ラクトフェリン

[監修済] 人の初乳に多く含まれているというラクトフェリンの働きと効能について

赤ちゃんが胎内から出て初めて飲む母乳に含まれているラクトフェリンには細菌やウイルスから赤ちゃんを守ってくれる成分があるといわれています。ラクトフェリンには具体的にどんな働きや効能があるのかを考えます。

ラクトフェリンの特徴

ラクトフェリンは哺乳類のお乳などに含まれる免疫成分であり、ウイルスなどからの感染を防止する効能があるタンパク質です。涙や水駅、血液などにも存在しますが、哺乳類のなかでも特に人、それも出産後から数日の初乳に多く含まれているといわれています。赤ちゃんが生まれてすぐに口にするのがラクトフェリンを豊富に含む母乳であり、唯一の栄養成分であるだけでなく免疫力がない赤ちゃんを細菌やウイルスなどから守ってくれる成分が含まれているのです。

初乳と3週間後の母乳を比較するとラクトフェリンが3分の1程度に減少してしまうそうです。このころからもいかに赤ちゃんにとって初乳が重要な意味をもっているかがよくわかりでしょう。多機能タンパク質の一種でもあるラクトフェリンは鉄と結合しやすい特性があるため赤味がかった色をしており、牛乳のなかの赤いタンパク質ともいわれています。人間をはじめとする哺乳類の乳や体液の一部にも含まれていますが、初乳に含まれるラクトフェリンの濃度は牛乳の10倍ほどもあるといわれています。

ラクトフェリンとダイエット

ダイエットの天敵といわれるのが脂肪です。体内に脂肪が蓄積されることによって生活習慣病や肌荒れなど様々なトラブルが生じることがあり健康を損なうリスクが高くなってしまいます。脂肪、ダイエットというキーワードには女性はとても敏感で脂肪を分解する酵素がリパーゼであることもすでに御承知のことでしょう。しかし実は、脂肪はペリリピンという物質で自らにバリアを施しリパーゼの影響を受けにくくしているのです。ラクトフェリンはこのペリリピンを減少させる働きがあるためリパーゼの分解能力を高めてくれます。さらに、脂肪が合成されるのを抑制する働きもみとめられているためダブルの効果でダイエットをサポートしてくれるのです。

ダイエットとも関連が深い症状のひとつに便秘があります。老廃物や有害成分などが排出されない状態が続くと腸内環境がさらに悪化するとともに脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。ラクトフェリンには腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる働きがあり、腸内環境を良好に保って便秘解消にも効能があるといわれています。便通がよくなれば血行や新陳代謝も促進されるためダイエットしやすい体をつくることができます。

ラクトフェリンと美肌

ダイエットとともに女性の関心が高いのはアンチエイジングで特に美肌でしょう。美肌の敵には紫外線やストレス、食生活などもありますが最も大きな原因となるのが加齢や老化です。また、肌だけでなく体のなかからも細胞を錆つかせ老化させていく原因が過剰な活性酸素です。紫外線を受けることで表皮の内側に活性酸素が大量に発生してシミやくすみができてしまうのは有名な話ですが、パソコンやテレビや携帯電話の液晶画面などからの電磁波を多く受けることによっても活性酸素が発生することについてはあまり知られていません。屋内で生活していても活性酸素を体内に溜めこんでしまう肌が老化しやすい環境下にあるといえるのです。

ラクトフェリン活性酸素を除去する働きである抗酸化作用にも大きな効能があるといわれています。活性酸素のなかでも酸化力が強いとされているのがヒドロキシラジカルですが、ラクトフェリンを摂取することによって体内のヒドロキシラジカル生成を抑制することができ、結果として酸化を防いで老化の予防にもなります。また、一説には人の肌にはラクトフェリン受容体が存在しており、コラーゲンや得ラスチンをつくりだす肌の細胞にラクトフェリンが直接届いて働きかけることで肌の状態を根本から改善することに関わっているのではないかともいわれています。

ラクトフェリンと免疫機能

ラクトフェリンは初乳とともに涙や唾液にも含まれており、外部からのウイルスなどの侵入を阻止してくれています。赤ちゃんに強い免疫力を与えるラクトフェリンは大人の免疫機能を強化する効能もあると考えられています。人間の免疫力は白血球の中にある免疫細胞によってコントロールされています。主な免疫脂肪としては、T細胞、B細胞、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞などがあり、体内に侵入したウイルスや細菌と戦って体を守ってくれています。

ラクトフェリンはウイルスそのものに作用して増殖を防ぐ働きがありますが、同時にナチュラルキラー細胞を活性化して免疫力をアップさせる効果があるといわれています。T細胞やB細胞が体に異変が生じてから活動を始めるのに対して、ナチュラルキラー細胞は常に血液中を循環しながら異変を見つけた時点でウイルスなどに対応、処理します。大きく体調に異常をきたす前段階に働きかけるナチュラルキラー細胞を活性化することにより免疫機能を強化する効能があるといわれているのです。

「人の初乳に多く含まれているというラクトフェリンの働きと効能について」のまとめ

初乳に豊富に含まれているラクトフェリンは人間の涙や唾液といった外部からの侵入物に備える場所にも存在しており、免疫機能の強化や美肌、ダイエットなど健康と美容に様々な働きと効能があります。

関連記事

  1. [監修済] シトルリンの働きや効能について
  2. [監修済] 子どもの成長に関係の深いヒスチジンの働きや効能につい…
  3. [監修済] 美しさと健康の為に期待できるごぼうエキスの働きと効能…
  4. [監修済] 乳酸飲料の開発途中に発見されたラクトトリペプチドの働…
  5. [監修済] ミノキシジルの働きや効能はいったいどんなものなのか?…
  6. [監修済] シソ(大葉)の優れた効能とその働きを知っておこう 
  7. [監修済] ヒト由来の成分であるヒトプラセンタの働きや効能につい…
  8. [監修済] 中国茶のひとつとして人気の杜仲茶の体への働きや効能に…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP