カリウム

ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】

ヤーコンという植物はあまり聞いたことがないかもしれませんが、ダイエットをしたい方や、血糖値が気になる方には良い食品だと言われています。今回は健康に役立つ食品ヤーコンの栄養と、その摂り方についてご紹介します。

芋のようでいて梨のような食品ヤーコン

ヤーコンの原産地はアンデス山脈で、キク科に属している植物です。ヤーコンは約二メートルほどの高さにまで育ちます。サツマイモのような形の根っこの部分は食べることができます。ヤーコンの見た目はサツマイモのようですが、味は梨に似てほのかに甘く、食感はシャリシャリしています。

原産地は南米ですが、現在は北海道や四国の香川県などでも栽培されているようです。日当たりの良い場所であれば、それほど手間もかからず育てることができるので、家庭菜園で個人で育てている方もおられるようです。また虫や病気にも強いほうなので、無農薬で育てることもできるので、そういった面でも自分で育てて安心して食べられる植物です。

フラクトオリゴ糖が摂れる食品ヤーコン

ヤーコンはフラクトオリゴ糖を豊富に含んでいる食品です。フラクトオリゴ糖とはオリゴ糖の一種で、ヤーコンの甘みを作り出している成分です。糖質ですが、人の消化酵素では分解されにくい構造のため、小腸で吸収されることなく大腸に直接行き着くと言われています。カロリーも100gあたり約54キロカロリーとあまり高くないので、ダイエット中でも安心して食べることができます。

フラクトオリゴ糖についてはこちら⇒フラクトオリゴ糖はダイエットにもおススメ

また、フラクトオリゴ糖は大腸に存在している善玉菌の栄養になります。そのため腸の中の善玉菌を増やすことができます。そのため便秘を解消する効果を期待できます。ある研究では1ヶ月程、約10g程のフラクトオリゴ糖を毎日摂取すると便通が良くなったという報告もされていました。

腸の状態を良くすることは体全体の健康にもつながります。人の免疫力は腸の健康が関わっているとも言われています。また、腸の働きが良くなることでリラックスするのに欠かせない副交感神経を優位にすることもできます。

ヤーコンの芋のような部分には100gあたり約9gと豊富なフラクトオリゴ糖が含まれています。

ヤーコンの葉に含まれる栄養とその摂り方

ヤーコンはその根の部分だけではなく、その葉や茎の部分にも栄養が含まれています。葉っぱは矢のような形をしているのが特徴で、この部分にもフラクトオリゴ糖が含まれています。

また、ヤーコンはポリフェノールも豊富です。ポリフェノールには抗酸化力があります。様々な老化現象には活性酸素が関係していると言われていますが、ポリフェノールはこの活性酸素の働きを抑える作用を持っています。

ポリフェノールについてはこちら⇒ポリフェノールの驚きの種類!

またヤーコンの葉の部分には食事をとった後の血糖値が急上昇してしまうのを抑える働きもあるとされています。食べ物を食べると血液の中の糖の濃度が高くなり、血糖値が急上昇します。急上昇した血糖値は急降下もしやすくなります。その状態は体の疲労感にもつながってしまいます。ですから血糖値の急激な上がり下がりを防ぐためにもヤーコンの成分は役立つと言えます。

また、ウーロン茶とヤーコンの葉をまぜたものを摂取したマウスの中性脂肪や、コレステロールが減っているとの報告もありました。このことから、お腹周りの脂肪が気になる場合にもヤーコンが役立つことを期待できます。

メタボ

ヤーコンの葉などの摂り方としては、家庭菜園などをされている方は葉を乾燥させて、自分でお茶にして摂る方法があります。またヤーコンのお茶も販売されているので市販のものからでも摂ることができます。ヤーコンにはカフェインが入っていないので、ヤーコンのお茶は寝る前でも摂ることができます。食後の糖の濃度などを気にする場合は、食前に飲む事でヤーコンの作用を期待できます。

ミネラルも豊富な食品ヤーコンの摂り方

ヤーコンにはカリウムやカルシウムなどのミネラルも含まれています。しかし、体にうれしい作用が入っているヤーコンを食品売り場で見かけても、どう食べればいいのか知らなければ、なかなか手が出ないものです。ヤーコンは見た目はサツマイモですが、生で食べることができるので調理はとても簡単です。

皮をむき小さく切って、サラダボウルに加えて食べることもできますし、ミキサーにかけてスムージーとして飲む事もできます。

ヤーコンは

  • 煮物
  • 揚げ物
  • 炒め物

など、調理法を選ばないので、用途が幅広く自分の食べやすい方法で摂り入れることができます。生で食べる場合は、水にさらしてあく抜きをしておくと良いです。

ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】のまとめ

ヤーコンはその根の形が似ているサツマイモ程はまだ知名度はありませんが、腸の環境を良くするフラクトオリゴ糖を豊富に含んでいます。また血糖値の上昇を抑える働きを期待できたり、ダイエットにも役立つ作用があると言われている食品です。ヤーコンの葉にも根にも栄養が含まれているので、葉の部分はノンカフェインのお茶として摂取したり、根の部分はサラダや炒め物にしたりと、自分に合った摂り方ができます。またサプリメントの形で摂ることもできます。

関連記事

  1. [監修済] ペクチンの驚くべき便秘の改善・解消効果について
  2. [監修済] 緑茶を飲んで血糖値の上昇を抑える
  3. 青汁を選ぶなら栄養豊富なケールがおすすめ!【睡眠サポートにも!】…
  4. [監修済] キトサンで血糖値をコントロールして成人病を予防しよう…
  5. [監修済] 明日葉で便秘解消
  6. カルシウムの食品ごとの吸収率【吸収効率を上げるためには?】
  7. [監修済] コレステロール値が気になる人にココナッツオイルが良い…
  8. [監修済] 高血圧とカリウムの関係性について徹底解明

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP