アリシン

[監修済] 血液サラサラ!アリシンを含む食品、効果的な摂り方とは

アリシンは血液をサラサラにして、生活習慣病を防いでくれるので積極的に摂り入れていきたい成分のひとつです。さらに、健康だけでなく、活性酸素が増えすぎるのも防いでくれるので、健康と美容のためにも、食品やサプリメントで摂り方を工夫して、とり入れていきましょう!

アリシンを含む食品

アリシンは、血液の流れを良くして、サラサラにしてくれる成分です。そのため、毎日の食生活に積極的に摂り入れていく事で、生活習慣病を防ぎ、更には、体内の活性酸素が増えすぎるのも防いでくれるため、シミやシワができるを防ぎ、アンチエイジングにも効果がある成分のため、男女問わず、積極的に摂って行きたい成分です。アリシンを含む食品の代表的なものは、にんにく、ネギ、玉ねぎなどのユリ科の植物、ワサビや大根などのにも含まれています。いずれの食品にもきょうつうしているのが、臭いが気になるという点です。アリシンは、イオウと同じ成分になるため、臭いが気になる食品が多く、食材によっては辛みなども伴うため、苦手という人もいます。しかし、摂り方を工夫して、上手に摂取していく事で、健康だけでなく、美容にも効果を発揮する食品のため、摂り方を工夫する事が大切です。

アリシンンの効果的な摂り方

アリシンを日常的に効果的に摂取するには、食事などでアリシンを多く含む食品をとり入れる事も大切ですが、やはり気になるのが、臭いです。アリシンを多く含む食材はにんにくや玉ねぎ、にらなどのため、日常的に摂取するには、かなり臭いが気になるという人も多く週末だけというケースもあります。アリシンを含む食品を毎日の食事にとり入れていくには、調理方法などを工夫して、上手に摂取できるように摂り方を工夫する事が大切です。

アリシンを含む食材の効果的な調理法

アリシンは、熱に弱いという弱点があるため、調理法を工夫して食事にとり入れていく必要があります。アリシンを含む食材の調理法に適しているのが、何と言っても油です!アリシンは熱に弱い性質をもっていますが、油を利用する事で分解するのを防いでくれます。このため、野菜いためなどは特に適しているため、にんにくや玉ねぎにらなをを野菜いための食材として使用して摂っていくのもおすすめです。また、この時一緒に豚肉やレバーなどビタミンB1を含む食材を一緒に使用すると、アリシンがビタミンB1の吸収を助けてくれるため、疲労回復にも効果を発揮します。疲れている時にレバニラ炒めや焼き肉を食べると元気になるのは、アリシンとビタミンB1が相乗効果でパワーを発揮しているからなのです。

アリシンを摂り方で注意する点

アリシンは積極的に摂取していく事で、抗酸化作用でアンチエイジングができたり、血液サラサラで生活習慣病を予防したりと良い事ずくめのような気がしますが、摂りすぎると体の不調につながる事があるので注意して摂取する事が大切です。アリシンは腸内環境を整えてくれる強い味方ですが、殺菌作用が強いため、摂りすぎると、お腹が痛くなったり、貧血やめまいなどを起す事があります。にんにくを食べすぎるとお腹が痛くなるのは、アリシンの摂り過ぎでおこっている事なので、生のにんにくなら一日1粒で適正量が摂取できます。血小板の凝固を防ぐ効果もあるため、摂りすぎると、ケガなどで出欠したときに、血がとまりにくくなるなどの症状もでるので、摂りすぎには十分注意が必要です。体にいいとされる成分も摂りすぎると逆効果となるので、何事もほどほどに適正量を取っていく事が重要です。

臭いを防ぐ方法

アリシンを、積極的に食事にとり入れていくには、臭いを防ぐ事が重要です。アリシンの臭いの成分は、血液中にも届いてしまうため、息や体の臭いとしても発せられます。タンパク質とアリシンを一緒に摂る事で、臭いが少し軽減されるため、食べる前に牛乳を飲んだり、チーズを一緒にたべると効果的です。また、カテキンやタンニンにも消臭効果があるため、緑茶やコーヒーを一緒に摂るのもおすすめです。

「血液サラサラ!アリシンを含む食品、効果的な摂り方とは」のまとめ

アリシンは積極的にとって、生活習慣病やアンチエイジングに役立てていきたいせいぶんですが、臭いがネックとなっているので、毎日の食事でとるのは難しいと考えている人も多いため、食事を工夫しながら、サプリメントを併用している人もふえています。体にとりいれる栄養素は、食事からとり入れる事が一番ベストですが、忙しい現代人にとって、上手に食事のバランスを整えるのが難しく、放置する事で生活習慣病を引き起こしているといえます。特に、活性酸素は、食事だけではなく、ストレスなどの心因的な事でも増えてしまうので、ストレスを多く抱えている人もとっては、日常生活な中で必要な栄養素を補って、上手に体調を整えていく事が求められます。その点を考えても、食事で上手にアリシンを摂取しながら、サプリメントを併用する事で、ストレスなく食事を楽しむ事が出来ます。上手に栄養を摂取して健康生活を送っていきましょう。

関連記事

  1. [監修済] 生活習慣病が気になったら!アリシンの効能と働き
  2. カシスを食品として上手に摂り入れる方法【お手軽簡単】
  3. [監修済] 柑橘類を代表するシトラスの食品としての摂り方
  4. オキシカインを食品から摂るには?【効果的な摂り方】
  5. [監修済] ヒトプラセンタの注意点とプラセンタ食品の摂り方
  6. レジスタントスターチの健康効果【食品からの摂り方】
  7. [監修済] 食品からの摂り方もできる美容や健康にいいトマトエキス…
  8. [監修済] コラーゲンの豊富な食品

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP