健康効果

青汁を美味しく飲む方法【健康効果を苦も無く摂り入れる】

青汁と聞くと、くせや苦みがあるためか、飲みにくいと思われている方も多いかもしれません。しかしながら、最近は飲みやすいタイプのものが増えたり、飲み方にたくさん工夫がなされたりして、ずいぶんと飲みやすくなってきています。特に飲みやすいものであれば、小さなお子さんでも飲めるようなやさしい味わいになっていることも。そこで、ここでは青汁を美味しく飲む方法をご紹介し、苦手と思われている方にも飲めるようなレシピやアイデアを解説します。せっかく健康によい食品なので、美味しく体に取り入れてみましょう。

どうしたら青汁を美味しく飲めるのか

青汁が苦手という人は、たくさんいることでしょう。青汁を苦手に思うのは、

  • 苦みが強いこと
  • 臭みが強いこと

があるからではないでしょうか。この2つの理由を取り除くことができれば、青汁に親しめるきっかけになることでしょう。これには、青汁と何かを混ぜたり、足したりして、臭いや苦みを和らげる必要があります。

しかし、まず根本としては、自分の好みの味の青汁を見つけるというのも重要なポイントとなるかもしれません。最近はたくさんのメーカーが、色々な種類の青汁を作っています。味わいや香りもそれぞれ違いますし、粉末や錠剤などもあります。自分の飲みやすいタイプのものを見つけましょう。

ほかにも、どのタイミングなら自分が飲みやすいかを考えるのもおすすめです。食べる前に飲めば、過剰な食欲を抑えられるなどの効果もあります。ほかにもおやつ代わりに飲んだり、軽めの食事を青汁に置き換えたりなど、いろいろな方法があります。無理せず続けられる方法を探してみましょう。

何かと混ぜて飲む

牛乳と一緒に

青汁を単体で飲むのは苦手な方でも、何かと混ぜ合わせて飲むと不思議とくせが少なくなり、飲みやすくなるということがあります。一番のおすすめは、乳製品といっしょに飲むことです。

よく飲まれているのは牛乳との組み合わせではないでしょうか。青汁の苦みや独特の香りが牛乳によってやわらぎ、まろやかな印象に変わります。牛乳と一緒であればカルシウムなどの栄養も同時に摂れるため、お子さんにもぴったりです。

豆乳もおススメ

豆乳と大豆

脂肪分などが気になる方は、豆乳と組み合わせるのがよいでしょう。豆乳であれば、牛乳に比べカロリーも低く、美肌効果もあるため、特に女性にはこちらがおすすめです。きな粉や胡麻などと一緒に食すなど、アレンジを加えてるのも面白いですね。

ヨーグルトにも

ほかには、ヨーグルトに混ぜ合わせるのもおいしく飲む方法のひとつです。普通のヨーグルトに混ぜてスムージーのようにしてもよいですし、飲むヨーグルトと混ぜて、牛乳や豆乳と同じように味わうのもよいでしょう。

フルーツや野菜と一緒に

ビタミンなどと一緒に摂取したいのであれば、野菜ジュースやフルーツジュースなどと組み合わせるのもおすすめです。

野菜ジュースであれば、ほかの野菜の風味で青汁のくせを控えめにすることができます。さらに青汁に含まれている野菜だけでなく、ほかの野菜の栄養も取ることができるので、一石二鳥といえるでしょう。

もう少しまろやかに、少し甘めに飲みたいのであれば、フルーツジュースと一緒に飲んでみてはいかがでしょうか。青汁は意外にもフルーツと相性がよく、よほどのことがないかぎり、ほとんどのフルーツジュースとうまく混じり合います。苦みが特に苦手な方や、フルーツがお好きな方には、こちらのほうが美味しく飲めることでしょう。

何かを少しプラスして楽しむ

ほかのドリンクと混ぜ合わせる以外にも、青汁に何かを少しプラスするだけで、新たに美味しく飲む方法を見つけることができます。

はちみつ

はちみつは青汁にプラスするひそかな人気アイテムとなっています。数滴垂らして甘みをプラスすれば、苦みもあまり気にならなくなることでしょう。青汁が少し甘くなれば、その飲みやすさは全然違います。はちみつ以外にも、好みでメープルシロップや、黒蜜をかけても美味しいです。ほかには、オリゴ糖などを加えてもよいでしょう。

オリゴ糖はカロリーが低いので、ダイエットを意識している方にはこちらのほうがよいかもしれません。

オリゴ糖についてはこちら⇒オリゴ糖が身体によい理由

グレープフルーツ・レモン

青汁はその味わいだけでなく、青くさい香りを苦手とする方も多くいらっしゃいます。そんな方には、グレープフルーツやレモンなどのかんきつ類のしぼり汁をほんの少し入れるのがおすすめです。青汁特有のにおいが消え、フレッシュな香りになります。

青臭さがなくなれば、すっきりした気持ちで青汁を取り入れることができるでしょう。

青汁を美味しく飲む方法【健康効果を苦も無く摂り入れる】のまとめ

苦手なものを無理して摂取することができる人ももちろんいらっしゃいますが、いやいや飲むよりは、やはりおいしく飲んで続けたほうがよいはずです。特に青汁は体によいもの。定期的に摂取すれば、体によい効果をもたらしてくれる存在です。青汁を飲みたいけれど苦手やきらいがある方は、何かを加えるなどして工夫しながら飲めば、美味しく飲むことができます。青汁を美味しく飲む方法を実践して、日常に青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. リンゴ酢を美容に活かす!【健康効果を手軽に満喫しよう!】
  2. [監修済] アサイーの健康効果は誰でも堪能できる
  3. 月桃の健康効果!【スキンケアにも役立つ摂り入れ方】
  4. レモングラスの健康効果【おすすめの活用法と摂り方】
  5. レジスタントスターチの健康効果【食品からの摂り方】
  6. [監修済] 青汁に含まれる、妊婦さんに必要な栄養素と摂るときの注…
  7. リンゴ酸の優れた健康効果【世界に誇る日本のりんご】
  8. [監修済] 今話題の明日葉青汁の特徴や効果はどうなっているのか?…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP