DHA

[監修済] 辛くてかゆいアトピー性皮膚炎をDHAで改善する

DHAは青魚に多く含まれている美容や健康にいい成分です。更に、DHAは年齢や性別に関係なく多くの方が悩んでいるアトピー性皮膚炎の改善に役立つと言われています。DHAはアトピー性皮膚炎の改善に対してどのような効果が期待できるのでしょうか。

アトピー性皮膚炎とDHAの関係

昔にはあまり見られなかった症状としてアトピー性皮膚炎ですが、最近では多くの方が悩んでいるものです。アトピー性皮膚炎は小さい子供から大人まで年齢に関係なくかかるものです。症状としては強い湿疹が見られ、乾燥した赤みのある肌などが見られます。強いかゆみがあるので、常時不快感を生じてしまいますが、同時にストレスなど精神的なダメージも大きく受けてしまうものです。原因としてはダニやストレスが挙げられますが、多くは食事が原因とされています。

このアトピー性皮膚炎に対して肉食よりも魚を中心とした食事をすることで改善が見られるケースが多くあります。肉食では動物性脂肪を多く摂取してしまいます。動物性脂肪は飽和脂肪酸で常温では固体となっています。体内に取り入れることによって血液の流れを阻害し、また様々な健康被害を引き起こすことがあります。少量だけの摂取であればそれほど問題はありませんが、肉は食べやすく脂肪が多くついているのでつい多く摂ってしまいます。

アトピーに対してDHAが効果的

症状が悪化するとかゆみが増大してしまう辛いアトピー性皮膚炎ですが、不眠などを引き起こしてしまい、大きく健康を損ねてしまうようになります。単にアトピー性皮膚炎だけが問題ではなく、大きく健康を損ねる深刻な症状なので早期に改善を図っていく必要があります。アトピー性皮膚炎に対して効果的なのはやはり食生活の改善ですが、特に魚を中心とした食事がいいとされています。魚に含まれるDHAはアトピー性皮膚炎に対して効果があります。

魚を中心とした食事にすることによって飽和脂肪酸の摂取を減らしていくことができます。また魚には植物性脂肪に多く含まれている不飽和脂肪酸が多い点もアトピー性皮膚炎の症状を強めることがありません。また魚にはDHAが多く含まれており、このDHAもアトピー性皮膚炎に効果があります。

アトピー性皮膚炎はアレルゲンが抗体と結合することによって強いかゆみを生じてしまうのですが、DHAはアレルギー症状を起こしてしまうような物質を体内で作り出すのを抑える働きを持っています。また炎症を抑える効果的な成分の働きを強める効果もあります。DHAにはこのような好ましい効果があるので、アトピー性皮膚炎によるかゆみの発生を抑える働きがあるのです。

DHAを含む魚を取り入れてアトピーを改善

辛いアトピー性皮膚炎の症状を抑えていくためには食生活の改善を図っていくことが必要ですが、その中でも魚を中心とした食生活が必要です。毎日の食事で利用されている魚は種類が豊富ですが、その中でも注目したいのが青魚です。青い色をした魚のことを指しますが、例えばサバやアジ、さんまといった大衆魚が青魚になります。

青魚にはDHAが多く含まれています。アトピー性皮膚炎を改善していくには肉食をできるだけ控えるようにして、その分青魚を積極的に毎日の献立の中に組み込んでいくといいでしょう。青魚の多くは大衆魚でリーズナブルなため購入がとても容易です。

青魚にはDHAが多いのはもちろんですが、EPAが多いという点にも注目しなければなりません。腸内環境を悪化させる原因が飽和脂肪酸ですが、それに対して腸内環境を良くしていくのが不飽和脂肪酸です。腸内環境が良くなれば免疫力が高まりますが、免疫力が高まればアトピー性皮膚を改善していくことができます。

DHAをサプリメントで効果的に取り入れていく

青魚には不飽和脂肪酸が多く、特にDHAが豊富に含まれているのでアトピー性皮膚に効果があります。しかしDHAを多く摂取するためには青魚を毎日のように食べていく必要があります。DHAは多く摂ればそれでいいわけではありません。多く摂れば不飽和脂肪酸の摂取も過剰に増え、健康を害してしまうようになります。ですから適度を心がけていかなければなりません。毎日少しずつDHAを摂取していきたいものですが、そのために青魚を毎日食べると次第に苦痛になっていきますし、また食生活が偏っていくのでかえって健康を損ねてしまうようになります。そのため青魚をできるだけ食べながらもサプリメントも併用してDHAを効果的に摂取していくことをお勧めします。

DHAを含むサプリメントを併用すれば、青魚を食べない日でもDHAを体内に取り入れることができますし、また忙しい日々を送っている方でも簡単にDHAを摂取していくことができます。アトピー性皮膚の改善のために毎日少しずつDHAを摂ることをまず目標にしてみるといいでしょう。普段は青魚からDHAを摂り、青魚を食べない日などはサプリメントで補っていくなど工夫をしてみてはいかがでしょうか。

「辛くてかゆいアトピー性皮膚炎をDHAで改善する」のまとめ

かゆみで辛いアトピー性皮膚炎の症状ですが、そのアトピー性皮膚炎に対して効果のあるDHAを食事やサプリメントで少しずつ毎日摂っていく生活を送っていけば、症状の緩和を図ることができます。

関連記事

  1. [監修済] アトピーに悩まされている方にお勧めのアサイーのすごい…
  2. [監修済] ルイボスを摂取すればあんなに苦しむアトピーを抑えられ…
  3. [監修済] DHAを多く含む食材によって視力の効率の良い回復目指…
  4. [監修済] 3種類のサプリメントを飲んでいます。
  5. リノール酸の効能と効果【健康に欠かせない必須脂肪酸】
  6. [監修済] 酵素の多様な作用によるアトピー改善効果について
  7. [監修済] 人間にとって重要な脳の働きと記憶力を高めるDHAの優…
  8. [監修済] ビオチンはアトピー性皮膚炎にも効能があった

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP