妊娠

妊娠初期に葉酸が必要な理由【具体的な摂取量】

妊娠初期の葉酸の必要性について、厚生労働省も積極的摂取を推奨しています。なぜ妊婦に葉酸が必要なのでしょうか?妊娠中はもちろん、授乳中まで葉酸を摂取し続けるのがいいとも言われていますが、特に妊娠初期は葉酸を摂るべきと医師も推奨しています。なぜ葉酸が必要なのか、その理由と葉酸の摂り方を紹介します。

妊娠初期に葉酸が必要なのはなぜ?

葉酸は水溶性のビタミンで、ビタミンB群に分類されます。ほうれん草など青物野菜に多く含まれています。赤血球を作るために欠かせない成分という事もあって、造血ビタミンとも呼ばれます。葉酸は妊娠初期の妊婦に欠かせない物として、厚生労働省でも積極的な摂取をすすめています。葉酸はビタミンB群の一種ですから、なんとなく体にいい事はわかりますが、なぜ妊娠初期に必要とされるのでしょうか?

スムーズな細胞分裂をサポート

妊娠初期の胎児はまだ胎芽という状態で人の形をしていません。少しずつ成長して行きますが、妊娠初期は神経や脳、脊髄など体の重要な部分が形成される時期でもあります。刻一刻と細胞分裂を繰り返し、胎児へと成長していく過程で、葉酸は細胞分裂がスムーズに進むようサポート的な役割をします。

先天性障害や流産・死産の予防

妊娠初期に葉酸が不足すると細胞分裂がうまくいかなくなり、赤ちゃんの先天性障害の1つでもある神経管閉鎖障害のリスクが高まります。

他にも葉酸不足により、

  • 無脳症
  • 脳への障害
  • 流産
  • 死産

というリスクが高まる事も確認されています。葉酸は健康維持にも欠かせない栄養素ですが、妊娠初期の妊婦には通常よりも多くの葉酸が必要です。葉酸を摂らなくても無事に産まれる赤ちゃんはいますが、リスクがある以上はリスクを回避する対策として、葉酸の摂取を推奨しているのです。

妊娠初期っていつ?いつからいつまで葉酸を摂取したらいいの?

妊娠初期といっても、漠然としているので葉酸が必要な時期を細かく見ていきましょう。

神経管閉鎖障害のリスクが高いのは、妊娠0週から11週までと言われています。妊娠初期というのは妊娠1ヶ月から4ヶ月に該当しますが、人によっては妊娠している事に気づかない事もあります。気づかなくても既に赤ちゃんは成長し始めていますから、お腹の中では、神経や脳、脊髄といった重要な部分が細胞分裂により形成されていきます。

妊娠1ヶ月でも妊娠に気づく方は少なく、ほとんどの方は妊娠2ヶ月以降に気づきます。この時点でも妊娠初期ですが、ここで慌てて葉酸を摂取しても、既に神経や脳、脊髄は形成され始めているか、形成されているので遅いのです。もちろん葉酸は、妊娠初期以降にも摂取するメリットはありますし、大抵の場合は授乳完了まで続けます。

今は厚生労働省や医師も妊婦に葉酸の摂取をすすめていますし、母子手帳にも葉酸の事が記載されるようになっています。妊娠に気づいてから慌てて葉酸を摂取しても、リスクがある以上万全とは言えません。妊娠検査薬でも妊娠しているかどうかチェックできますが、妊娠初期を見極めるのが難しい事から、今は妊活中や、妊娠を意識した時から葉酸を取り入れる方が増えています。

葉酸は造血ビタミンと言われるように、赤血球を作るのに欠かせない物です。妊娠中は貧血になりやすいので、妊娠中期や後期も葉酸は必要です。母乳は母親の血液から作られますので、葉酸を摂取すると母乳の出が良くなる事から、授乳完了まで続けるのが一般的です。

葉酸の摂取量と注意点

葉酸は妊娠の周期により必要量が変わります。妊娠中や授乳中は多少多めに摂っても問題ありませんが、葉酸は過剰摂取によるリスクもあるので、必要量を把握しておく事が大切です。

葉酸

  • これから妊娠を希望している
  • 妊娠を予定している

という妊活中から取り入れるのがおすすめです。今は妊娠中も授乳中も安心して飲める葉酸サプリメントがありますので、長く続けられる物を選ぶのもポイントです。

妊活中の摂取量

妊活中に葉酸を摂取すると、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい状態に導く効果が期待できます。妊活中の女性の1日当たりの葉酸の推奨摂取量は640μgとされています。食事による摂取240μgサプリメントによる摂取400μgという摂取を厚生労働省は推奨しています。

妊娠初期

妊娠1ヶ月から4ヶ月目までは、妊娠初期ですから1日に400μgが目安です。サプリメントなら1日あたりの目安が分かるので便利です。食事からも摂取できますが、両方のバランスを考えて過剰摂取にならないよう注意しましょう。妊娠初期に葉酸を摂取する事で、神経管閉鎖障害のリスクを軽減できます。

妊娠中期以降

妊娠5ヶ月から7ヶ月までの妊娠中期と、妊娠8ヶ月から10ヶ月までの妊娠後期は、1日に240 μgが目安です。妊娠中期から妊娠後期に葉酸を摂取すると、流産や早産のリスクを軽減したり、貧血を予防したりする効果が期待できます。

出産後

出産後母乳を与えるなら、葉酸は続けましょう。葉酸の造血作用により母乳の出が良くなると言われています。また出産後の子宮の回復をサポートする効果も期待できます。

妊娠初期に葉酸が必要な理由【具体的な摂取量】のまとめ

妊娠初期の葉酸摂取は、妊娠を考えている人にはもはや常識となっています。最近では妊活中から葉酸を取り入れるようになっています。これは、葉酸には胎児の成長に欠かせない重要な役目があるからです。今は妊娠中も安心して続けられる葉酸サプリメントも増えていますので、積極的に取り入れていきましょう。

関連記事

  1. [監修済] 妊娠をきっかけに葉酸のサプリメントを飲んでいます。
  2. [監修済] 妊婦さんには特に必要な葉酸を含んだ果物とは
  3. キャベツエキスは美容と健康におすすめ【その理由は豊富な栄養成分】…
  4. [監修済] 貧血予防のために鉄分を飲んでいました。
  5. グレープフルーツ グレープフルーツに含まれる栄養成分の不足や過剰摂取の影響【薬を服…
  6. [監修済] 妊婦さん向けのEお母さんペプチドミルク・ミルクティー…
  7. 葉酸はサプリで摂取するのが効果的?【妊娠や貧血にも!】
  8. [監修済] 妊娠中に必要になる葉酸は過剰摂取による副作用にも注意…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP