アレルギー

ナリンギンの女性に嬉しい効能と効果!【秘密はその苦みにあった】

グレープフルーツ

ナリンギンはグレープフルーツなどを食べるときに感じる苦みの成分です。苦いと一見敬遠されそうですが、この苦み成分がダイエットに役立ち、また血流を良くすることにも一役買っています。今回はナリンギンがなぜダイエットや血流改善にいいと言われるのか、その働きなどを紹介します。

ファイトケミカルの一種であるナリンギン

ナリンギンはファイトケミカルの一種です。植物(ファイト)化学物質(ケミカル)という意味で、紫外線やいろいろな虫などから身を守るために、植物が自身に備えている物質のことです。その物質は色や苦みや香りなどに含まれています。

またナリンギンは活性酸素から身を守る力(抗酸化作用)で知られるポリフェノールの1種でもあります。植物によってはさらにいろいろな作用を持っています。ナリンギンのファイトケミカルは苦みです。その形は針のような形なので、ナリンギンが含まれているグレープフルーツなどを食べると苦みを感じるとともに、舌がヒリヒリします。もちろんナリンギンも抗酸化力を持っています。

グレープフルーツの効能についてはこちら⇒グレープフルーツは美容に関する成分が豊富!

またアレルギーを抑える作用があるともいわれています。マウスを使ったある実験では、アレルギーを持ったマウスにナリンギンを含んだ粉末を与えることで、炎症を抑える効果が見られたとの報告もあります。アレルギー反応により、止まらないくしゃみや鼻水、目や皮膚のかゆみなど不快な症状がたくさん出てきます。そうなると日常生活にまで支障をきたす場合があります。ナリンギンの抗アレルギー成分で、こういった不快な症状を緩和する作用を期待できます。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

ダイエットをしやすくするナリンギン

ダイエットをする時に一番ネックになるのが食欲です。頑張ってランニングをしたり、泳いだりしてもかえってドカ食いをするようではなかなか効果は期待できないものです。その点ナリンギンには食欲を抑える働きを期待できます。また満腹感を得やすくなるといった作用もあります。

必要以上のカロリーを摂りたくなってしまう場合に、ナリンギンを摂ることでその食欲を抑えることができるのです。またナリンギンには血液の中にある脂肪酸を分解する働きも期待できます。

グレープフルーツがよくダイエットに良いとして取り上げられますが、グレープフルーツに含まれるナリンギンが食欲を抑えたり脂肪酸を分解したりするのに一役買うからです。肥満を直したい、ダイエットをスムーズにしたい場合はナリンギンの働きを活用できます。

血流を良くしてくれるナリンギン

ナリンギンの血液の中の脂肪酸を分解するという働きにより、血液の流れを良くするという効能を期待できます。血液中にある脂肪酸はコレステロール中性脂肪などがあります。食べ過ぎなどで脂肪が溜まっていくと、血液の中に流れ込んでいく脂肪もそれだけ増えていきます。中性脂肪が大量に血液の中に流れ込んでいく影響を受けて、肝臓はコレステロールの大きさを小さく作り出します。

この小さくされたコレステロールは血管の壁の中に潜り込みやすく、なおかつ活性酸素の影響を受けやすくなるので容易に酸化してしまいます。これがよく聞く超悪玉コレステロールというものです。超悪玉コレステロールがあると血管の壁に潜り込んでいくので、壁はどんどん厚くなり、中の血液の通り道がどんどん狭くなっていってしまいます。また血管自体が傷ついていくので硬くなってもいくのです。

このように過剰に脂肪酸が流れている血管はボロボロになりやすい傾向にあります。結果血圧が高くなっていったり、様々な不調となって体中に影響が出てきます。血管は栄養と酸素を運ぶ大切な役目を持っているので、脂肪酸を分解する働きのあるナリンギンは血流の流れを良くするなどといった作用を期待できます。

血管

活性酸素を抑えるナリンギンの摂り方

ナリンギンには抗酸化作用もあるので、活性酸素の働きを抑えてくれることを期待できます。活性酸素は体のあちらこちらで暴れまわっています。先ほど述べたようにコレステロールを超悪玉コレステロールに変換させたり、細胞を傷つけたりします。細胞は傷つけられ酸化すると栄養の取り込みや、老廃物の排出をうまく行なえなくなり老化していったり、死んでしまったりするのです。

人間は細胞の集まりでできているので、細胞が傷つくというのは体に大きなダメージが及ぶということです。活性酸素の影響はすぐには出てきませんが、じわじわと体をむしばんでいきます。大きな影響が出る前に、ナリンギンなどの活性酸素を抑えてくれる成分を積極的に摂ることで、長く健康に過ごせることを期待できます。ナリンギンという苦み成分の多くは、グレープフルーツなどの皮の部分に含まれています。

ですから効率よく摂りたい場合はサプリメントなどを活用することができます。

ただし、薬を飲まれている方は、その薬に影響を与えないか医師などに確認してください。

ナリンギンの女性に嬉しい効能と効果!【秘密はその苦みにあった】のまとめ

苦み成分であるナリンギンには、アレルギー症状の緩和やダイエットのサポート、血流を良くする作用などを期待できます。グレープフルーツやはっさくなどに含まれていますが、あまり食べないことが多い皮の部分に多く存在し、苦みもあることからサプリメントから摂取するほうが効率は良いと言えます。

関連記事

  1. 豆乳と大豆 豆乳の栄養素と効果【ダイエットと脳の活性化にも!】
  2. タンニンの美肌効果!【渋いポリフェノール】
  3. アスタキサンチンの効能と効果【天然色素の秘密に迫る】
  4. オリゴ乳酸は天然由来なので安心!【腸内環境を整える強い味方】
  5. ピクノジェノールの効果は活性酸素除去!【副作用は大丈夫?】
  6. 甜茶の美容や健康に役立つ効果!【ポリフェノールに注目】
  7. トマトのイラスト リコピンで美肌になろう!【リコピンの効能と摂取方法】
  8. クルミは栄養満点の健康食品!【クルミの働きと効果的な摂り方】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP