エクオール

[監修済] エクオールの過剰摂取や不足による影響と対策について

エクオールはいま女性の間で注目されている、イソフラボンの2倍の効果が期待できる成分です。イソフラボンを摂取する事で、腸内細菌が作り出す成分ですから特に意識しなくてもエクオールが作られているかもしれません。ただし全ての人がエクオールを作れるとは限らず、食生活なども関係しています。日本人の場合、半数が体内でエクオールを生成できると言われています。エクオールの不足や過剰摂取による影響をまとめます。

エクオールが不足するとどうなる?

エクオールは腸内細菌が、イソフラボンを元に作り出す成分です。つまりイソフラボンを摂取していれば、後は腸内細菌がエクオールを作ってくれます。しかし全ての人がエクオールを作れるわけではなく、作れない人もいます。これは腸内細菌の質に関係しています。

イソフラボンは大豆に含まれる成分ですから、大豆を使う和食を食べている人は、イソフラボンも自然と摂取出来ています。醤油、味噌、豆腐、豆乳、納豆、油揚げや厚揚げなど豆腐から作る加工品もイソフラボンが摂取できます。大切なのは、毎日のようにイソフラボンを摂取できているかという事です。食生活というのは、子供の頃の習慣が影響しますので、子供の頃から毎日和食を食べてきた人、今も和食中心に大豆製品を食べている人は、エクオールを作れる可能性が高いです。

食生活の欧米化の影響もあって、和食をあまり食べない人は、自然と大豆製品も少なくなるので、腸内細菌は上手く働かず、エクオールを作れない可能性が高いです。エクオールが不足しても、イソフラボンを摂取していればエストロゲンの代用になりますが、効果についてはエクオールの方が倍も高いので、実感という意味では劣ってしまいます。

エクオールを過剰摂取するとどうなる?

エクオールはイソフラボンに変わる新しい成分として注目されています。しかし元がイソフラボンですから、働きはそれほど変わりません。ただ効果の面でイソフラボンよりも、エクオールの方が優れているのです。エクオールを作れる人と作れない人がいますが、作れない人も、エクオールをサプリメントで摂取すれば、不足は補えます。

エクオールを作れるかどうかは、ネットでも販売されている検査キットを使えば簡単に調べる事ができます。もしも作れないなら、サプリメントから取り入れればいいのです。しかし過剰摂取をしても、吸収される量は決まっていますから無駄に過剰摂取をしても意味がありません。エクオールに関しては、イソフラボンから作られる事もあって、副作用なども心配ないと言われていますが、ホルモンに作用する事を考えると、過剰摂取を控えたほうがいいでしょう。

エクオールのサプリメントにも種類があるので、1日あたりの目安は変わりますが、エクオール自体の量は、1日に10mgがベストとされています。イソフラボンのサプリメント摂取量は上限が30mgですが、エクオールはイソフラボンの2倍の効果が期待できるので、10mgくらいがちょうどいいのです。

エクオールを作れない人はどうしたらいいの?

検査キットで簡単にしらべる事ができますが、エクオールを作れるなら、毎日大豆製品を食べていけば、後は腸内細菌がエクオールを作ってくれます。イソフラボンは上限が70mgから75mgとされていますが、食事とサプリメントを併用する時は、量を調整します。

もしも自分がエクオールを作れないという場合も、諦める事はありません。体内で作れないなら、エクオールをサプリメントから直接摂取すればいいのです。今はエクオールの注目度も高まっているので、サプリメントも増えています。中には医師が監修したエクオールサプリメントも出ているので、安心して続けられる物を選んでください。

エクオールを体内で作れる人も、年齢とともに量は減少していきます。特に更年期に差し掛かる40代から50代は、エストロゲンが減少するので、ホルモンバランスが大きく変わります。エクオールを作れる人でも、量が減るとホルモンバランスは崩れますから、更年期になったらサプリメントでエクオールを摂取するのがおすすめです。基本的に効果はイソフラボンと同じですが、倍の効果が期待できるから、更年期の女性にはおすすめです。

エクオールをサプリメントで摂取するときの注意点

エクオールは自分の体で作れなくても、サプリメントから直接取り入れる事ができます。腸内細菌が作り出す物ですから、多少多めに摂取しても特に問題ないと言われていますが、サプリメントで取り入れる時は注意が必要です。エクオールのサプリメントは1日10mgを目安にしますが、それ以外に食事やサプリメントからイソフラボンを摂取している方は、過剰摂取になる可能性があります。

イソフラボンは食事からも摂取できますし、足りない分はサプリメントから補えますが、ホルモンに作用する事から1日の上限が決まっています。毎日のように過剰摂取をしていると、ホルモンバランスが崩れますし、乳がんのリスクを高めるとも言われていますので、過剰摂取にならないよう注意してください。

「エクオールの過剰摂取や不足による影響と対策について」のまとめ

エクオールは作れる人と作れない人がいますので、作れない人は不足しやすくなります。腸内細菌がイソフラボンを変化させ、エクオールという新しい物を作り出します。エクオールを作れない人は、エクオールのサプリメントで直接摂取する事ができます。サプリメントもバランスが大切です。

関連記事

  1. [監修済] 美容や健康にいいといわれるジャスミンの不足や過剰摂取…
  2. [監修済] アロエベラ葉エキスは過剰摂取も不足もNG、バランスが…
  3. [監修済] ギムネマが不足や過剰摂取するとどうなる?
  4. [監修済] ブドウ糖の栄養不足とその影響による体の弊害
  5. [監修済] ブルーベリーエキスの作用と不足による栄養素
  6. [監修済] コンドロイチンなどに代表されるムコ多糖類の不足や過剰…
  7. [監修済] コラーゲンが不足してしまうと
  8. [監修済] 美容に大人気のチアシード!サルビアの過剰摂取や不足で…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP