アトピー

リノール酸の効能と効果【健康に欠かせない必須脂肪酸】

リノール酸は多価不飽和脂肪酸の一種で、健康な体を維持するのに必要な必須脂肪酸として経口摂取する必要があります。コレステロールや中性脂肪などにも作用するといわれているリノール酸の働きについて考えます。

リノール酸は必須脂肪酸

リノール酸必須脂肪酸のひとつで、過不足なく摂取することが求めらる栄養素です。脂肪酸の脂肪という言葉に敏感に反応してしまい摂取するのにためらいがある方も多いのではないでしょうか。

そもそも必須脂肪酸とはどのようなものなのでしょう。三大栄養素のひとつである脂質は、脂肪酸や中性脂肪、コレステロールなどを総称したもので、肉や魚だけでなく野菜など様々な食品から摂取できるものです。

脂質の主な成分となる脂肪酸は、酸素や炭素、水素が鎖状につながった形状をしており、体内で炭酸ガスと水に分解される過程で生じるエネルギーが体のエネルギー源となっています。

脂肪酸は

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

に分けられ、不飽和脂肪酸はさらに

  • 一価不飽和脂肪酸
  • 多価不飽和脂肪酸

に分かれます。一価不飽和脂肪酸は、オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸が有名で悪玉コレステロールを減らす働きがあり、体内でも合成が可能なもので、オメガ9系脂肪酸とも呼ばれます。

オレイン酸の効能についてはこちら⇒オレイン酸が持つ効能や働きについて

一方、多価不飽和脂肪酸は体内で合成することができず経口摂取が必要となる脂肪酸で、その一部が必須脂肪酸とよばれています。多価不飽和脂肪酸には、オメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸があります。このうちオメガ6系脂肪酸の代表的なものとしてリノール酸があります。

リノール酸とα-リノレン酸

リノール酸はオメガ6系脂肪酸であるγ-リノレン酸とともに血糖値やコレステロール値に作用しますが、これとは別にα-リノレン酸というものが存在します。α-リノレン酸はオメガ3系脂肪酸のひとつで、リノール酸と同様に体内で合成することができないものです。

体内に入るとDHAやEPAに変換され血液をサラサラにする作用から動脈硬化や心筋梗塞の予防にもいいといわれています。また、バリア機能をもち、特定の物質の侵入を阻止する働きもある細胞膜を構成する成分としても使われています。

リノール酸

  • 血中コレステロール値
  • 中性脂肪値

一時的に低下させる働きがある一方で、必要量以上に摂取すると

  • アレルギー症状の悪化
  • 大腸がんの発症リスク

招く危険性があるといわれています。

α-リノレン酸は、このようなリノール酸に競合的に働いてアレルギーを抑制する作用があります。必須脂肪酸の摂取にはバランスが大切とよくいわれるのはこのようなことからであり、α-リノレン酸とリノール酸の摂取割合は1:4が理想的であるといわれています。

リノール酸とコレステロール

オメガ6系脂肪酸のひとつであるリノール酸には悪玉コレステロールを減らす働きがありますが、摂取量が多いと善玉コレステロールも減らしてしまうため摂取バランスが大切になってきます。リノール酸はコーン油大豆油といった一般的に使用することの多い植物油に多く含まれおり、日本人はオメガ6脂肪酸のほとんどをリノール酸から摂取しているといわれています。

それほど意識することなく食事から必要量を摂取することができますが、逆に摂取し過ぎているともいわれており、それによって善玉コレステロールの減少や動脈硬化の発症の原因となってしまうこともあるので摂取には注意が必要です。

リノール酸は、オメガ6系脂肪酸であるγ-リノレン酸やアラキドン酸に変化します。

γ-リノレン酸は、血糖値・コレステロール値・血圧を下げる働きがあるとともにアトピー性皮膚炎の痒みを抑える働きがあります。

また、アラキドン酸は、

  • コレステロール値を下げる
  • 免疫機能や血圧をコントロールする

などの働きがありますが、摂り過ぎると

  • 動脈硬化の原因
  • アレルギー性疾患の症状の悪化

などの悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要となります。

リノール酸の肌への働き

リノール酸には保湿や抗炎症作用などがあるといわれています。保水力を発揮して肌の角質から水分が蒸発するのを防ぐとともに、肌をなめらかにしてくれる作用があります。リノール酸は酸化されやすい不飽和脂肪酸のひとつであるため、酸化防止の働きをする成分が配合されたものを使用するとより効果を高めることができるでしょう。

ベニバナ油から精製・処理されたリノール酸Sは、厚生労働省からも美白成分として認められています。リノール酸は肌への浸透力が高い半面、表面のシミやシワへの効果が出にくいとされていましたが、リノール酸Sの登場によりメラノサイトがある表皮に作用するものとして期待されています。

紫外線を浴びることで活性酸素を発生させメラニン色素の定着を促すといわれる酵素、チロシナーゼの活性を抑える栄養成分は他にもありますが、リノール酸Sはチロシナーゼそのものを分解する働きがあるためメラニン生成の抑制に高い効果があるといわれています。

リノール酸リノール酸Sも含め、乳液や美白クリーム、洗浄剤やヘアコンディショナーなどにも使用されており、植物油由来の成分であることから普段のスキンケアにも安心して使うことができるといえるでしょう。

リノール酸の効能と効果【健康に欠かせない必須脂肪酸】のまとめ

リノール酸は血糖値やコレステロール値に作用するだけでなく、スキンケアにも働きがある必須脂肪酸です。アレルギーの症状の緩和にも効果があるとされていますが、他の脂肪酸とのバランスをとって摂取することが大切です。

関連記事

  1. トマトのイラスト リコピンで肥満になりにくい身体に!【効率の良い摂り方】
  2. グレープフルーツ グレープフルーツは美容に関する成分が豊富!【グレープフルーツの成…
  3. ローマカミツレ ローマカミツレエキスの効能と効果について【育毛効果もあるの?】
  4. ビタミンB1の効能と効果【米ぬかの中から発見された】
  5. クルミは栄養満点の健康食品!【クルミの働きと効果的な摂り方】
  6. テアフラビンは紅茶に多く含まれる【健康に良い効果がたくさん】
  7. トマトのイラスト リコピンを食品として摂ろう!【上手な摂り方について】
  8. [監修済] 酵素の多様な作用によるアトピー改善効果について

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP