ダイエット

希少糖効果で食べながらダイエット?【食べても太らないレアシュガー】

希少糖は今世界中で注目されている成分です。なぜ注目されているのか?それは、希少糖には食べても太らないという驚くべき効果があるからなのです。糖質といえばダイエットの天敵ともされていますが、ダイエット中でもどうしても甘いものが食べたくなるものです。ダイエット中の摂取は避けるのが望ましい糖質ですが、希少糖はむしろ摂取した方が良い糖質なのです。甘党の方にはうれしい情報です。

甘党に朗報!

甘党の方、大変長らくお待たせいたしました。「食べても太らない」そんな夢のような糖【希少糖】の情報をゲットしましたので、ご紹介していきます。

サプリコンシェル管理人も大の甘党でございます。生クリームたっぷりのケーキから、あんこたっぷりの大福、甘いものなら和洋中オールOK!というほどの甘党です。しかし甘いものを食べると困るのは体重です。やっぱり糖質って太るんですよね。それに中毒とまではいきませんがクセになります。何かあるごとに「甘いものが食べたい」と思ってしまうのです。

  • 食べたいけど痩せたい
  • ダイエット中でも甘いものを食べたい

という方におススメなのがこの希少糖なのです。

希少糖とは?

希少糖太らない砂糖と言われる、夢のような糖です。そもそも糖と一言でいってもたくさんの種類があり、単糖や単糖が2つつながったもの(二糖)オリゴ糖から多糖まで多くの種類があります。

オリゴ糖についてはこちら⇒オリゴ糖の効能と効果

自然界に存在する糖で大量に存在する単糖はブドウ糖、果糖など7種類があります。希少糖は約50種類ほどが確認されていますが、文字通り希少な糖なのです。キシリトールも希少糖の一つです。希少糖はレアシュガーとも言われていて、一般の人が手にする機会はほとんどありませんでした。それほど希少なものならば効果も期待してしまいます。

希少糖は香川県が熱い!

「希少糖は香川県が熱い」と言われる理由は香川大学にあります。希少糖はとても希少であるために、商品化して流通させることが難しかったために、今まで私たち消費者に手が届くことはありませんでした。

しかし、香川大学農学部の何森健教授の30年以上にわたる研究により、1990年初頭、希少糖を生産する酵素系が発見されました。これにより一部の希少糖を大量生産できるようになりました。何森教授様様ですね。

甘党を代表してお礼を申し上げます(勝手に代表になってることはどうかご了承ください。詳しい経緯は香川大学希少糖研究センターのHPに書かれていますので、是非チェックしてください。

希少糖の驚くべき効果とは?

希少糖は50種類以上ありますが、その中でもD-プシコースと呼ばれる希少糖の研究が進んでいます。D-プシコースの注目したい効果はやはり、ダイエット効果です。D-プシコースには食後の血糖値上昇を緩やかにする効果内臓脂肪の蓄積を抑える効果があります。

それは後ほどご紹介するとして、その他にもD-プシコースには

  • 動脈硬化の抑制
  • 虫歯になりにくい
  • 寿命延長作用

といった健康にうれしい効果があります。

糖はあまりとりすぎると健康によくないといわれていますが、希少糖(D-プシコース)は、逆に摂取することで健康になる糖質なのです。

希少糖のカロリーはほぼゼロ!?

ダイエットをしている人や生活習慣病を気にしている方は、やはりカロリーが気になります。希少糖といえども、やはり糖。多少はカロリーがあるとお思いかもしれませんが、実はカロリーはほぼゼロ!なのです。砂糖の7割程度の甘さがあるといるれる希少糖(D-プシコース)ですが、それにもかかわらずカロリーはほぼゼロです。これもダイエットへの効果の一つですね。希少糖にはその他にも様々なダイエット効果があります。

希少糖でダイエット成功?肥満防止の最終兵器

さて、希少糖に期待を抱いているダイエット実践者の皆さま、大変お待たせいたしました!管理人も大変期待しています希少糖のダイエット効果をご紹介していきます。

その前に、

甘いものを食べるとどうして太るのか?を考えた事はありますか?

もちろんカロリーがあるということは、必要以上に摂取してしまうと脂肪となり蓄積されますが、砂糖などを摂取することで急激に血糖値があがるというのが太る原因なのです。砂糖は身体に吸収されやすく、急激に血糖値を上げてしまいます。そして、急激に血糖値があがってしまうと、糖が脂肪として体に蓄積されやすくなってしまいます。これが原因です。最近のダイエット法で「食べ順変えダイエット」というものが流行っていて、ダイエット効果が大きく結果を出す人が増えています。テレビなどでも特集されていました。あのダイエットも、ご飯(お米)を最後に食べるようにしています。

スープ→野菜→メイン(肉や魚)→お米

といった順番で食べるだけで急激な血糖値の上昇を抑えダイエット効果を目指します。食べる量は同じでも効果は絶大です。

では、D-プシコースのダイエットに効果がある働きを見ていきましょう。

食後の血糖値上昇を抑制

ダイエットするにはカロリー制限と急激な血糖値の上昇を抑えるのは必須です。砂糖を摂取すると急激な血糖値が上昇しますが、D-プシコースであれば血糖値の上昇を抑えられて、しかもカロリーはほぼゼロです。

動脈硬化抑制効果

動脈硬化とは動脈コレステロールや中性脂肪などが蓄積され、弾力性や柔軟性を失い硬くなる症状です。その結果、血液の流れが悪くなったり、最悪なケースになると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因になることもあります。

希少糖D-プシコースは血中の脂質を低下させることによって動脈硬化を抑制する効果があります。ダイエット効果だけではなく、健康にも希少糖はおすすめです。

希少糖ソーダを飲んでみたい

希少糖をつかった商品はすでに販売されていて、そのひとつが伊藤園の「希少糖ソーダ」です。通販でも買う事ができますので、ジュースが飲みたいけど糖質が気になるという方は、伊藤園の「希少糖ソーダ」をチェックしてみてください。

砂糖の代わりに希少糖

普段の食生活に使われてている砂糖を希少糖に変えるだけで、カロリーダウンはもちろん、ダイエット効果を得られたり、動脈硬化のリスクを軽減させることができます。メタボ気味の方にもおすすめです。

メタボ

実際に料理に使う砂糖を希少糖に変えただけで痩せたという方もいるぐらいです。味も砂糖と大差はありませんので、切り替えて見るのも良いかもしれません。

通販市場でも希少糖がじわりと拡大しています。

少し前までは希少糖を手に入れることは難しいとされていましたが、今では通販で手軽に希少糖を手に入れることができます。

希少糖効果で食べながらダイエット?【食べても太らないレアシュガー】のまとめ

私もそうですが、普段の生活で疲れた時などは、甘いものがどうしても欲しくなります。食べたらホッと落ち着く感じがするのですが、そのあとには必ず「あぁ~食べちゃった」と後悔します。しかし希少糖ならその後悔もなさそうです。コーヒーに入れたり、砂糖のかわりにと料理にも希少糖は使えるので、ダイエット時の「甘い味がほしい」症候群が出た時には最高の糖です。

関連記事

  1. [監修済] ダイエットのためにビタミンEとメリロート
  2. カテキンの効能と効果について【効率よい摂取方法】
  3. アラニンでお肌の乾燥対策!【冬場のスキンケアに】
  4. アスタキサンチンの効能と効果【天然色素の秘密に迫る】
  5. ケールが持つ驚きの効能とは?【便秘解消だけじゃない!】
  6. [監修済] グリコーゲンと血糖値の関係は?
  7. [監修済] トマトリコピンのサプリメントでダイエット
  8. タンニンの美肌効果!【渋いポリフェノール】

ピックアップ記事

  1. 内臓脂肪mのイラスト
  2. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP