入れを行っていれば、冬場の乾燥も全く苦にならない健康的なお肌を保ち続けることも可能になってきます。

関連記事

  1. バナジウム バナジウムで血糖値を下げよう!【その効能と摂取方法】
  2. クロロゲン酸で脂肪を燃焼!【コーヒーやサプリで手軽に摂取】
  3. カキエキスが視機能を高めるって本当?【海のミルクの効能・効果】
  4. オランダカラシエキスってどんな成分?【別名クレソンの効能と摂り方…
  5. [監修済] キトサンで血糖値をコントロールして成人病を予防しよう…
  6. [監修済] セラミドの保湿効果ってどのようなもの?
  7. キャベジン(ビタミンU)の効能と働き【飲みすぎ食べすぎに効く!】…
  8. 月桃の健康効果!【スキンケアにも役立つ摂り入れ方】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP