40代

[監修済] 40代、50代の方に気にして欲しいコラーゲン

コラーゲンは、肌にハリをもたらしてくれるタンパク質で、美肌、アンチエイジングなどには欠かせない栄養素になっております。このコラーゲンは、年齢を重ねるにつれてその数は減少して行き、20歳をピークに徐々にその数が減少して行きます。コラーゲンが減少していくと様々な弊害が現れてきます。その為、コラーゲンの減少が著しく現れる40代、50代の方は積極的にコラーゲンの摂取を行う必要があります。こちらのページでは、コラーゲンを積極的に摂取して欲しい40代、50代の方にとって有益な情報をご紹介します。

コラーゲンとは

コラーゲンはタンパク質の一種です。コラーゲンは身体を構成しているすべてのタンパク質の中でも30パーセントを占める程の重要なたんぱく質になっております。コラーゲンの中で最も多いのが皮膚に使われているコラーゲンで、コラーゲン全体の40パーセントを占めております。骨や軟骨にもコラーゲンは存在していて、コラーゲン全体の20パーセントが使用されております。残りの40パーセントは血管であったり内臓などに使用されていて、身体全体にコラーゲンは必要な存在になっております。

コラーゲンと老化の関係

よく40代、50代になると急激に老け込んでしまうという話しを聞きますが、その原因の一端となっているのがコラーゲンが不足してきてしまう事です。コラーゲンは、年齢を重ねるにつれて生成される数が減っていってしまいますので、コラーゲンの数が徐々に減っていってしまいます。特に40代になると急激にコラーゲンの数は減少していってしまい、ハリや弾力の足りない肌になってしまいます。

コラーゲンは肌の土台部分の真皮層の大部分を作っている物質です。このコラーゲンの数が減少してしまうという事は、それだけ肌のクオリティが下がってしまうという事になりますので、乾燥しやすくなってしまったり、シワやたるみが目立つようになってしまうのです。

コラーゲンのクオリティ自体の低下

コラーゲンは40代、50代になると急激に減少して行きます。そのため、コラーゲンによって作られている肌質を保てなくなってしまう方が増えているのですが、そもそもコラーゲンのクオリティ自体が下がってしまっている事も重要な問題になっております。これまでと同じ数のコラーゲンが生成されていた場合でも、通常は柔らかく弾性の強いコラーゲンが、硬く弾性の少ないコラーゲンになってしまっている場合があります。お肌は柔らかく弾性がある事によって様々な外敵から肌を守ってくれるのですが、古くなったコラーゲンの場合には、通常のようなコラーゲンの働きを期待する事ができません。

コラーゲンが老化してしまうと、老化架橋という弾性の少ない結合になってしまい、これを糖化と言いますが、この糖化によってできた余分な老化架橋は、これまでのようなコラーゲンとは質が異なりますので、新陳代謝などによって古くなった物が新しい物に生まれ変わる事はありません。いつまでも硬くなっているコラーゲンが居残ってしまうようになるのです。この老化架橋という弾性の少ない結合のコラーゲンは、老化以外にも紫外線などによって起こる酸化が原因になっております。

質の高いコラーゲンを維持するためには

コラーゲンの数は年齢によって減少して行くのは仕方のない事かも知れませんが、40代、50代になってもなるべくクオリティの高いコラーゲンを維持する事は可能です。クオリティの高いコラーゲンを維持する際に最も重要な事は、紫外線を浴びる量を調整する事です。紫外線は、肌の真皮層にまで深く届きます。紫外線は真皮層にあるコラーゲンを破壊してしまい、シミやそばかすの原因となります。夏などの紫外線の強い時期には注意するのですが、実は冬場であったり、曇りの日にも紫外線はしっかりと真皮層にダメージをあたえ続けております。その為、なるべく紫外線に当たらないようにするような服装を選んだり、日焼け止めクリームを常用する事が重要になります。

また良質なコラーゲンを維持するためには、糖質などの過剰摂取は禁物です。実はコラーゲンは余分な糖質と結合してしまいやすいという性質があります。ラーメンやパン、白いご飯、うどん、パスタなどの炭水化物であったり、砂糖などの甘い物などに多く含まれている糖質は成人病などの原因にもなっておりますので、全く食べないというような事は必要ありませんが、肌のクオリティを上げたいという方は食べる量を調整するようにしてください。

「40代、50代の方に気にして欲しいコラーゲン」のまとめ

40代、50代の方は、若い方と比べてコラーゲンの量も少なくなっておりますし、コラーゲンのクオリティも徐々に下がっていってしまいます。これまでと同じような生活をしていると肌にシミやそばかすが出来やすくなってしまったり、肌の弾力が無くなってしまって見た目から老け込んでしまいます。良質なコラーゲンを摂取する他、肌を良い状態に維持する事ができるように気を付けて過ごす事が重要になります。

関連記事

  1. [監修済] コラーゲンが不足してしまうと
  2. [監修済] フィッシュコラーゲンペプチド1750mg!
  3. [監修済] コラーゲンと骨の関係性
  4. [監修済] アンチエイジングの為のサプリメント
  5. [監修済] コラーゲンサプリメントでお肌の艶を保つ
  6. コラーゲンは美肌や関節に効果的!【髪がキレイになった口コミも】
  7. [監修済] 気になるコラーゲンの種類
  8. [監修済] コラーゲンと果物の関係性

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP