グリセリン

[監修済] グリセリンには美肌効果や便秘解消効果など嬉しい効果がたくさん

グリセリンはヤシ油やパーム油などの植物油脂に含まれる天然成分で、その安全かつ多様な効果から化粧品や医薬品、食品など多種多様な製品に利用されています。グリセリンの性質から美肌や便秘解消など、女性にも嬉しい効果をご紹介します。

グリセリンは天然の保湿成分であり甘味成分である

グリセリンは無色無臭、粘性のある透明の液体で、アルコールの一種です。一部の植物や海藻、動物などに含まれ、別名グリセロールとも呼ばれます。甘みがあるという特徴があり、グリセリンという名前はギリシャ語の「グリキス」=甘いという言葉からつけられました。

グリセリンは脂肪に含まれている物質です。食物から摂取された脂肪は、膵臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素リパーゼによってグリセリンと脂肪酸に分解されます。グリセリンと脂肪酸は小腸で吸収された後に腸壁で再び結合して中性脂肪になり、人間の体内では必要に応じて分解・消費されるエネルギー源として皮膚の下や筋肉に蓄えられています。

グリセリンには植物に由来する天然のものと、石油から人工的に合成されたものがあります。はじめて発見されたグリセリンはオリーブ油からでした。天然のグリセリンは主にヤシ油やパーム油などの植物油脂を原料として加水分解し精製されたもので、現在一般に医薬品や化粧品に使用されているグリセリンはほとんどが天然由来の物です。

グリセリンはその吸湿力の高さから保湿成分として使用されるほか、甘みを生かして甘味料としても使用されています。化粧品や軟膏、目薬などの医薬品、絵の具にも配合されるなどグリセリンの用途は多岐にわたっています。これはグリセリンが人体に無害で、しかも水に溶けやすい性質を持っているためといえます。

グリセリンには美肌効果がある

グリセリンには強い吸湿効果があり、多くの化粧水などに保湿剤として一般的に配合されています。保湿成分として有名なヒアルロン酸がありますが、ヒアルロン酸は与えられた水分を保持する性質しかありません。それに対してグリセリンは、自ら外部の水分を取り込んで抱え込む性質があるため、ヒアルロン酸よりも保湿性に優れているといえます。また、グリセリンには肌を柔らかくする効果もあるうえ、ヒアルロン酸との相性も良いため、この二つの成分が好んで化粧水などに配合されることが多いのです。

グリセリンの持つ吸湿性は肌荒れにも効果的です。肌荒れが起こると肌の角質層が弱って水分を保てなくなり、肌の生まれ変わる機能(ターンオーバー)にも乱れが生じます。荒れた状態の肌はバリア機能を失い、外部の刺激に対して弱くなり炎症を起こしやすくなるため、肌荒れがますます悪化する原因となってしまいます。グリセリンで保湿をすることで肌のバリア機能を補い、このような肌荒れを改善することができます。

グリセリンは基本的には安全な物質ですが、吸湿効果が強力すぎるために、使用する量によっては肌の水分を奪ってかえって乾燥させてしまうことがあります。一般的にはグリセリンの配合量が全体の15~20%を超えると逆効果になるといわれています。全体の市販の化粧品はそのあたりを計算して作られていますが、自作で化粧品などを作る場合には注意が必要です。

グリセリンは便秘や排尿障害にも効果がある

医薬品である浣腸薬にもグリセリンが使用されています。便秘になる主な原因は水分不足や食物繊維不足により便が固くなり、腸内にとどまってスムーズに運ばれなくなることです、美肌効果のところでも説明したように、グリセリンには強力な吸湿性があります。肛門から注入されたグリセリンが便の周囲に水分を集め、腸壁を刺激して蠕動運動を起こすことでスムーズな排便を促すことができるのです。最近では経口の便秘薬も登場しています。

また、グリセリンは利尿剤としても医薬品に使用されています。グリセリンは浸透圧が高く尿の通り道である尿細管で吸収されやすいため、尿として排出されるべき水やナトリウムが体内へ再吸収されるのを抑制することができます。これにより、尿のスムーズな排出を促すことができるというわけです。

グリセリンはその他にも多くの効果をもっている

グリセリンは保湿を目的として軟膏などの医薬品に配合されることも多いのですが、そのほかにも多くの作用をもっています。グリセリンは硝酸または硫酸と反応させるとニトログリセリンという有機化合物になります。このニトログリセリンはダイナマイトの原料に使用されるほか、血管を拡張する作用ももっています。その性質を利用して血管の狭窄からくる狭心症や脳圧降下剤などの医薬品にも使用されています。

また、グリセリンは食品添加物にも指定されており、食品の水分を保つための保湿剤、細菌の繁殖を抑制するための日持ち向上剤、ガムの柔らかさや粘り気を作るための軟化剤としてなど、多様な目的で加工食品に使用されています。

「グリセリンには美肌効果や便秘解消効果など嬉しい効果がたくさん」のまとめ

グリセリンは現在多方面で活躍している安全な成分です。効果の中でも特に代表的なものは女性には嬉しいものばかりなので、日々の生活にうまく取り入れて美しさと健康を保つために役立てていきましょう。

関連記事

  1. [監修済] 酵素サプリメントで便秘スッキリで肌荒れ改善
  2. [監修済] セサミンで便秘を解消しよう
  3. [監修済] 腸内環境を整え、便秘を改善する効果に優れているDHA…
  4. ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】
  5. アトピー性皮膚炎をオリゴ糖で改善!【オリゴ糖の働き】
  6. [監修済] 酵素サプリを飲んだだけで1.3キロダイエットでき便通…
  7. [監修済] 生酵素サプリで腸内環境スッキリ!
  8. オリゴ糖は子どもが摂取してもよいの?【乳幼児の頑固な便秘を解消】…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP