CPP(カゼインホスペプチド)

CPP(カゼインホスペプチド)はミネラル吸収に欠かせない【同時に摂取しよう】

CPP(カゼインホスペプチド)は、各種ミネラルの体内への吸収を高める成分です。不足しがちなミネラルの吸収を促進するCPPはどのように健康と関連しているのでしょうか。

CPPはミネラル吸収を促進する

牛乳に多く含まれているタンパク質はカゼインですが、このカゼインは膵臓から分泌されるトリプシンによって分解されCPPに変化します。健康維持のためにはビタミンやミネラルを毎日の食事から効率よく取り入れていく必要がありますが、単に摂取するだけでは実は不十分なのです。

ミネラルも必要な栄養素ですが、吸収も同時に考えていかなければなりません。特にミネラルをあまり摂取しない生活をしていると、その吸収力が弱まってしまっているのでなかなか効率よく吸収していくことが難しいものです。そんな体にはCPPを同時に取り入れていけば健康を取り戻していくことができます。CPPはカルシウムなどのミネラルを溶けやすくし、それによって体内での吸収を高めていくことができます。特にカルシウムは不足しがちな栄養素なので、CPPを併用して体内に効率よく取り入れることも同時に行っていかなければなりません。

カルシウムについてはこちら⇒カルシウムの効果は骨だけじゃない?

CPPと各種ミネラルを取り入れていけば、特に高齢者の方に多い骨粗しょう症の予防や改善を図っていくことができます。ミネラルの摂取を行う際には単独で体内に取り入れるのではなく、CPPも同時に摂取するというやり方を実践ていかなければ不十分なのです。

そもそもミネラルとは

ミネラル

ミネラルとは酸素・水素・窒素・炭素以外の有機物に含まれている必須元素のことで、

  • ビタミン
  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質

と並ぶ五大栄養素の一つです。

ミネラルの種類についてはこちら⇒ミネラルは身体の必須元素!

サプリメントによってCPPを摂取できる

食品の中でも特に乳製品にCPPが多く含まれており、カルシウム摂取目的でも乳製品は毎日少しずつ取り入れたいものですが、乳製品が苦手な方もいることでしょう。また乳製品には脂肪が比較的多いため、生活習慣病を患っている方などは気を付けなければなりません。乳製品を多く摂ることができない、または、乳製品が苦手な方はCPPを含むサプリメントを利用することでそれらを解決することが可能です。CPPのサプリメントは毎日摂取しても健康に悪影響を及ぼすことはありませんし、手軽に毎日摂取することができます。

外食などが続く方は特にサプリメントを利用してCPPを取り入れていくといいでしょう。しかしこの時に気を付けたいのは、単にCPPだけを摂取すればいいのではなく、ミネラルも同時に摂らなければなりません。

そのため、

食事やサプリメントでミネラルを摂取し、同時に乳製品やサプリメントでCPPを補う

ことが大切です。

CPPを多く含む食品について

カルシウムを始め様々なミネラルの吸収を促進してくれるCPPですが、どのような食品に含まれているのでしょうか。

CPPは

  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 生クリーム

などの乳製品に豊富に含まれています。乳製品は毎日の食生活の中に取り入れていきやすい食材です。しかし健康維持のためには乳製品は多少気を付けたい面もあるのです。

牛乳については乳糖が含まれており、中には分解する能力がなく下痢を引き起こしてしまう方もいます。そういった方は牛乳をあまり飲むことはできません。そんな場合には代用品としてヨーグルトをお勧めします。ヨーグルトは生きた乳酸菌が豊富に含まれており、発酵食品としても知られています。ヨーグルトなら健康を損ねることなくCPPを効率的に摂取することができます。

ヨーグルト

チーズも発酵食品でカルシウムもたっぷり含んでいる理想的な食品です。毎日の食生活に取り入れやすいですし、おやつの代わりとしても手軽に食べることができます。チーズを食べることでカルシウムとCPPの両方を摂取することが可能です。

カルシウム不足とCPPの効果

日本人の多くが摂取不足と言われている栄養素はカルシウムです。昔の日本人は魚をまるごと食べるという食習慣でしたので、魚の骨などを毎日のように食べることできちんとカルシウムを摂取することができていました。また土壌もカルシウムなどの栄養素がたっぷり含まれていたので、野菜にもミネラルがしっかりと含まれていたものです。しかし今では洋食などが多くなり、昔ながらの和食を食べる習慣もなくなってきています。また栽培される野菜にもカルシウムなどの栄養素が少なくなっていっています。

現代の日本人は慢性的に不足しているカルシウムをきちんと摂取していくことが必要になりますが、こは食生活の改善だけではなかなか難しくなっています。しかしカルシウムを多く摂取しなければ骨粗しょう症などになっていく心配が出てきます。カルシウムを摂取できるように食生活を少しだけでも改善したり、毎日小魚を食べるようにしていく努力が必要な時代になっています。

カルシウムを摂取する際に同時にCPPも一緒に取り入れていくようにすることで健康維持に一層役立っていきます。カルシウムの不足は骨粗しょう症以外にも動脈硬化脳卒中を引き起こすと言われており、全身の健康維持のためにもカルシウムとCPPを一緒に摂取することが非常に重要なのです。

CPP(カゼインホスペプチド)はミネラル吸収に欠かせない【同時に摂取しよう】のまとめ

健康維持のために必要なミネラルの吸収を高めるCPPは毎日少しずつ取り入れていきたいものです。乳製品ばかり摂るのが難しければCPPを含むサプリメントを栄養していけば気軽に摂取が可能です。

関連記事

  1. [監修済] 骨の健康維持に欠かせないカルシウムを効率よく摂る方法…
  2. [監修済] ストレス緩和におすすめなカルシウムの摂り方
  3. カルシウムの効果は骨だけじゃない?【豆乳よりも牛乳で!】
  4. [監修済] DHC カルシウム&マグ
  5. カルシウムと血圧の関係【不足すると高血圧に?】
  6. カルシウムの食品ごとの吸収率【吸収効率を上げるためには?】
  7. カルシウムとマグネシウムで骨と歯を丈夫に!【ミネラルは生命維持に…
  8. ケールが持つ驚きの効能とは?【便秘解消だけじゃない!】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP