セサミン

[監修済] セサミンを過剰摂取したり不足した場合

ご年配の方の健康維持はもちろん、若い女性の方の美肌や中年女性のアンチエイジングなどにも効果のあるセサミンは非常にリーズナブルでコストパフォーマンスの高いサプリメントが販売されております。しかし、セサミンは他のサプリメントのように一日の摂取する量決まっているのか知らない方も多いのが現状です。そこでこちらのページでは、セサミンを過剰摂取してしまったらどのようになるのかや、逆にセサミンが不足してしまった時はどのようになるのかなどの情報をご紹介します。

セサミンはどのような栄養素なのか

ゴマは英語でセサミと言います。その名の通りセサミンは、ゴマに含まれている特有の成分になります。セサミンは正式名称ではなく、正式にはゴマリグナンというリグナンという栄養素の一つになります。実はこのゴマリグナンという栄養素は存在自体は随分昔からわかっていたのですが、本格的な研究が行われてこなかった事もあり、健康にそれほど重要な役割のする栄養素ではないと注目されてきませんでした。しかし、最近の研究結果では優れた健康成分がある事がわかってきており、健康向けのサプリメントであったり、美容系のサプリメントとして多くのメーカーが商品展開を初めております。

このセサミンという栄養素はゴマ特有の物ですが、ゴマの中にもわずかしか含まれておりません。そもそもゴマという植物は、タンパク質、炭水化物、水分などは含まれておりますが、その半分以上が脂肪分になっております。ゴマをすりつぶすとごま油が出来る事からも脂肪分の多さがわかると思います。その為、セサミンを摂取しようと思ってゴマを沢山食べても必要な量を効率的に摂取する事はできません。健康な体をセサミンで維持しようと思ったら日常的な食事にプラスする形でサプリメントを摂取する事が重要になってきます。

セサミンを過剰摂取してしまうと

セサミンは非常にリーズナブルなサプリメントなどが販売されておりますので、早く効果が現れるようにと、ついつい沢山のサプリメントを摂取してしまう方もいらっしゃいますが、他のサプリメントのように過剰摂取してしまった時には悪影響がでてしまうのか心配になる方もいらっしゃると思います。

基本的にセサミンの過剰摂取においては人体に悪影響がでるような事はないと言われております。セサミンはゴマから抽出した成分を使って作っておりますのでたとえ過剰摂取したとしても人体に深刻な問題は出ないと言われております。最近ではセサミンのサプリメントにセサミン以外の栄養素などが含まれているような商品も登場しておりますが、この成分が過剰摂取してしまうと悪影響をもたらす物の場合には注意が必要になりますが、基本的にセサミンの過剰摂取はそれほど気にしなくても大丈夫だという事です。

セサミンが不足してしまうと

セサミンの過剰摂取は問題ないという事はわかりましたが、逆にセサミンが不足してしまうとどのようになるのかは心配になる部分だと思います。基本的にセサミンは必須栄養素と同じように体内で生成をすることのできない成分です。逆に考えるとタンパク質、脂質、炭水化物などの3大栄養素であったり、ビタミンやミネラルのように不足したからといって直ぐに悪影響がでるような物ではないという事です。

しかしセサミンには、老化の原因ともなる成分をこらしめる抗酸化作用であったり、綺麗な血をすみずみまでいきわたらせるような効果があります。特にセサミンは、活性酸素ができる肝臓に届いてから抗酸化作用のある成分へと変化します。他の抗酸化作用のある栄養素は、肝臓に行きつく前に活性酸素に吸収されてしまいますので、大元に届くのはセサミンの抗酸化作用だけになっております。より効率的に活性酸素の働きを阻害するような場合には、セサミンを積極的に摂取するのがおすすめになります。セサミン不足しているとはいえ、他の栄養素で補う事は可能ですので不足しているからといって直ぐに問題になる事はありませんが、セサミンを積極的に摂取する事でより健康的に生活する事が出来るのは間違いありません。

セサミンを効率的に摂取するには

セサミンはゴマにほんの少ししか含まれておりません。その為、気軽に摂取する為にはサプリメントを選ぶ必要があります。サプリメントでしたら外食が多い方でも安心して続ける事ができますし、例え持ち合わせが無くなってしまったとしても、コンビニやドラックストアで購入する事ができます。

「セサミンを過剰摂取したり不足した場合」のまとめ

セサミンだけでなく、様々なサプリメントは三ヶ月を目安に徐々に変化していきます。その為、なるべくリーズナブルな価格で、どこにでも売っているようなサプリメントでないと意思の強い方でないと続ける事が難しいかも知れません。その点、セサミンのサプリメントでしたら、いつでもどこでも入手が可能ですし、非常にリーズナブルですので安心して続ける事ができるのでおすすめです。

関連記事

  1. [監修済] ギムネマが不足や過剰摂取するとどうなる?
  2. [監修済] アロエベラ葉エキスは過剰摂取も不足もNG、バランスが…
  3. [監修済] フラボノイド不足になってしまう食生活に注意
  4. [監修済] カプサイシンの不足と過剰摂取のデメリット 
  5. [監修済] ハイドロキノンの過剰摂取によるメラニンを不足を防いで…
  6. [監修済] 乳製品はNG?乳糖分解酵素の不足で起きる「乳糖不耐症…
  7. [監修済] 必須脂肪酸であるリノール酸が不足するとどうような影響…
  8. [監修済] ブドウ糖の栄養不足とその影響による体の弊害

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP