ルイボス

[監修済] 二日酔いを予防、撃退!ルイボスティーでアルコールに負けない身体づくり

お酒を飲み過ぎた次の日、吐き気やめまい、頭痛、身体がだるいといった症状に悩まされる方は多いと思います。これらは、全て二日酔いが原因だと言われており、そのせいで仕事も手につかない…といった酷い症状が出る場合もあります。でも、二日酔いのメカニズムを知り、普段からしっかりと対処することで事前に症状を抑えることが可能です。ルイボスティーも二日酔いに効く飲み物の一つですよ。

二日酔いとルイボスティーの関係性

お酒を飲むと、そのアルコールは全て肝臓へと吸収されます。吸収されたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドへと変わりますが、このアセトアルデヒトこそ二日酔い特有の頭痛や吐き気、身体のだるさを引き起こす原因です。身体にとって有毒な物質であるアセドアルデヒトは、体内に蓄積されることで二日酔いを引き起こします。

アルコールを分解するには大量の水分が必要ですが、排出の際、身体にとって必要なミネラルなども排出されてしまいます。ミネラルが欠乏した身体は、肝機能が衰え、余計にアルコールの分解が滞ってしまい、結果的には二日酔いを悪化させてしまう可能性があります。ですので、アルコールを飲んだ後、排出を促そうとミネラルウォーターをガブガブと飲んでしまうのは逆効果なのです。結局、ミネラルウォーターを多量に飲んだことで、肝機能が正常に働く為のミネラルなどを奪い、二日酔いの原因であるアセトアルデヒトを体内に蓄積させてしまいます。さらに、アルコールを飲んだ後の水分補給は、飲めば飲むほど体内にあった水分までを消費してしまうので、脱水症状のリスクも高まります。

また、アセトアルデヒトを分解する時、体内で作られる活性酵素には身体を錆びつかせてしまうという特徴があります。人間は皆、呼吸やタバコ、大気汚染、ストレス、アルコールなどから活性酵素を体内に取り込んでしまいます。この活性酵素は、まるで雨風に晒された鉄のように、身体を内側から酸化させてしまうのです。その結果、健康な細胞までが傷つき、アルコールを分解することにおいて一番大切な臓器である肝臓の働きを弱めてしまいます。そんな時こそ、活性酵素を除去するのに有効な食品を利用したいものですが、それこそがルイボスティーなのです。

ルイボスティーが二日酔いに効く理由

ルイボスティーには活性酵素を除去するのに効果的なSOD様物質が含まれており、活性酵素を除去しつつ肝機能を高めてくれると言われています。それだけでなく、ルイボスティーにはアルコールを排出する際に欠乏してしまうミネラルの補給にも役立つ為、一石三鳥以上の効能が期待できます。

また、二日酔いになってしまった後はもちろんですが、日頃からルイボスティーを飲むことで二日酔いを未然に防ぐこともできます。ルイボスティーには、元々、ミネラルやプロテインといった肝機能を高める成分が豊富に含まれています。その為、普段の生活にルイボスティーを組み込むことで、血液中のアルコール濃度を抑え込み、アルコールを飲んでも肝機能を衰えさせないような身体づくりを行うことができます。

飲み会などが多い方、お酒が苦手な方は、日頃から濃い目に抽出したルイボスティーを通常のお茶代わりに飲むようにしましょう。癖が少なく飲みやすいルイボスティーは、独特な味わいを持つウコンなどよりも取り入れやすくオススメです。また、飲み会の直前にルイボスティーを飲んだリ、アルコールとルイボスティーを割ったりして飲むのも効果的です。

カフェインゼロで身体に優しいルイボスティー

ティー=お茶と聞くと、カフェインをイメージする方は多いと思いますが、ルイボスティーはカフェインゼロの身体に優しい飲み物です。その為、小さな子供でも安心して飲むことができ、家族そろってルイボスティーを楽しめます。嬉しいことに、ルイボスティーに含まれるミネラルは、人間の体液と同じバランスで成り立っています。

ですので、アレルギー症状なども出にくく、誰もが安全に飲めるお茶です。ルイボスティーは、原産地である南アフリカ共和国では「不老長寿」「奇跡」と称されることも多く、それほど古くから人々の健康において親しまれてきたお茶でもあります。

ルイボスティーの効能を最大限に引き出すには、淹れ方も重要です。まず、ヤカンに1.5ℓの水を入れ、沸騰させる前に2.5g程度のルイボスティーを入れます。ルイボスティーは、最初からティーバッグに入っている物でも問題ありませんが、量を調節するにはティーバッグに入っていないものを自分でティーバッグに入れる方が使い勝手が良いでしょう。そして、沸騰させ、10分程度煮出します。火を止め、ティーバッグが入った状態のまま熱を冷まします。冷めてからティーバッグを取り出すことで、濃く効能の強いルイボスティーを味わうことができます。早く冷ましたい場合は、ボールに水を入れ、そこにヤカンを入れておきましょう。この場合も、冷えた後にティーバッグを取り出します。

ルイボスティーの過剰摂取による副作用

二日酔いなどに優秀な効果を発揮するルイボスティーですが、過剰摂取によって腹痛などの副作用が懸念されています。その理由としては、ルイボスティーの原産地である南アフリカ共和国の土壌に関係があります。ハーブの一種であるルイボスの木は、南アフリカ共和国の水銀が含まれた土壌に生育しています。その為、ルイボスの落ち葉を発酵、乾燥させたルイボスティーにも水銀が含まれている可能性は否定できません。

とはいえ、日本に輸入されているルイボスティーは、全て厳しい品質検査をクリアした商品のみです。日本の市場に出回っているルイボスティーは、ほぼ副作用が出ないと考えて間違いないでしょう。どうしても気になる方は、パッケージに「水銀検査済」の表示がされている商品を選ぶようにしましょう。

「二日酔いを予防、撃退!ルイボスティーでアルコールに負けない身体づくり」のまとめ

ルイボスティーは、美味しいだけでなく二日酔いを予防したり改善したりするのに効果的な飲み物です。自分で淹れるのはもちろん、ペットボトルのルイボスティーを利用するのも正解ですよ。

関連記事

  1. [監修済] 飲む機会が多い方にはナイアシンの二日酔い効果
  2. [監修済] 美肌にいい成分が沢山つまったアフリカ生まれのルイボス…
  3. [監修済] セサミンは二日酔いにも効果的です
  4. [監修済] ルイボスを摂取すればあんなに苦しむアトピーを抑えられ…
  5. [監修済] ルイボスティに含まれるリラックス安眠効果
  6. ルイボスティーの飲み方【女性におすすめなハーブティー】
  7. [監修済] ルイボスっていったいどのようなものでどんな効果がある…
  8. アミノ酸の健康効果と含まれる食品は?【二日酔いにも!】

ピックアップ記事

  1. as

カテゴリー

PAGE TOP