DHA

[監修済] DHAを多く含む食材によって視力の効率の良い回復目指していくには

若いころは目が良かったのに、最近は年のためか視力の低下と疲れに悩まされているというような話をよく聞きます。年のせいとあきらめる必要は実はありません。DHAを摂取するようにすると、視力の劇的な回復が期待できるようになります。DHAを多く含んだ食材が最近そのために注目されるようになってきています。このサイトでは効率の良いDHAの摂取による視力回復の方法について紹介していきます。

日本人は、昔は視力が良かった

日本人は欧米人に比べて視力が良いことで以前は有名でした。加齢によって多くの欧米人が視力を低下させていく場合が多いにも関わらず、日本人の場合には生涯にわたって良い視力の状態を保つことが多いとされていました。そのような定説も最近では当てはまらなくなってきています。それは、日本人の食生活の変化によるものであると考えられています。つまり最近の日本人は欧米式の食生活になってきて、魚をあまり食べなくなってきています。これが、従来の日本人の視力は生涯にわたって良いという定説が当てはまらなくなってきている原因であると考えられています。

その為、魚に多く含まれているDHAの視力への効能が注目されるようになってきています。変わってしまった食生活を元に戻すのは大変ですが、目の視力のために積極的に魚を食べる方もまた増えてきています。魚が苦手な方は、視力のことを考えて、DHA入りのサプリメントを活用する方法も同時に注目されるようになっています。

DHAの視力回復効果

DHAが目に多く含まれていることが知られています。特に外界からの視覚情報を映し出してそれを脳に伝える網膜には特に多くのDHAが含まれています。網膜に存在している脂肪酸のうちの半分以上がDHAであることも知られています。このことから考えても、DHAが目の機能において特に重要な働きをしていることが理解されます。DHAには網膜の細胞に柔軟性を与えて、その反射機能を高める働きがあることが報告されています。網膜細胞のDHAの不足は、視覚の情報伝達を正しく行えなくしてしまうということにつながってきます。更には、DHAの不足が目の疲れやすさの原因にもなってしまいます。

DHAは加齢によって、その量がだんだんと減ってしまうことも知られています。といっても、DHAの加齢による現象のスピードは人によって大きく異なっています。日常の生活習慣にかなり依存していて、加齢によってほとんどDHAの網膜での量が減らないという人もいます。赤ちゃんに与える粉ミルクの中にDHAを入れておくと、従来の粉ミルクを飲んだ赤ちゃんに比べて、視力のアップが起こるという報告もあります。人生のスタート時点でDHAの量をアップさせておくと、視力の低下に悩まされにくくなることも大いに期待できるかもしれません。視力の低下が起こりにくいということは、集中力のアップにも大きな意味を持ってきますので、ライフワークとしての仕事や日々の活動の効率アップにもつながることが期待できます。

DHAを多く含む食材

DHAを多く含む食材としては、誰もが青魚であるということは知っているかと思いますが、実際に青魚にどのくらいのDHAが含まれていて、更には1日あたりどのくらいのDHAを摂取すればいいのかという目安はあまり知られてはいません。DHAの1日当たりの理想的な摂取量は1グラムと考えられています。毎日継続的にDHAを摂取するようにすれば、加齢による視力の衰えや目の病気の予防につながっていきます。DHAを多く含む食材としては、刺身だと、マグロ2~3切れあるいはブリ4~5切れ、焼き魚だとサンマ1尾、小型イワシ2尾、缶詰だと、サバ水煮缶(190g:二人分)やイワシかば焼き缶(100g)がお勧めになります。

DHAは分解やすい

DHAは溶けだしやすくしかも熱に弱いので、DHAを多く含む食材の調理の際には注意が必要となってきます。例えば、魚を煮たり焼いたりする場合には20%のDHAが、揚げ物の場合も半分近くのDHAが煮汁や揚げ油の中に逃げて行ってしまいます。魚料理の場合には、煮汁もDHA摂取のために食べるようにするといいでしょう。また、揚げ物は効率的ではありませんので、DHAの摂取のためにはお勧めとは言えなくなってしまいます。DHA効果をなくしてしまうリノール酸の入ったサラダ油などは使うのを控えるようにすることも忘れてはなりません。DHAのことを考えてしまうと楽しい魚料理が難しくなってしまうことも考えられます。そんな場合には、魚の缶詰を活用するのはお勧めです。DHAを逃がさないような調理を行っている場合がほとんどですし、煮汁も積極的にいただくようにすると、それほど料理に神経質にならなくてもDHAを摂取できるようになります。

DHAの摂取にはサプリメントの併用も考えてみる

視力の保持のためには毎日欠かさずおよそ1gのDHAを摂取していくことが良い方法です。しかしながら、忙しい毎日を送っている方の場合には、なかなか魚を毎日適量いただくことは難しいものです。体の健康のことを考えればそうすることが理想ではありますが、外出先などで、忙しい時には、DHA入りのサプリメントによってDHAを摂取することも可能です。必ず、DHAを魚から毎日とらないといけないと考えてしまうと大きなストレスを感じでそれを継続できなくなってしまいます。DHAを無理のない形で体に供給することが一番重要なことですから、サプリメントをうまく併用するのは賢い方法といえます。生活習慣の中にDHAの摂取が入りこんでしまえば、一生に渡って視力の低下やトラブルに悩まされなくなってきます。

「DHAを多く含む食材によって視力の効率の良い回復目指していくには」のまとめ

今回紹介してきましたようにDHAと視力は非常に密接な関係があります。自分の視力を大事に使っていきたいと考えるときに、毎日欠かさずDHAを食事やサプリメントで摂取していくようにすることは大きな意味を持ってくることになります。

関連記事

  1. [監修済] フラボノイドを摂取して目と体の機能改善を!
  2. ルテインで目の健康を守る!【美肌効果も期待できる?】
  3. [監修済] ブルーベリーのサプリメントで視力維持
  4. [監修済] 辛くてかゆいアトピー性皮膚炎をDHAで改善する
  5. ビタミン マルチビタミンの働きや効能について【全てのビタミンを摂取できる】…
  6. βカロテンは体内でビタミンAとして働く【健康生活に欠かせない】
  7. [監修済] 目の疲労回復のためにアントシアニンを摂取してます。
  8. トマトのイラスト トマトエキスで錆付き防止!【トマトエキスの効能】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP