羊プラセンタ

[監修済] 羊プラセンタはどんな食品なのか、どのような摂り方がいいのか?

様々な健康に良いと言われている食べ物やサプリメントが取り扱われるようになった日本ですが、人によっては名前を聞いてもどのようなものなのかピンと来ないものもあるのです。そこで、今回はまだ知名度が低い羊プラセンタとはどのような食品なのか、摂り方はどうすればよいのかをお伝えします。

様々な健康に良いと言われている食べ物やサプリメントが取り扱われるようになった日本ですが、人によっては名前を聞いてもどのようなものなのかピンと来ないものもあるのです。そこで、今回はまだ知名度が低い羊プラセンタとはどのような食品なのか、摂り方はどうすればよいのかをお伝えします。

羊プラセンタとはどのような食品なの?

まず、プラセンタとは胎盤エキスのことです。つまり、羊プラセンタとは羊の胎盤エキスに該当します。もともと、牛や豚や羊といった生き物は出産した後すぐに血の臭いの除去や栄養補給のために胎盤を食べてしまうのですが、これらの胎盤エキスにはすさまじい量の栄養素が含まれているので、プラセンタは健康に役立つとしてサプリメント業界からものすごく注目されるようになりました。日本でもプラセンタで検索すれば簡単にネット注文で購入することができます。

そのため、羊プラセンタは食品というよりもサプリメントで摂取するのが基本なので、食べるという感覚は持たないでください。サプリメントは薬ではなく食品に該当するので、カテゴリー的に間違いではありませんが、料理して出されるものではないということを理解してください。

羊プラセンタ以外にもプラセンタはあるのか、摂り方は同じ?

プラセンタには色んな成分が濃縮されているので、様々なプラセンタが用意されていると思うかもしれませんが、実際に取り扱われているプラセンタは馬・豚・羊・人の4種類になります。植物由来のプラセンタもありますが、あれは胎座から抽出されて化粧品として使われる成分なのでここでは省いて説明します。

このうち、実際にサプリメントなどで購入できるのは馬・豚・羊です。人由来のプラセンタは医療機関でのみ使用が許されている特殊なものなので、自分たちは気軽に購入できるものに該当しません。

また、摂取方法は基本的にサプリメントからになりますが、豚のプラセンタの場合はドリンクになっているものもあるようです。日本で主流となっているのは豚プラセンタと馬プラセンタなのでほとんどの人がサプリタイプで、他はドリンクタイプで摂っていると考えればよいでしょう。

羊プラセンタは食品として少ないのか?

先ほど、豚プラセンタと馬プラセンタが主流であると記載しましたが、そうなってしまったのは理由があるからなのです。その理由はシンプルで羊プラセンタ日本では製造禁止に該当しているので、気軽に食品として購入できないのです。要するに羊プラセンタを食品として摂取したい方は輸入品に頼るしかないということなのです。

どうして日本で製造されていないのかというと牛でいうところの狂牛病に該当する病気を羊が持っているからです。その病気の名前はスクレイピー伝染病というもので、国内製造を禁止されてしまいました。ただし、この伝染病は人間に感染することは無いと言われているので、そこまで心配する必要はないのではないでしょうか。

羊プラセンタの食品としてのメリットは?

プラセンタは基本的に様々な栄養素を摂取できるという共通的な利点があるのですが、羊プラセンタを食品として摂取した場合、人間のプラセンタと似ているため他の馬や豚といったものよりも、効果を発揮しやすいといった効果があると言われております。

そのため、肌トラブルを解消するためにプラセンタを試したいと考えた場合即効性が高いのは羊プラセンタであるという説も発生しているのです。また、人間のものに近いので拒絶反応のような発疹といったトラブルが発生しにくいとも言われており、安心して摂取することができるでしょう。

また、安全性について疑問視されている方もいるでしょうが食品として考えた場合、スイスの羊プラセンタはアメリカや他の国の期間で安全性が立証されているのでそこまで摂り方を気にする必要はないと言えます。

羊プラセンタの摂り方で考えるべきデメリットは?

羊プラセンタは国内でつくっているものは無いので輸入品が基本となります。摂り方のデメリットというわけではありませんが、輸入品しかないので国産品と比べた場合どうしても値段が高くなってしまいます。これはしょうがない面と言えるでしょうが、安いほうが助かるのが事実なので大きなデメリットと言えそうです。

また、これは海外製品すべてに該当するのですが、日本は衛生管理や品質管理は非常に細かく絶対的な安心感を得られる国です。つまり、海外の安全基準は日本よりも低くなっているので、海外的に安心と表示されていたとしても日本人の我々は信用できないという面もあります。そのため、サプリとして摂ったとしても信用度の面では日本製よりも低い可能性が高いのです。

「羊プラセンタはどんな食品なのか、どのような摂り方がいいのか?」のまとめ

羊プラセンタは輸入品が基本となりますが、輸入品の場合コストや安全面でどうしてもデメリットが出てきます。そのため、羊プラセンタをサプリとして摂取したい方はこれらのデメリットを理解したうえで購入するようにしましょう。

関連記事

  1. [監修済] 美肌効果が高い羊プラセンタの効能や働きについて

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP