カルシウム

[監修済] カルシウムを普段から摂り過ぎたらどうなるのか?

カルシウムは子供が成長するために必須な栄養素です。そのため、幼い頃は学校の先生や親に必ず牛乳を飲みなさいとか乳製品を摂取しなさいといった話を聞かされたことがあることでしょう。しかし、摂り過ぎたらどうなるかは教えてくれませんでした。そこで、今回はカルシウムを摂り過ぎたらどうなるかを紹介します。

カルシウムを摂り過ぎるとどうなるの?

カルシウムは大切な栄養素ですが、子供であれ大人であれ、絶対に摂取する必要がある栄養素です。そのため、サプリメントとしてもカルシウムを含んでいる商品がたくさん日本には存在しております。しかし、逆に健康に気を使いすぎて過剰摂取してしまう人もいるでしょう。しかし、一説にはカルシウムは過剰摂取したとしても体内に吸収する量を身体が調整してくれるようになっているため、心配はないと言われているのです。余剰分は腸が量を調整して尿や便として外に出すよう作用が働き、人体に対する悪影響はほとんど生じることは無いと言われています。

一方、海外の論文ではカルシウムの摂り過ぎは死亡率の上昇に繋がりなんと2.6倍にまで跳ね上がる、という非常に怖い情報が提供されているようです。厚生労働省では摂り過ぎても問題が起きる事が非常に稀であるとされているので、どちらを信じるかはその人次第といった状態になっています。

カルシウムが摂り過ぎると危険という部分を詳しく

海外の論文でカルシウムの過剰摂取は死亡率が上昇するというものがありましたが、何も根拠なしでこのような記載をしているわけではありません。実際に論文を報告した方々は19年間も50歳以上のスウェーデン人女性の6万人以上を対象にして調査し続けていました。

基本的に、欧米人のカルシウム平均摂取量は1日600~1000mgです。調査結果によると一日1400mg以上摂取していると1000mg以下の人と比べると死亡率が1.4倍ほど高くなり、さらにサプリメントによって補っていた方は死亡率が高くなり、約2.5倍という恐ろしい数字となっていました。

この死亡率が上昇してしまうのは、カルシウムを必要以上に摂り過ぎることで色々と危険な作用が働くようになるので、非常に危険だから摂り過ぎは駄目だという結論になっているようです。

あくまで、過剰摂取しているとNGであって、カルシウムそのものが危険だということを説明しているわけではないことを理解しておいてください。カルシウムを摂り過ぎると危険な状態になりやすいのです。カルシウム不足も深刻な問題を招きますので、自分の摂取量がどのくらいになっているのかを食事を振り返って確認し、足りていないなら増やして多すぎるなら減らしましょう。

カルシウムの摂り過ぎが危険な理由と症状

カルシウムを摂り過ぎている方は危険な作用が働きやすいとのことですが、なぜこのようなことが発生しているのかというと、過剰なカルシウム摂取は血中のカルシウム濃度が上昇してしまうので、世間一般で知られるドロドロした血液になってしまうのです。こうなってしまうと、コレステロールを過剰摂取している時に起きることと同じようなことが発生するので、危険な状態になりやすくなるということなのでしょう。

それ以外にも、血中のカルシウム濃度が高くなってしまうと、それ以外にも様々な悪い影響が発生するようにもなると言われています。しかし、血液検査でカルシウム濃度がどうなっているかはすぐにわかるので、摂取しすぎと言われた場合はすぐに止めるようにしましょう。

カルシウムを摂り過ぎないように目安を教えて

摂り過ぎると危険なカルシウムですが、一日の摂取量を理解しておけばこのような事態にはならないでしょう。この目安は国や機関によってまちまちになっているのですが、ここは日本なので、日本の厚生労働省が定めている数字を記載します。厚生労働省によると、男女、全年齢階級共通の数字として1日カルシウム摂取量上限は2500mgとしております。

ちなみに、先ほどの数字は上限であり、推奨されている量は男性の成人の場合650~800mgで女性の成人は650mgといったところになっています。しかし、実際には日本人は500mgぐらいが摂取量になっているので必要と言われている量には達していないのです。

ただ、気になる数字として上限が2500mgとされているところです。先ほどの海外論文の記述と照らし合わせると1400mgでも死亡率が上昇しているので、そのことを踏まえると2500mgではなく、1000mg程度に抑えるようにしたほうが無難なのかもしれません。

しかし、一般的に考えると現代日本のカルシウム摂取量が1000mgを超えるということは、2倍は摂取するということになるので、なかなか起こりうることではないでしょう。むしろ過剰摂取を気にするあまり摂取量が不足することの方が問題なので、不足している分はサプリメント等で補うようにしてください。

「カルシウムを普段から摂り過ぎたらどうなるのか?」のまとめ

カルシウムは人体において必須な栄養素で摂取することは非常に大切ではありますが、摂り過ぎると死亡率が高まるという恐ろしいデータがあるので、過剰摂取は控えたほうがいいでしょう。ただし危険なのは摂り過ぎた場合で、日本人の場合は逆に摂取量が足りていないので推奨されている量は摂取するようにしてください。

関連記事

  1. CPP(カゼインホスペプチド)はミネラル吸収に欠かせない【同時に…
  2. ミネラル不足の悪影響【食べ物で解決しよう!】
  3. [監修済] 骨や歯を強くするサプリメント
  4. ミネラルは身体の必須元素!【たくさんの種類がある】
  5. [監修済] ナトリウムの摂り過ぎの弊害はこうして起きる
  6. [監修済] 妊婦さん向けのEお母さんペプチドミルク・ミルクティー…
  7. カルシウムとマグネシウムで骨と歯を丈夫に!【ミネラルは生命維持に…
  8. [監修済] 骨の健康維持に欠かせないカルシウムを効率よく摂る方法…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP