記事の詳細

ビタミンCは健康や美容に欠かせない効果があり、さらには風邪予防、ストレス社会にも欠かすことができない栄養素です。ビタミンCは大量に摂取しても、余分な分は尿として体外に排出されますので、サプリなどで積極的に摂取することをおすすめいたします。

aserora-min

ビタミンCの効果はお肌や風邪予防、そしてストレスなど様々な健康効果がありますが、意識してビタミンCを摂取しないと、不足していることがあります。特にタバコを吸う方やストレスが多い方は積極的にビタミンCを摂取しましょう。

風邪にはビタミンC?

今や常識というくらい当たり前に思われている「風邪をひいたらビタミンC」という考えですが、実は研究で実証されているわけではなくライナス・ボーリングという博士が「風邪は、ビタミンCの錠剤を飲むことで治る」と発表したことによって世界的に広まったのだそうです。

Fotolia_15194348_XS-min

実際、ビタミンCが直接風邪を治すというわけではなく、「抗ヒスタミン効果」で症状を和らげてくれるといったほうが正しいかもしれません。

ビタミンCは粘膜を強くしてくれる働きがあります。

風邪のウイルスは最初に粘膜に付着するので粘膜を強くしておくことで風邪をひきにくくするのです。そのほかにも、柑橘類にはたくさんの栄養が含まれていますので、風邪予防にいいというのは間違いないようです。

Fotolia_62762259_XS-min

ビタミンCと風邪のひきやすさは、とても大きく関係しています。

ビタミンCには、細胞同士を結びつけてくれるコラーゲンの生成を助けるという働きがあります。また、白血球の動きを活性化してくれるという働きもあり、風邪のウイルスが体内に侵入してきたときに活躍する白血球を後押しし、一緒に戦ってくれる頼もしい存在なのです。

Fotolia_72859967_XS-min

さらに、風邪のウイルスが付着する鼻や喉の粘膜を強くしてくれるので、結果的に「風邪をひきにくい体質」を作ってくれるのです。

不規則な生活をしていれば、ビタミンCはたくさん使われます。そして、不足してしまうことによって免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまうのです。

ビタミンCの効果とは?

「抗酸化作用」や「免疫力アップ」など様々な働きをするビタミンC人は体内でビタミンCを作ることができません。ですが、人間の体にビタミンCは必要不可欠なのです。

人は生活している中で、体内に酸素を取り入れていますが、その酸素の一部が「活性酸素」に変化します。この活性酸素が増えると体が酸化し、動脈硬化やガンなどの原因となってしまいます。

Fotolia_75067591_XS-min

その活性酸素を抗酸化作用によって害のないものに変えてくれる働きをするのがビタミンCなのです。

他にも免疫力を高める効果や、メラニン色素を抑制してくれるなど人間の体のありとあらゆる部分で大活躍しています。

Fotolia_38768696_S-min

タバコやアルコール、ストレスなどの分解にもたくさんのビタミンCが使われているので、常に意識して取り入れる必要があります。

含まれる食材は?

ビタミンCを多く含む食材といえば「野菜」です。その中でもピーマンやブロッコリーなど色の濃い緑黄色野菜には特に多く含まれており、例えば赤ピーマンなら一つで200mg以上もビタミンCを摂ることができるのです。

Fotolia_32181241_XS-min

また「果実」にもたくさんのビタミンCが含まれています。

ビタミンCといえば柑橘系の果物を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、柿やイチゴなどにも多く含まれています。

itigo-min

柑橘類はジュースなどの果汁として口にすることが多いため、一回のビタミンC摂取量でいえば、柿やイチゴなど直接実を食べる果実の方が多いのです。

そしてその果実類の中でも群を抜いて多く含まれているのは「アセロラ」です。

aserora02-min

アセロラの実自体は小さなものですが、その一粒に含まれるビタミンCは102mgととても豊富です。

過剰摂取しても大丈夫?

ビタミンCの1日の所要量は100mgと言われています。厚生労働省が定めるこの量は、壊血病にならないための最低ラインの量で、一般的には800mg程度の摂取で健康を維持できると言われています。

また美容に効果がある量はさらに多く2000mg以上と言われており、一見、過剰摂取になるのでは?と心配になってしまいますが、ビタミンCは「水溶性のビタミン」なので、余分に摂取してしまった分は尿として排出されます。

sukkiri-min

なのでほとんどの場合は心配ありません。ただし、稀に空腹時の過剰摂取により下痢や吐き気が起きたという報告もされています。

タバコやアルコールの摂取など日常生活によって所要量も大きく変わってきますので、自分の生活に合わせた量を知ることが大切です。

ニキビ予防にも効果的

ニキビ予防にも効果的なのがビタミンCです。

ニキビができてしまう原因は大きく分けて「皮脂の分泌が過剰になった時」と「ストレスによるもの」などがありますが、そのどちらにも関係しているのがビタミンCなのです。人間の体の中は、様々な場所でビタミンCが使われていて、ストレスもその一つです。

 

溜まったストレスを分解する時、多くのビタミンCが消費されます。

Fotolia_43622034_XS-min

それにより、お肌に届くはずだったビタミンCが届かなくなりニキビができてしまうのです。

nikibi02-min

ビタミンCは皮脂の分泌を正常にしたり、炎症を抑えたりなど、ニキビをできにくくする効果があります。ですが、日々の生活によってビタミンCの必要量は変動します。

ストレスを溜めてしまいやすい人やタバコ、アルコールを摂取する人は、意識してたくさんのビタミンCをとることでニキビを出来にくくすることができるでしょう。

ストレスと肌の関係とは?

ストレス社会といわれる現代ですので、何のストレスも感じず生活している人は少ないと思います。

Fotolia_62716753_XS-min

そのストレスがお肌に与える影響は大きく、そこにはビタミンCの消費が関係しています。

人は溜め込んだストレスを緩和するとき、副腎からホルモンを分泌します。そのホルモンには大量のビタミンCが必要で、本来、他の部分に行き渡るはずだったビタミンCも一緒に使われてしまいます。お肌にいくはずだったビタミンCも消費されてしまうことで綺麗なお肌を作るために必要な「コラーゲンの育成」ができなくなってしまい、肌荒れを起こしてしまうのです。

Fotolia_52156852_XS-min

「ストレスはお肌に悪い!」といわれる理由はここにあるのです。

ダイエットと肌の関係は?

ビタミンCはとても万能な栄養素で、ダイエットにも、とても効果的です。

Fotolia_52819285_XS-min

ダイエットの目的である「脂肪燃焼」に必要なカルニチンの合成にもビタミンCは使われています。不足すると、上手に脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。また、疲労の原因にもなってしまいますので不足しないように気を付けなければいけません。

さらに鉄分の吸収もよくしてくれるので、鉄と一緒に摂取することでダイエットしている女性がなりやすい「鉄欠乏症貧血」にも効果的です。

そしてダイエットしている人の悩みで多いのが「お肌の悩み」です。

ダイエットで減量に成功したのはいいものの、お肌がカサついたり、シミ、シワが増えたりなどダイエットにより必要な栄養素がどうしても不足しがちになり起こってしまう現象です。

Fotolia_39138691_XS-min

そうならないためにも意識してビタミンCを摂取しておくことが、美肌を守りながらダイエットに成功する秘訣ともいえます。

アンチエイジングにはビタミンC

体内では作り出すことができないビタミンCは、たくさんの働きをしてくれる「人間の体に無くてはならない栄養素」です。

ビタミンCで大きく左右されるのが「お肌」です。

抗酸化作用で活性酸素から守ってくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

Fotolia_31525559_S-min

また、メラニン色素の抑制効果でシミを作りにくくしてくれたりニキビ予防や皮脂の分泌を抑えてくれるなど数えればきりがないほど、お肌にとって必要不可欠な存在なのです。

何度も書いたとおり、ビタミンCは色々なところに使われている栄養素です。同時に、とても壊れてしまいやすい栄養素でもあります。喫煙や飲酒によって簡単に壊れたり、大量消費してしまいますので綺麗なお肌をキープするには、積極的な摂取を心がけたいものです。

ビタミンCはお肌にストレスに効果的!【風邪予防に必要!】のまとめ

ビタミンCを手軽に摂取するならサプリメントが良いでしょう。一度に大量摂取しても、排出されてしまうために、小まめに摂取する方が効果的です。

関連記事

PR



海乳EX【定期ロングバージョンバナー】
ページ上部へ戻る