βカロテン

青汁を選ぶなら栄養豊富なケールがおすすめ!【睡眠サポートにも!】

青汁は栄養補助食品の代表格ともいえる商品です。青汁の原料として使われる野菜には様々な種類がありますが、どうせなら栄養価の高いものを選びたいものです。この点ケールは「緑黄色野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高く、ほかの原料にはない成分も含まれています。今回は青汁として使われているケールとはいったいどんな野菜なのか、また含まれる栄養成分についてご紹介します。

ケールを摂るなら青汁がお手軽

お昼は丼物ですませたり、ファーストフードで済ませたりといった食生活をしていると不足してくるのが野菜の栄養素です。定食などに気持ち程度に添えられた野菜の量では、一日に必要とされている摂取量350gにはとても間に合いません。そんな現代人の食生活をサポートしてくれるのが青汁です。

青汁にもいろいろ種類がありますが、中でも代表格はケールです。日本でケールという名前は聞いたことがあっても、見たことがある、よく食べているという人は少ないかもしれません。ケールはアブラナ科の野菜でキャベツの原型とも言われています。しかしキャベツのように丸まっているわけではなく、葉っぱはキャベツのようにしっかりしていますが、形状はサニーレタスのように開いた形で大きく育っていきます。

苦みが強いのが特徴ですが熱を通すと苦みが緩和されるので、炒めものや煮物料理で食したことがある方もいらっしゃるかもしれません。栄養価は高いのですがキャベツほどポピュラーではないので、手にするならネットや、こだわりの野菜を揃えて取り扱っているちょっと高めのスーパーか、デパートなどで探す必要があります。

ですので、お手軽に摂ろうと思う場合は、ケールの青汁で摂るのが簡単です。

ケールならではの成分メラトニン

ケールは青汁の中でも栄養の総合点が高いと言われていますが、その中でもケール特有の成分があります。それは私たちの睡眠と関係の深いメラトニンです。メラトニンは神経にかかわるホルモンで、体内時計を正常に動かす働きを持っています。夜の暗さで刺激され多く分泌されることで眠気をさそう成分です。そして深く眠れるように、眠りの質も高めてくれます。

夜なかなか寝付けないと、精神的にダメージとなり脳も体もしっかりと休めないので、翌日にも疲労を持ちこしてしまう事にもつながります。睡眠を促してくれ、更に質の良い睡眠をもたらす効果を期待できるメラトニンを増やす工夫はいろいろありますが、食品からメラトニンを摂りたいならケールが良いと言えます。

というのも、メラトニンが含まれている量は野菜などの中ではケールが群を抜いているからです。メラトニンを多く含んでいると言われるサクランボには100gあたり1,350ng含まれているのに対し、ケールには100gあたり4,200ngも含まれています。

ケールに含まれる成分で骨を強く

ケールにはミネラル成分であるカルシウムとマグネシウムも豊富に含まれています。特にカルシウムは現代人に不足しがちな栄養素です。これらはストレスがかかることでも消費されやすくなってしまう成分なので、意識的に摂る必要があります。カルシウムは言わずもがな骨を作るのには欠かせない成分です。骨は体を支えたり、体内の重要な臓器を守る役目もあります。

カルシウムとマグネシウムについてはこちら⇒カルシウムとマグネシウムで骨と歯を丈夫に!

また骨の中の骨髄では

  • 赤血球
  • 白血球
  • 血小板

などの血液の主要成分を作る役目もあります。

カルシウムが不足し骨がもろくなるということは、骨が折れやすくなるという問題だけではなく、骨が持つ生命を維持する機能の妨げになる可能性もあるのです。マグネシウムも丈夫な骨を作るために欠かせない成分の一つです。また体内で働く酵素にも必要な成分で、栄養を吸収できるよう変換する仕事にも関わっています。

またマグネシウムにはカルシウムバランスよく摂取することで、自律神経を安定させイライラを鎮める効果を期待できます。最近怒りっぽくなった、ちょっとしたことでイライラしてしまうという場合は、カルシウムとマグネシウムがバランスよく摂取できていない可能性もあります。

青汁の中でもケールにはそのどちらもが豊富に含まれているので、ケールの青汁から摂取することもできます。特にカルシウムは牛乳の2倍の含有量とも言われています。

ケールには他にもこんな働きが!⇒ケールが持つ驚きの効能とは?

目の健康を守るβ-カロテンやルテイン、ビタミンも豊富です

ケールにはβ-カロテンが多く含まれているのも特徴です。その含有量はトマトの5倍とも言われています。β-カロテンは抗酸化作用が強く、活性酸素を除去するのに役立ちます。また体内で必要に応じてビタミンAに変わります。ビタミンAは目の光を感じるロドプシンを構成するのにも必要な成分で、目の健康には欠かせません。

βカロテンについてはこちら⇒βカロテンは体内でビタミンAとして働く

また同じく目に健康維持に欠かせない成分のルテインビタミンCも含まれています。

ルテインについてはこちら⇒ルテインで目の健康を守る!

ビタミンCについてはこちら⇒ビタミンCは美容とストレス対策に効果的!

青汁を選ぶなら栄養豊富なケールがおすすめ!【睡眠サポートにも!】のまとめ

青汁の原料であるケールには睡眠に必要な成分メラトニンや、骨を強くするミネラル、目の健康を守るルテインやビタミン類が豊富に含まれています。これらの作用を期待するならケールを使用している青汁を選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. [監修済] ビタミンCをとって、美肌で風邪知らず。
  2. [監修済] トラネキサム酸で肝斑対策
  3. テアニンの効能と効果について【効率よい摂取方法】
  4. βカロテンの妊娠中の摂取量【摂り過ぎに要注意!】
  5. モロヘイヤに含まれる栄養素の不足や過剰摂取について【バランスよく…
  6. ミネラル不足の悪影響【食べ物で解決しよう!】
  7. [監修済] ストレス緩和におすすめなカルシウムの摂り方
  8. ノコギリヤシの効能を満喫【ビタミンCと一緒に摂る】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP