がん予防

ポリフェノールで活性酸素を除去しよう!【アンチエイジング効果で健康維持】

ポリフェノールは私たちの健康な生活を支えてくれる大切な栄養素です。身体に良いとは聞きますが、どのように私たちの身体で働いているのか、実際の身体の中での働きを見てみましょう。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

活性酸素を増やしてはいけない

活性酸素というのは、簡単に言えば体を錆びつかせてしまう成分であり、老化の原因だと言えます。少量なら問題ないのですが、増えてくるといろいろな悪影響が出てしまうのです。活性酸素は体になくてはならない成分でもあるのですが、多すぎると細胞を攻撃してしまうため、ある程度抑える必要があります。抑えるためには、どのようにして増えるのかを知っておく必要があるでしょう。

活性酸素が増える原因はいろいろとあります。例えば喫煙紫外線ストレス食生活の乱れ睡眠不足などです。まず喫煙は誰でも簡単に止められるので、タバコを吸うべきではありません。しかもタバコは周りの迷惑になるので、何1つよいことはないのです。

食生活もある程度自分で注意することができるのですが、仕事の関係で乱れてしまうケースもあるでしょう。このようなときにはサプリメントの利用もおすすめできます。

睡眠不足や紫外線はかなり防ぐのが難しいのですが、最も大変なのがストレスです。現在はストレス社会と言われているように、ストレスが溜まるような世の中になっています。そのため、ストレスをうまく解消する方法を見つけておくことが重要です。それでも完全に防げるわけではないので、活性酸素の除去に最適なポリフェノールの力を借りるのです。

ポリフェノールの効果

アンチエイジングに最適と言われているポリフェノールですが、どのような効果があるのでしょうか。もちろんアンチエイジングの効果があり、老化の原因でもある活性酸素を減少させてくれる効果があります。これが最も大きな効果だと言えるでしょう。もちろんこれだけではなく、他にもいろいろな効果が期待できるのです。例えば脳梗塞や動脈硬化の予防もできますし、がんの予防にもよいと言われています。

さらにコレステロールを下げてくれる効果や、高血圧の予防にもよいと言われているので、生活習慣病に効果があるといえます。もちろん糖尿病の予防にも最適です。肝機能の向上殺菌効果もあるので、かなり体によい成分だと言えるでしょう。ホルモン促進作用もあるので、更年期障害を防ぐためにも効果的です。

これだけの効果が期待できるので、ポリフェノールをしっかりと摂取するようにしている人もたくさんいます。そんな中でも特に注目されているのが、アンチエイジング効果でしょう。アンチエイジングというのは、簡単に言えば老化を遅らせることです。年を取ることを遅らせることはできませんが、肉体の衰えを遅らせることは不可能ではありません。

ポリフェノールには他にもこんな効能が!ポリフェノールで美肌効果を実感!

ポリフェノールが含まれている食材

ポリフェノールが含まれている食材と聞いて、思い浮かぶものは何かと聞けば、多くの人は緑茶コーヒー赤ワインなどを指すでしょう。もちろんこの答えは正解です。そんな中でも赤ワインが最もポリフェノールの量が多いと言われています。

ちなみに食品100ml・100g当たりのポリフェノールの量は、

  • 赤ワイン230mg
  • コーヒー200mg
  • 緑茶110mg
  • ブルーベリー250mg
  • ブドウ192mg
  • プルーン189mg

となっています。

ただ覚えているだけでは意味がないので、きちんと摂取するようにしましょう。例えば毎朝コーヒーを飲み、夕食時にはお茶を飲むと決めておくだけでも、しっかりとポリフェノールを摂取することができるので、アンチエイジング効果は十分期待できるでしょう。

おなじみの烏龍茶にもポリフェノールが!⇒烏龍茶の効能・効果と活用術 烏龍茶で生活習慣病予防! 烏龍茶で美肌を手に入れる! 烏龍茶の虫歯予防効果!

上記で紹介した6種類以外にも、

  • リンゴ
  • ラフランス
  • サクランボ

などにもポリフェノールはしっかりと含まれています。朝に果物を食べるとよいと言われているので、どれかを食べておくと効果的です。

上手に摂取する方法

いくらポリフェノールにアンチエイジング効果があるとは言っても、過剰摂取はいけません。これはポリフェノールに限ったことではなく、他の成分であっても同じことが言えるでしょう。あくまで適量摂取するからこそ体によいのです。しかも赤ワインはお酒なので、過剰摂取すれば肝臓にも負担がかかります。糖分も多いので、逆に糖尿病の原因になってしまうこともあるでしょう。このようなことをなくすためには、バランスよく食材を選ぶことも重要です。

毎回同じ食材や飲み物でポリフェノールを摂取していると、栄養が偏ってしまう原因にもなるので注意しましょう。他にも注意点があるのですが、それは寝る前に大量摂取をしないことです。ポリフェノールは眠気を覚ます効果もあるので、睡眠前に飲むと寝付きにくくなってしまいます。そのため、寝る間際に摂取するのは止めましょう。逆に朝起きたときに飲むのはスッキリとするので効果的です。このように摂取の方法も覚えておくとよいでしょう。

ポリフェノールで活性酸素を除去しよう!【アンチエイジング効果で健康維持】のまとめ

ポリフェノールは以前から注目されている成分であり、サプリメントなどにもよくもちられています。しかし、過剰摂取には十分注意しましょう。

関連記事

  1. テアフラビンは紅茶に多く含まれる【健康に良い効果がたくさん】
  2. [監修済] コレステロール値が気になる人にココナッツオイルが良い…
  3. バナジウム バナジウムでむくみを解消!【むくみに効く働きとは?】
  4. クリプトキサンチンの効能と効果【美容や健康など広範囲にわたる】
  5. 茶エキス(緑茶エキス)には健康成分がいっぱい【カテキンのほかにも…
  6. 〇 × βカロテンと喫煙との関係【極端な過不足は避けよう】
  7. トマトのイラスト トマトエキスで錆付き防止!【トマトエキスの効能】
  8. パントテン酸でストレスに負けない身体を!【ストレス対策に欠かせな…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP