タイミング

青汁を飲むタイミング【目的別のおススメ】

青汁に期待できる効果は使われている原料によってはもちろん、飲むタイミングによっても多少変わってきます。青汁は健康食品という位置づけで、食品として考えるので飲むタイミングは特に決まっていません。目的に合わせて自由に飲むタイミングを調整できるのもメリットです。

青汁を飲むタイミングと効果について

青汁栄養価の高い野菜を原料にしているので、野菜不足を解消したり、野菜に含まれる豊富な栄養を手軽に補えたりできるメリットがあります。野菜を原料としているので、信頼と実績のあるメーカーの物を選べば、健康維持や美容にも役立ちます。毎日続ける事が大切ですが、

青汁は飲むタイミングによって、実感できる効果が変わる

と言われています。

青汁は薬ではないので効果の実感には個人差がありますが、成分や原料を吟味して摂り入れたにも関わらず思うように効果を実感できない時は、飲むタイミングを変えてみるのもいい方法です。薬ではないので即効性は期待できませんが、タイミングを変える事で違いを実感できる可能性は高くなります。

青汁を飲む場合はいろいろな目的があります。目的によっておすすめのタイミングは違ってきますので、青汁を取り入れる目的別におすすめのタイミングを紹介します。

ダイエットに青汁を取り入れる時のタイミング

青汁には野菜の栄養がたくさん含まれています。原材料が野菜で低カロリーな事もあって、ダイエットに取り入れられる事が多いです。野菜の栄養素を摂取するには野菜を食べたり野菜ジュースを飲んだりするのも良いのですが、青汁は一度に豊富な栄養を補えるので、ダイエットにありがちな栄養不足もカバーできるというメリットがあります。痩せるために必要な栄養もありますから、栄養バランスを整えることはダイエットには欠かせません。

青汁には豊富な食物繊維が含まれています。この食物繊維の特徴を利用して、ダイエットに取り入れるなら食事の前に飲んでおくのがおすすめです。ダイエットの時、食前にコップ1杯の水を飲むだけでも、お腹が膨らみ早く満腹感が得られるということもありますよね?

青汁には豊富な食物繊維が含まれているので、食前に飲んでおくとお腹の中で食物繊維が水分を吸収し膨らむので、食べ過ぎを抑える事ができます。

さらに食物繊維は食事に含まれる

  • 脂質
  • 糖質
  • コレステロール

などの吸収を抑える効果も期待できるので、これもダイエットに役立ちます。さらに食物繊維には

  • 老廃物を絡めとり排出する作用
  • 老廃物を押し出す作用

もあることから、体の中から余分な物のスムーズな排出を促す効果も期待できます。

便秘解消におすすめのタイミング

青汁は便秘解消にも役立ちます。これは食事繊維が豊富に含まれているというのも理由ですが、この場合は便秘解消に役立つ乳酸菌を配合した青汁もおすすめです。便秘解消に青汁を取り入れる場合は、夜寝る少し前がベストタイミングだと言われています。ただし、飲む時間と寝る時間との間隔が短いと、豊富な食物繊維が腸の蠕動運動を活発にするので、眠りを妨げる事があります。この場合は摂取時間と就寝時間の間隔を、長めに調整した方が良いかもしれません。

また就寝前の摂取は、寝ている間に分泌される成長ホルモンが細胞の働きを活性化させ、青汁の効果をサポートしてくれる副次的な効果も期待できます。

個人差はありますが、寝る前に青汁を飲んでおくと翌朝スッキリを実感する人は少なくありません。体にもいいリズムを刻めるので、規則正しい生活リズムを意識しておくと尚いいでしょう。

野菜不足が気になる人におすすめのタイミング

厚生労働省が推奨している1日350gの野菜を食べるのは、思いのほかとても大変です。野菜が好きでも毎日続けるとなると、かなりの負担を感じでしまいます。青汁は野菜不足を解消するのにも役立ちます。1日1杯から3杯ほどで、足りない野菜も栄養を補えるので、美容にも健康にもいい影響を与えてくれます。

野菜不足を解消したい時は朝飲むのがおすすめです。夜寝ている間もカロリーを消費していますし、前日の夕食からかなり時間が空いているので、朝は体が栄養素を欲している状態です。この状態で青汁を飲むと、効率よく吸収されます。体にも栄養を与える事ができますし、朝からインスタント食品やカロリーの高い物を食べるよりも体に優しいというメリットもあります。

朝食はしっかり食べたほうが体にはいいのですが、どうしても食べられないという場合は青汁を飲んでみてください。

ただし空腹の状態で冷たい青汁を一気飲みすると、胃に負担をかけます。水に溶かす場合は常温で飲むようにしてください。体を冷やしたくないなら、ホットでもOKです。ゆっくりと体に染み渡るのを実感しながら飲んでみましょう。

青汁を飲むタイミング【目的別のおススメ】のまとめ

青汁は健康食品ではありますが、薬ではないので飲むタイミングは特に決まっていません。個々のライフスタイルや、青汁を取り入れる目標に合わせて、自由に調整できます。同じ青汁でも、飲むタイミングを変える事で、実感も変わってきますので、自分に合ったタイミングを見つけてください。

関連記事

  1. 青汁でむくみを解消!【おススメの青汁とその理由】
  2. 大麦若葉の効能と効果【青汁の原材料として有名】
  3. 青汁の持つ美容・美肌効果【健康促進だけじゃない!】
  4. 青汁を美味しく飲む方法【健康効果を苦も無く摂り入れる】
  5. [監修済] 今話題の明日葉青汁の特徴や効果はどうなっているのか?…
  6. 青汁の飲みすぎは良くないって本当?【過剰摂取によるリスク】
  7. [監修済] 青汁に含まれる、妊婦さんに必要な栄養素と摂るときの注…
  8. [監修済] 睡眠に導くホルモンメラトニンが多い青汁の効果

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP