シークヮーサー

[監修済] シークヮーサーの食品としての魅力や栄養成分の効率的な摂り方について

健康や美容のためにシークヮーサージュースを愛飲する方が多いようですが、食品としても楽しめるシークヮーサーの魅力や含まれる栄養成分の効率的な摂り方についてみてみましょう。

シークヮーサーの魅力

沖縄を原産地とするシークヮーサーは柑橘類の一種で多くの種を含んでいるのも特徴のひとつです。完熟すると糖度が増すため甘酸っぱさを楽しめるフルーツとして人気があります。ビタミンCクエン酸などを多く含む健康飲料としても人気で完熟する前の状態の果実を搾った物がジュースとして販売されています。温かい地域でしか育たないため、国内では沖縄本島のほか、石垣島や鹿児島県の一部でしか生産されていません。沖縄には古くから自生していたといわれています。

シークヮーサーは普段から健康飲料として飲むことができますが、病院に受診するではないけど少し血圧が高めであるという方や美肌を保ちたいという方などにもお薦めです。完熟していないシークヮーサーは酸味が強くそのまま食べるのには向いていませんが自分好みに味付けをしてジュースとして楽しむのにはピッタリの安全、安心な食品としておすすめです。

食品から手軽に摂れるシークヮーサー

手軽でおいしく健康になれるシークヮーサーは女性にも大人気です。食品としてスーパーなどでも手に入れることができ、果実の他瓶入りやペットボトルでも販売されています。最も手軽な摂り方としておすすめなのがジュースです。買い求める際に原液とジュースのどちらがいいか迷うことがありますがジュースで販売されているものも有効成分であるノビレチンの含有量を重視して果汁100%であることが多くその場合は原液と効果が変わることはないのであまり気にすることはないでしょう。酸味が強いので、原液を薄めてカロリーが低いオリゴ糖やハチミツを加えて飲むのもおすすめです。

留意したいのはシークヮーサーを飲みやすくするに、果糖などが加えられた加工食品の場合カロリーなどが高くなることもあります。自分流にアレンジして飲みやすくするにはなるべく原液に近い物を購入した方がいいでしょう。果実のままのシークヮーサーを焼き魚などにかけたり、焼酎などのアルコールに入れることで、皮の部分に多く含まれるノビレチンを最大限に活用することができます。食品として様々な味わい方ができるのも魅力といえるでしょう。

シークヮーサーの摂り方

食品として摂取することができるシークヮーサーは特に一日の摂取量の決まりはありません。ダイエットや血糖値の低下などを目的としているのであれば一日60g以上を摂取するのが望ましいといわれています。これはシークヮーサー20個以上となる計算になります。だからといって毎日フレッシュなシークヮーサーを揃えることや新鮮さを保ちながら長持ちさせるのも難しいため濃縮ジュースなどで買い求めるのがおすすめといえるでしょう。冷蔵庫に常備しておけば好きなときにいつでも飲めます。

飲む時間帯にも特に決まりはありませんが、より効果を期待するのであれば食前や食事と一緒に摂るのがいいでしょう。またクエン酸を多く含んでいることから疲れた時やスポーツをした後に摂取するのもおすすめです。毎日気軽に飲めるシークヮーサージュースを活用することで健康や美容に効果が期待できるでしょう。有効成分であるノビレチンのほかにもフラボノイドが含まれていて、毎日の快適なお通じにも効果が出ていつのまにか体が軽くなるということも期待できるかもしれません。

シークヮーサーを使った料理

シークヮーサーの有効成分の摂り方としてはジュースで飲むのが一番手っ取り早い方法ですが、好みの食品と組み合わせた料理で楽しむこともできます。豚肉に片栗粉をまぶして揚げて野菜とともに炒めてつくる酢豚にお酢の代わりにシークヮーサー果汁を使用すると風味がとても爽やかになり健康的な一品となります。砂糖や醤油などの調味料を少し控えめにするとシークヮーサーの酸味がよくわかります。甘さが足りないときはハチミツやオリゴ糖などで補うとカロリーも気にならないでしょう。

このようにお酢の代わりにシークヮーサーを使って料理をすることができるのでレパートリーも広がります。ちらし寿しや酢の物、鶏肉のさっぱり煮など子どもから大人まで喜ぶメニューに何でも使うことができます。ホウレンソウの和え物や大根の漬物などにも爽やかな酸味を与えてくれるとともにチーズケーキやゼリーなどのデザートにもおすすめです。ジュースだけで済ませるのではなく、おいしく食べて健康になれる様々なオリジナルレシピを考えてみるのも楽しいのではないでしょうか。

「シークヮーサーの食品としての魅力や栄養成分の効率的な摂り方について」のまとめ

沖縄原産の果物として昔から健康や美容にいいとされてきたシークヮーサーは安全な食品として毎日摂取することができます。食品との組み合わせによって簡単に、効率的に栄養成分を摂ることも可能です。

関連記事

  1. [監修済] シークヮーサーで認知症&メタボ予防!その働きと効能と…
  2. [監修済] シークヮーサーが不足や過剰摂取すると?

ピックアップ記事

  1. カモミール ハーブティー

カテゴリー

PAGE TOP