コラーゲン

[監修済] コラーゲンが不足してしまうと

美容の雑誌などには必ず登場するコラーゲンは、皮膚などにはもちろん、筋肉や骨、内臓、目、髪の毛、爪などにも含まれている大事な栄養素です。その為、実はこのコラーゲンは、美容だけでなく、健康に生きるために誰もが必要な物なのです。そこでこちらのページでは、コラーゲンが不足する原因や不足してしまったらどのようになるのかなどの情報をご紹介していきます。

そもそもコラーゲンとは

コラーゲンが不足してしまったらどのようになるのかを説明する前に、まずはコラーゲンがどのような物なのかを簡単にご紹介します。コラーゲンを簡単にご説明すると、「コラーゲン=タンパク質」という事になります。コラーゲンは、タンパク質の中でも身体の弾力やしなやかさなど人体に柔らかさを出すために使われているタンパク質になります。コラーゲンの重要な役割の一つに細胞と細胞を結びつける役割があります。美容雑誌などではフェイスケアなどでコラーゲンが登場しますが、実際にはフェイスケアだけでなく全身の皮膚に関係をしているだけでなく、身体の骨や軟骨部分、内臓や血管などにも使われております。

コラーゲンの主な役割

コラーゲンは、フェイスケアの特集などをチェックすると、肌にうるおいを与え、ハリや弾力を与えるために必要なものと紹介されておりますが、コラーゲンは肌のハリや弾力以外にも重要な役割を担っております。コラーゲンは関節をスムーズに動かすために必用だったり、ご年配の方に重要な骨を丈夫にする効果や、血管を柔らかくしてしなやかな状態を維持する事ができるなどコラーゲンの役割は多岐にわたります。

コラーゲンが不足してしまうと

人体において重要な役割を担っているコラーゲンが不足してしまうと、間接の傷みが生じる可能性が高くなってしまいます。ご年配の方が良く膝が痛いといって杖を突いたり、車いすで移動しているのは、軟骨部分のコラーゲンの量が少なくなってしまって、骨と骨との間にある軟骨のクッションの役割が弱まってしまっているからだと言われています。また、コラーゲンが不足してしまうと骨の強度が弱くなってしまいますので、骨折しやすくなってしまったり、骨折すると中々治りにくくなってしまうなどの状態になってしまいます。

コラーゲンは肌のハリや弾力を調整している役割もあります。目の下や頬に弾力が無くなってしまって弛んでしまったり、シワが出来てしまっているような場合には、コラーゲンが不足している可能性があります。

他にもコラーゲンは人間が生活する上でとても重要な役割を担っております。骨にはカルシウムが必要な事は有名ですが、カルシウムはコラーゲンの周りに付着する事で丈夫な骨を作り上げる事ができます。いくら大量のカルシウムを摂取したとしても、コラーゲンが不足していると骨に付着せずに体外に排出されてしまいます。もちろんコラーゲンは血管なども生成しています。コラーゲン繊維は血管の弾力を保ちつつ血管を強くする効果があります。成人病などで血管の弾力が失われているような場合には、血管が損傷しやすい状態になってしまうのですが、十分にコラーゲンが足りている体内では、血管は損傷しにくく、また損傷したとしても修復しやすい状態になっております。

コラーゲンが不足する原因

コラーゲンが不足してしまう原因は複数ありますが、もっともコラーゲンが不足する原因で多いのが加齢です。コラーゲンは年齢を重ねるにつれて徐々に体内で生成される量が減って行ってしまいます。これまでと同じような食事をして、同じような生活をしていてもコラーゲンは加齢によって生成される数が減っていってしまいますので、肌にハリが無くなってしまったり、シワが目立つようになってしまいます。

また、最近ではご年配の方でなく、20代の方でもコラーゲンが不足してしまっている人が増えて来ています。若い方の中でコラーゲンが不足してしまっている方の多い原因は、過度なダイエットであったり、外食やコンビニなどのお弁当、カップラーメン、スナック菓子などを日常的に食べ続けてしまっている偏食などが原因で不足してしまっています。確かに若い方はコラーゲンの生成量がご年配の方と比較して多く生成する事ができますが、コラーゲンの生成に必要な栄養素を十分に摂取できていないような場合には、コラーゲンを生成したくても生成できない状況になってしまいます。その為、ご年配の方などと同様にコラーゲン不足の状態に陥ってしまうのです。他にもストレスであったり、強力な紫外線などの影響によってコラーゲンは不足しがちになります。

「コラーゲンが不足してしまうと」のまとめ

コラーゲンは人間がいつまでも若々しい状態でいるために必要な栄養素になります。フェイスケアの商品にはたいていコラーゲンが配合されており、十分な結果を残しております。コラーゲンが不足してしまうと、肌のしわやたるみ以外にも血管の強度が弱くなってしまったり、骨が弱くなってしまいますので、コラーゲン不足には注意してください。

関連記事

  1. アラキドン酸の不足と過剰摂取との関係【不足も摂り過ぎも同じ?】
  2. [監修済] 現代人には不足しがちなキチン・キトサンとその過剰摂取…
  3. [監修済] 健康増進にいいとされるシトルリンの不足や過剰摂取によ…
  4. ロイシンの過剰摂取と不足の影響【リスクと対策】
  5. [監修済] 健康にいい大麦の不足と過剰摂取による影響について
  6. [監修済] イノシトールの過剰摂取や不足によるリスクについて
  7. [監修済] ハイドロキノンの過剰摂取によるメラニンを不足を防いで…
  8. [監修済] シソ(大葉)の成分による不足や過剰摂取の弊害 

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP