エクオール

[監修済] エクオールってどんな成分?働きや効能は?

エクオールはいま注目の成分です。女性ホルモンのエストロゲンは、女性の体に欠かせない物ですが、年齢とともに減少していきます。エストロゲンが減少すると、ホルモンバランスが乱れ全身に不調が出ます。こういう場合は、エストロゲンに似ている大豆イソフラボンを摂取する事で、不足分を補えますが、エクオールはイソフラボンよりもすごいと注目されています。

エクオールとイソフラボンはどう違うの?

イソフラボンは女性にとって欠かせない成分の一つです。特に更年期に差しかかった女性は積極的に摂取する事が大切です。何故ならイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンにとても良く似た成分だからです。エストロゲンは卵巣で作られ分泌されますが、更年期になると閉経に向かって卵巣機能は、徐々に低下していきます。機能が低下するので、エストロゲンを作る力も弱くなり、その結果分泌量が減り、ホルモンバランスを乱します。これが更年期に見られる、更年期障害です。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経にも影響するため、全身のバランスが崩れてしまい、その弊害が様々な症状となって現れます。これを改善するには、足りないエストロゲンを増やすのが一番です。しかしホルモン療法は副作用のリスクが高いため、気軽にできるものではありません。こういう時に大豆に含まれるイソフラボンが役立つのです。イソフラボンを摂取していれば、エストロゲンに似ているので、不足分を補う事ができます。

エクオールの働きと効能

エクオールの働きと効能を見ていきましょう。エクオールはイソフラボンの約2倍の効果があると言われています。不足しがちな女性ホルモンを手軽に補う事ができるのもメリットですが、健康面だけでなく美容面でも役立ちます。

基本的にエクオールはイソフラボンから作られますので、働きはイソフラボンとほとんど同じです。ただその効果がイソフラボンよりも優れているという事です。エストロゲンの減少をサポートする効果、エストロゲンの減少によりリスクが高まる、骨粗しょう症予防効果も期待できます。エストロゲンが減ると、コレステロール値が高くなりやすい傾向があるので、太りやすくなったりメタボになりやすくなったりします。エクオールを摂取していれば、エストロゲン不足を補い、メタボや肥満を予防し、その結果生活習慣病予防にもつながります。

エストロゲンは女性らしさを保つためにも欠かせません。髪のツヤやハリ、肌のツヤやハリもエストロゲンが関係していますので、不足すれば見た目の衰えにつながります。イソフラボンよりも効果が高いエクオールは、美容面でも女性をサポートしてくれます。

エクオールの取り入れ方

エクオールは、別名をスーパーイソフラボンと呼ばれる事もある、女性にとって欠かせないものです。実はイソフラボンが腸内細菌により変化すると、エクオールになります。別の成分を摂取するのではなく、イソフラボンを摂取することによって、腸内細菌がエクオールを作り出すのです。しかしエクオールを作る力には個人差があり、中には作れない人もいます。

この違いは、腸内細菌にあります。腸内細菌は大豆の栄養を与える事で、活発になります。普段から大豆や大豆製品を食べている人は、常に腸内細菌のエサが豊富な状態だから、腸内細菌が元気な状態です。イソフラボンを摂取すると、自然とエクオールを作ってくれるので、知らない間に自分をサポートしてくれているというのも少なくありません。

しかし食の欧米化が進み、さらに不規則な食事やインスタント食品や、ファストフードばかり食べていると、大豆の栄養が摂取できないので、腸内細菌も活動できません。この状態で更年期になったからとイソフラボンを摂取しても、腸内細菌が働けないので、エクオールを作る事ができません。日本人は昔から和食を食べているので、毎日和食を食べている人はエクオールを作る力を持っている可能性が高いです。しかし日本人でもエクオールを作れる人は、50%だと言われています。

エクオールを作れる人でも、毎日大豆を食べないとエクオールを作る力は弱くなってしまいます。

エクオールを取り入れる際の注意点

自分の体でエクオールを作れるかどうかは、キットも販売されているのでそれを使って調べる事ができます。もしエクオールを作る力が弱くても、今はエクオールサプリメントがあるので、サプリメントから取り入れる事は可能です。エクオールをサプリメントで取り入れつつ、大豆製品を意識して食べるようにすれば、エストロゲン不足を補う事はできます。

エクオールは大豆製品を多く食べる事で、腸内細菌は作り出す成分です。自分で作れない人はサプリメントから補えますが、基本的に体の中で作られる成分だから、多少多めに摂取しても問題ないとされています。しかしエクオール以外の成分が含まれている場合は、その成分も過剰摂取する事になるため、効能を考え1日の目安は守っておく方が安心です。

「エクオールってどんな成分?働きや効能は?」のまとめ

更年期の女性が積極的に摂取したいイソフラボンは、美容にも健康維持にも役立ちます。しかし今はイソフラボンよりも高い効果が期待できる、エクオールが注目されています。元になるのはイソフラボンと同じ大豆ですから、取り入れ方を工夫すれば意外と簡単にエクオールを摂取できます。

関連記事

  1. アラキドン酸の効能と効果【まさに万能薬!】
  2. [監修済] シークヮーサーで認知症&メタボ予防!その働きと効能と…
  3. [監修済] スッキリとした爽やかな香りが特徴のユーカリの働きや効…
  4. [監修済] クルミは健康維持や美容効能といった働きを持つ、天然の…
  5. [監修済] 必須アミノ酸の一種であるリジンにはどんな働きや効能が…
  6. [監修済] サルビアの働きと効能を教えて!
  7. [監修済] 高い美容効果が期待できるというマロニエの働きや効能に…
  8. [監修済] 明日葉の働きとその効能

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP