コエンザイムQ10

[監修済] コエンザイムQ10と便秘の関係性

健康に興味のある方でしたら誰もが知っているコエンザイムQ10は、コエンザイムQ10と呼ばれる前はビタミンQと呼ばれていたビタミンの化合物です。このコエンザイムQ10を飲んでいると便秘になりやすいなどのうわさが登場し、利用者を惑わせています。事前にコエンザイムQ10と便秘の関係性を知る事はとても重要な事になります。

コエンザイムQ10の正体とは

健康になる為に必要な栄養素がたっぷりと入っているため、若い方からご年配の方まで服用されている方の多いコエンザイムQ10は、補酵素として働いている物質です。この補酵素という言葉はあまり耳慣れない言葉だと思いますので簡単にご説明させて頂きますと、人間の細胞が活動する為に必要なエネルギーを生みだす過程で、体内に取り込まれた様々な栄養素をエネルギーに変化させるために、酵素を使って燃焼する時により効率的に燃焼できるようにサポートしているのがコエンザイムQ10の補酵素の働きになります。

コエンザイムQ10は、体内で日々製造されるエネルギーの大部分をサポートする役割を担っております。必要なエネルギーを効率的に生成する事で健康で元気なエネルギーを安定して供給する事ができるような役割を担っているのがコエンザイムQ10になります。健康的な毎日を過ごすために、とても重要な栄養素になっている事は間違いありません。また、コエンザイムQ10には、血液や栄養素などを身体のすみずみまで行き渡せるために重要な役割を担っている心臓のポンプ機能などを高める効果がある事が研究の結果明らかになっております。また、コエンザイムQ10は心筋代謝改善薬として1970年代から処方されてきたという実績もある重要な栄養素になります。

コエンザイムQ10と便秘の関係性

コエンザイムQ10のサプリメントを服用している方の一部にコエンザイムQ10を飲み始めてから便秘の症状が現れるようになったという報告が見られるようになってきました。コエンザイムQ10は大人気のサプリメントですので、色々なメーカーから沢山の種類のサプリメントが販売されております。最近では、インターネットの普及からか、スマートフォンから海外のサプリメントを購入し服用している方も増えて来ております。そのため、一口にコエンザイムQ10のサプリメントといってもコエンザイムQ10以外の含まれている栄養素が全く異なっているのです。

コエンザイムQ10のサプリメントの中には不溶性食物繊維が配合されている物も増えて来ております。この不溶性食物繊維とは、その名の通り溶けない食物繊維になります。水などに溶けないため、腸の中をモップのように宿便などを削ぎ落しながら便として排出されます。しかし、不溶性食物繊維が十分な働きをする為には、不溶性食物繊維が動ける程度の水分が腸内に必用になります。もし、腸内に十分な水分が足りていないような場合には、不溶性食物繊維はそのまま腸内に残ってしまい、便秘の症状を悪化させてしまいます。コエンザイムQ10の中に不溶性食物繊維が配合されている物は、しっかりと水分を摂った上で服用すれば十分に便秘の解消に役立つのは間違いありませんが、水分量が足りていないような場合には、逆に便秘の症状を悪化させてしまいますので注意してください。

コエンザイムQ10と老化

コエンザイムQ10はグルコサミンのように年齢によって少しずつ数が減少して行く栄養素になります。その為、体内で生成するだけの量では満足できない状態になってしまいます。実はこのコエンザイムQ10が体内で足りなくなってくる事と老化がとても密接な関係がある事が最近の研究結果で明らかになってきています。心臓にあるコエンザイムQ10の量は20代がピークになっており、その後は徐々にコエンザイムQ10の数が減っていきます。40代になると20代の時にあったコエンザイムQ10の数のおよそ70パーセントしかなくなってしまいますし、80代にもなると20代の時の50パーセントしかなくなってしまうのです。老化防止のためにもコエンザイムQ10を服用するのをおすすめします。

コエンザイムQ10のサプリメント

コエンザイムQ10を最も効率的に体内に摂取しようと思ったら、間違いなくサプリメントがおすすめです。最近ではリーズナブルでコストパフォーマンスの高いサプリメントも登場しておりますので自分にピッタリなサプリメントを選ぶようにしてください。便秘の方は、不溶性食物繊維が配合されているサプリメントを選び、服用することをおすすめします。他にも様々な栄養素が複合されている物が登場しておりますので、目的に合わせてコエンザイムQ10のサプリメントを選んでください。

「コエンザイムQ10と便秘の関係性」のまとめ

コエンザイムQ10は同時期にイギリスとアメリカで発見され、当初は全く別の物として研究されていたのですが、研究過程で同じ物と分かったという背景があります。その為、国々で狙いが異なったサプリメントが販売されております。日本は比較的フラットなコエンザイムQ10が多い傾向にありますが、実際に購入する場合には、しっかりと内容を確認してから購入するようにしてください。

関連記事

  1. アロエベラは肌や髪に効果的!【副作用はない?】
  2. [監修済] 老化防止にコエンザイムQ10が良いと言われる理由とは…
  3. ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】
  4. [監修済] アンチエイジングにはコエンザイムQ10
  5. [監修済] アンチエイジングの為のサプリメント
  6. [監修済] 女性で悩む方が多い便秘に効果があるとされるルイボスに…
  7. as [監修済] 50代にはヒアルロン酸やコエンザエムQ10がお勧め
  8. [監修済] コエンザイムQ10は食品だけでは不十分?

ピックアップ記事

  1. カモミール ハーブティー

カテゴリー

PAGE TOP