リジン

[監修済] 必須アミノ酸の一種であるリジンにはどんな働きや効能があるのかについて

もともと牛乳から発見された動物性たんぱく質に含まれている必須アミノ酸のひとつであるリジンは、免疫力の向上や生活習慣病の予防に効果があるといわれています。その具体的な働きや効能について考えます。

リジンの特徴

リジンは動物性たんぱく質に豊富に含まれる必須アミノ酸の一種で三大栄養素のひとつであるタンパク質を構成するのに必要不可欠なものです。カルシウムの吸収率高めて骨を丈夫にしたり、ホルモンや酵素などをつくったりする働きを担う大切な栄養素であり、欠乏すると成長障害や骨粗鬆症を引き起こす可能性があるといわれています。リジンは必須アミノ酸でありながら体内では合成することができないため、食品から摂取しなければなりません。現代人の生活では必須アミノ酸の中でも不足しやすいものといわれており、積極的に摂取することが望まれています。

リジンはもともと牛乳から発見されたアミノ酸であり、タンパク質に2~10%の割合で含まれています。タンパク質は体をつくる元となるとともに細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ抗体の材料としても使われるため免疫機能の強化にも不可欠な栄養成分です。リジンは日本人の主食である米をはじめとする穀類にはあまり含まれておらず、肉類や魚介類、乳製品や大豆製品など様々な食品をバランスよく摂取することが求められるため、偏った食事が多い人は特に不足しがちであるといえるでしょう。

リジンの育毛効果

リジンには男性の脱毛症の改善に効能があるとされていて育毛剤の成分として使用されることもあります。リジンには育毛において2つの大きな効果があります。そのひとつは、リジンを摂取することでたんぱく質を補給できるという点です。頭髪はタンパク質の一種であるケラチンとアミノ酸から主に構成されています。アミノ酸は体内でタンパク質が分解されることによって生成されるため、アミノ酸の元となるタンパク質を摂取することは育毛の土台を築くことになります。

リジンの育毛におけるもうひとつの効果は、そのメカニズムは解明されていませんが、発毛成分であるミノキシジルとフィナステリドの体内での吸収率を高めるといわれています。リジンは摂取することでカルシウムの吸収率を高めますが、この2つの成分についても同様の作用があるものと考えられています。イギリスでは男女や原因を糖ことなく薄毛や抜け毛の人にリジンを摂取してもらったところ、その有効性が証明され特許を取得している会社もあるほどです。ストレスなどによる一時的な円形脱毛症だけでなく男性の広範囲の脱毛にも効能があったことから今後も期待がもてることでしょう。

疲労回復や免疫力の向上

タンパク質を構成するアミノ酸の一種であるリジンには、体の組織の修復や成長に効能があることがわかっています。ホルモンや酵素を作る働きもあることから子どもの発育促進や骨を丈夫にするためには大切な栄養成分であるといえます。また、リジンには、タンパク質の吸収を促進させてブドウ糖の代謝を促す働きがあるため疲労回復に効能があるともいわれています。また、疲れをとるだけでなく集中力を高めてやる気を引き出す効果もあり、健康的な生活を送るうえで必要となる栄養成分といえるでしょう。

リジンはウイルスなどの侵入を防ぐ抗体などの材料となり、ウイルス性の病気である口唇ヘルペスなどの予防や改善にも効果があるといわれています。特に唇などに疱疹が生じる単純疱疹の原因となる感染を予防する効能があり、感染症に対する抵抗力を高めることがわかっています。組織の修復や免疫力の向上に大きな効能があるリジンが健康を維持するためにいかに大切であるかがわかります。

肝機能の強化と脳卒中の発症防止

肝臓は、脂肪やアルコールの分解などで負担が大きな臓器のひとつです。特に脂肪が分解されずに中性脂肪として体内に蓄積すると脂肪肝をはじめとする様々な生活習慣病のリスクを高めることとなってしまいます。リジンを摂取することにより、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが活性されて蓄積されやすい中性脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、肝臓の負担が軽減されて結果的に肝機能が高まるのです。さらに、脂肪の燃焼に必要なカルニチンを合成してくれるのでダイエット中にリジンを摂取することで効果を高められるといえるでしょう。

リジンは血中の飽和脂肪酸やコレステロールを減少させるのに作用するともいわれており、肝機能が高まることでホルモンが生成され精子の子宮への着床率が高まることから不妊治療のサポートとして女性が摂取することもあります。また、リジンを摂取することで血圧を下げる効果が期待でき、脳卒中や高血圧、動脈硬化などの発症リスクを抑制することができるともいわれています。

「必須アミノ酸の一種であるリジンにはどんな働きや効能があるのかについて」のまとめ

必須アミノ酸のひとつであるリジンは、体をつくる元となるタンパク質の構成に必要不可欠な栄養素です。肝機能の強化や抗ウイルス作用、疲労回復や免疫力の向上など健康によい様々な働きや効能があります。

関連記事

  1. [監修済] 女性の体に様々な効能やよい働きをしてくれるジャスミン…
  2. [監修済] 栄養価の高いハトムギの体での働きとその効能
  3. [監修済] 保水力抜群のナノヒアルロン酸の働きと効能
  4. [監修済] ギムネマの体にうれしい働きとその効能とは
  5. [監修済] 高い美容効果が期待できるというマロニエの働きや効能に…
  6. [監修済] 美しさと健康の為に期待できるごぼうエキスの働きと効能…
  7. [監修済] 飽和脂肪酸の働きと効能
  8. [監修済] 糖質の種類とその働きについて:糖質不足の危険性につい…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP