アトピー

アトピー性皮膚炎をオリゴ糖で改善!【オリゴ糖の働き】

アトピー性皮膚炎とは、皮膚が炎症を起こしてかゆみや湿疹に悩まされる病気です。かゆみや湿疹は良くなったり悪くなったりを繰り返して、なかなか治らずに慢性化することが特徴です。そのなかで、砂糖はアトピー性皮膚炎を悪化させるというデータもあります。ですが最近では、オリゴ糖が甘味も摂取できながらもアトピーに良いとして着目されています。オリゴ糖の健康効果を知っておくとよいでしょう。

アトピー性皮膚炎にはオリゴ糖?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の表面にある皮脂膜が薄い人アレルギーを起こしやすいような体質の人に多く見られる、皮膚の炎症を伴う病気であり、皮膚に赤いぶつぶつができたりかゆみを感じたりしています。アトピー性皮膚炎の症状は、良くなったり悪くなったりを繰り返して慢性化することが特徴です。

アトピー性皮膚炎の人の皮膚は赤みがあり、じゅくじゅくして引っ掻いたりすると滲出液が出てきたりします。原因は皮膚の免疫機能が過剰に反応してしまい、日常の刺激にも反応してしまうことです。アトピー性皮膚炎の症状は、ステロイドなどに頼るとなかなか薬から離脱することができなくなります。

アトピー性皮膚炎に悩まされている人の多くの特徴として、IgE抗体の値が非常に高いという点が挙げられます。また、アトピー性皮膚炎の原因として、腸内環境の不調を挙げる研究結果もあります。

オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を妨げる働きがあることが確認されています。また、オリゴ糖には善玉菌を増やして腸内環境を整える働きもあるので、アトピー性皮膚炎にも良いのではないかと期待されているのです。

アトピー性皮膚炎によいオリゴ糖とは?

オリゴ糖は腸内環境を整える栄養素として着目されています。そのため、便秘解消目的で飲用する人も数多くいます。オリゴ糖は、善玉菌のエサとなり、オリゴ糖を食べると腸内の善玉菌が活性化して腸内環境が良くなります。

腸内環境はアトピー性皮膚炎においては大きな役割を果たしています。なぜなら、腸内の善玉菌は免疫機能と綿密なかかわりがあるところ、アトピー性皮膚炎の原因に免疫機能の過剰反応が挙げられるため、免疫機能が正常化することで症状の改善を期待できるのです。

特に、アトピー性皮膚炎の炎症を抑えてくれる副腎皮質ホルモンは、胆汁に分泌されてから腸管に入り腸内の細菌がきちんと作用することから、しっかりとはたらきます。そのため、アトピー性皮膚炎には腸内環境を整えて善玉菌がきちんと活躍できるようにすることが必須なのです。

砂糖、それはアトピーに大敵なのです

サトウキビから生成されてできた白砂糖は、実はアトピー性皮膚炎にはよくありません。最近では健康のために白砂糖から三温糖に変えたり、白砂糖断ちをする人も少なくありません。白砂糖は腸からの吸収が極めて早く、クロムやマグネシウムといったミネラルやビタミンB群を過剰に消費します。

そのため、免疫細胞をきちんと整えるためのビタミンやミネラルが不本意に消費されてしまうのです。ビタミンB群は皮膚を作り出す機能にかかわっていますので、皮膚の炎症であるアトピー性皮膚炎が治りません。そして、甘いものには一説には覚せい剤などと同じくらいの中毒性があります。

だからこそ甘いものはやめられません。そのうえ、チョコレートや白砂糖といった刺激物は善玉菌を直接破壊してしまいます。アトピー性皮膚炎においては、砂糖はあまりにも有害なのです。

しかしながら甘いものは疲れをとってくれたり、料理には必要不可欠な部分もあります。そのような時にオリゴ糖を使用することで、砂糖に頼らずに甘みを味わうことができるのです。

アトピー性皮膚炎の改善においてはオリゴ糖を摂取しよう

アトピー性皮膚炎は免疫機能が異常をきたしているのですから、まずその免疫機能を整えなければなりません。そのためにもオリゴ糖を積極的に摂取することで、腸内の善玉菌を多くすることが大切です。しかもオリゴ糖は、胃や腸で消化されずに大腸まで届きますので、腸内をダイレクトに改善できます。

さらには、オリゴ糖は熱に強いという性質もありますので、アツアツの飲み物に入れても大丈夫ですし、料理にも使うことができます。腸内にはもともと乳酸菌がありますが、オリゴ糖はそのような乳酸菌とも相性が良いです。

最近ではオリゴ糖を摂取できるサプリメントもありますので便利です。オリゴ糖を選ぶ際は、純度の高いものを選びましょう。純度の高いものを選ぶことによって、より腸内環境にも良く働きます。

砂糖をやめてオリゴ糖にするには、アトピー性皮膚炎をはじめとしてさまざまな健康によい作用をもたらしますので、オリゴ糖で糖分を摂取することを推奨します。

オリゴ糖の他の働きについてはこちら⇒オリゴ糖効果で便秘解消!

 アトピー性皮膚炎をオリゴ糖で改善!【オリゴ糖の働き】のまとめ

アトピー性皮膚炎においては、免疫機能が過剰に働いていることが原因の1つであるため、改善のためには免疫機能に関係のある腸内環境の善玉菌を増やす必要があります。砂糖は中毒性もあり、ビタミンやミネラルを大量に消費するため、アトピー性皮膚炎に良くありません。砂糖ではなくオリゴ糖を継続的に摂取して症状の改善を目指すとよいでしょう。

関連記事

  1. [監修済] 腸内環境の改善にはウコンがオススメな理由と取り入れ方…
  2. [監修済] 腸内環境を整えたい時はアルギン酸がおすすめ
  3. ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】
  4. [監修済] 青汁の効果で便秘解消?
  5. [監修済] プラセンタとアトピー症状の緩和作用について
  6. オリゴ乳酸が美肌に役立つ理由【身体の内側からのスキンケア】
  7. [監修済] アトピー肌も改善する!知られざるセラミドのパワーにつ…
  8. [監修済] ルイボスを摂取すればあんなに苦しむアトピーを抑えられ…

ピックアップ記事

  1. グレープフルーツ

カテゴリー

PAGE TOP