ナイアシン

[監修済] 飲む機会が多い方にはナイアシンの二日酔い効果

新年会や忘年会、新人歓迎会や送迎会と社会人になると、何かと飲む機会が増えてきます。ナイアシンには、二日酔いを防止する抑止効果があり、最近はサプリメントなどに配合される事が多くなっています。

ナイアシンとは

ナイアシンとはビタミンB3の事で、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称なのです。水に溶けやすく、熱に強いという特性を持つビタミンで、三大栄養素と言われている糖質や脂質とタンパク質の代謝には、無くてはならないビタミンと言えるでしょう。体内では補酵素として働いていますので、エネルギー代謝中において酸化還元酵素してとても重要なビタミンで、不足すると様々な弊害も起こります。このビタミンB3は、蛋白質に含まれている物質で、動物性や植物性の蛋白質であれば、摂取することは可能です。

ただし、食品中に含まれているビタミンB3は微量なもので、ビタミンB3を多く含む蛋白質か、最近はサプリが売られていますので、こちらを利用する事で効果的に摂取する事も可能です。また、過剰摂取による弊害も少なく、安心して摂りいれられるという事もあります。しかし、サプリなどで摂取される場合に問題点として指摘されているのが添加物の問題です。ビタミンB3が、比較的安全なものと認知されている昨今、この添加物や不純物による副作用や中毒が近年危険視されています。

ナイアシンの働き

ビタミンB3でもあるナイアシンの働きは、我々が食物から日頃摂りいれている糖質や脂質を、体内で利用できるようにエネルギーに変える働くをしているのです。特に重要に作用しているのは、循環系や消化系に神経系の働きといった、人間には重要な場所でその働きを促進させていますので、ビタミン類の中でも特に大事な栄養素と言えるでしょう。性ホルモンにも関与しており、その他の重要な化学シグナル分子を合成する場合にも使われるビタミンで、その摂取量も男性で15mg、女性で12mgは必要とされている栄養素です。

血中コレステロールを低下させるのに役立つ成分でもあり、食品中に含まれるクロムと同時に摂取する事で、より効果的に摂り込む事ができます。特に頻繁に摂りいれる事は大事で、長期にわたって摂取する事で、心血管疾患によるデメリットを、大幅に減らす事がわかっているほどの効果が期待できるのです。また、胃腸などを含む消化器官の働きを活発にし、インスリンの合成にも必要な成分ですので、糖尿病予防にも効果があるのです。さらに高血圧予防や、皮膚や粘膜を健康を維持するのにも役立ちます。

ナイアシンと二日酔いの関係性

飲み会など、アルコールを摂取する機会が多いのは、何も社会人だけではありません。大学では歓迎コンパと称して、現在でも大量の飲酒によって、死亡事件が多発するなどニュースでも良く騒がれています。過度な飲酒は体を壊すだけでなく、後味の悪いものとなり事も多いので、飲み方は薦める方も考えなければなりません。飲酒をすると体内には、「アセトアルデヒド」という物質が作り出されますが、この成分は体に害を及ぼす毒素なのです。

アセトアルデヒドが体内に取り込まれると、悪酔いや二日酔いの原因となるばかりか、頭痛や吐き気にめまいなど酩酊状態に陥り、気分が悪くなる症状の最大の原因となっています。この状態でさらに飲酒を続けると、呼吸困難や激しい動機に襲われ意識不明に陥り、最悪命の危機を及ぼす事になります。ナイアシンは、この非常に害のあるアセトアルデヒドを分解する働きがあるのです。ビタミンB3は食品中に多く含まれている栄養素で、偏った食事をしなければ不足する事はありませんが、飲酒の多い方や忙しく働く方は不足する場合がありますので、余分に摂取する必要があります。

ナイアシンを多く含むもの

ビタミンB3はバランスのいい食事を行っていれば、基本的に不足するものではありませんが、欠乏すると皮膚炎や口内炎、神経炎や下痢などの症状を生じる事もあります。また、二日酔い対策にはかなり効果がありますので、飲酒前にサプリなどを飲んでおくと、悪酔いする事を避ける事ができます。ただし、服用しているからと無茶な飲み方は厳禁で、周囲にも迷惑になりかねません。また飲酒というものは、場を盛り上げるためのコミュニケーションのひとつであるとの認識を持ち、良識のある飲み方を心がけなければなりません。

ビタミンB3は、食品中の蛋白質に含まれている栄養素ですが、こうしたものが多く含まれているものを、お酒のつまみとして召し上がるのも、効果的な飲酒に役立つ事でしょう。特に多く含まれているものには、動物性のものが多く特に動物性の中でも、かつおやめざしにまぐろなどの青魚の中に多く含まれているほか、特にたらこには倍以上のビタミンB3が含まれているのです。また、レバーにも多く含まれており、野菜ではマイタケやエリンギにシメジといった、キノコ類に多く含まれているのがその特徴と言えるでしょう。

「飲む機会が多い方にはナイアシンの二日酔い効果」のまとめ

ナイアシンは水溶性のビタミンB3で、二日酔い防止にも大きな効き目があります。一般的に不足する事が少ないと言われますが、多く摂取してもさしたる問題はありません。特に飲酒前に服用しておくと、抑止欲としての働きが見込めます。

関連記事

  1. [監修済] セサミンは二日酔いにも効果的です
  2. [監修済] ナイアシンには血行を促進させる健康効果がある
  3. アラニンで二日酔い予防!【保湿効果だけじゃない】
  4. ニンジンエキスとその活用法【人参の効能・効果】 
  5. アミノ酸の健康効果と含まれる食品は?【二日酔いにも!】
  6. [監修済] 二日酔いを予防、撃退!ルイボスティーでアルコールに負…
  7. [監修済] 乳酸菌が二日酔いに効くって本当?腸から身体をキレイに…
  8. [監修済] 気になるナイアシンの不足によって起こる体の不調

ピックアップ記事

  1. トマトのイラスト

カテゴリー

PAGE TOP