アンチエイジング

ポリフェノールが含まれる食品は?【上手に摂取しよう】

ポリフェノールには健康維持に役立つ様々な効能があるので、いろんなところで身体に良い効果があると紹介されています。そこで、今回はポリフェノールはどのような食品から摂取すればよいのか解説します。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

ポリフェノールはどのような食品に含まれているの?

ポリフェノールという言葉は日本にもかなりの広がりを見せて、おそらくほとんどの方が聞いたことがあるものとなっているでしょう。そんなポリフェノールですが、これは「ポリ」と「フェノール」という言葉がくっついて産まれたものです。

  • 「ポリ」は「たくさんある」という意味
  • 「フェノール」は「色素の元や香料の元となる物質」

のことです。なので、このポリフェノールというものは総称に該当するのです。実際に数字で表すと自然の中には5000種類はあると言われており、ものすごく豊富なものとなっているのです。

なので、一口にポリフェノールと言っても効果が同じものではありません。種類によっては効果が勿論異なっています。

そんなポリフェノールが大量に含まれているのは

  • ブルーベリー
  • すもも
  • ぶどう
  • イチゴ

といった果物

  • ワイン
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶

といった飲み物、あとは大豆カカオ豆といったところでしょう。

特に、カカオ豆に含まれているカカオポリフェノールは有名でポリフェノールの名前を全面に押し出したチョコレートもたくさん存在しております。

食品に含まれるポリフェノールについて詳しく教えて!

ポリフェノールは種類が豊富でポリフェノールという名前で呼ばれないことが多々あります。なので、気が付かないうちに摂取しているものも数多くあるでしょう。

そこで主だった名前を記載しますが、ポリフェノールの一種であるフラボノイドには

  • カテキン
  • アントシアニン
  • タンニン
  • ルチン
  • イソフラボン

というものがあり、フェノール酸にはクロロゲン酸があります。

クロロゲン酸の効能はこちら⇒クロロゲン酸で脂肪を燃焼!

他にも

といったものがあるのです。

ここで出てきた名前をおそらく皆さん聞いたことがあるものが含まれているはずです。カテキンはお茶やワイン、そしてカカオチョコレートといったものに良く含まれていますし、イソフラボンなどは大豆を使った食品に含まれているのです。

なので、多くの方々は意識せずに摂取しているのではないでしょうか。

緑茶

カテキンについて詳しくはこちら⇒カテキンの効能と効果について

ポリフェノールの含有量が多い食品は?

ポリフェノールの含有量が多い食品について解説します。

  • ブルーベリーは100g中300mgのアントシアニン
  • すももは250mgのタンニンクロロゲン酸
  • イチゴエラグ酸が230mg

含まれております。あとは

ブドウにもアントシアニンが200mg

ほど含まれております。

また、

  • 赤ワインにはアントシアニンが約230mg
  • コーヒーにはタンニンクロロゲン酸が200mg
  • 緑茶には有名なカテキンが約110mg

ほど入っているようです。

また、チョコレートは230mgほどのカカオポリフェノールが含まれています。

これらの含有量を調べるとワインやブルーベリー、コーヒーやすももやチョコレートといったものに多くのポリフェノールが含まれているものということが分かりますが、ワインのがぶ飲みやチョコレートを大量に摂取するのは色々と弊害が大きくなってしまいます。なので、摂取するときには工夫を凝らすようにしてください。

ポリフェノールの含有量が多い食品を摂取するとどうなるの?

ポリフェノールは種類が豊富で効果も異なるのですが、共通している効果は抗酸化作用と抗菌作用といったところでしょう。抗酸化作用が強ければ強いほど活性酸素を除去することができるので、老化防止を行うことも可能でアンチエイジング効果も期待できるでしょう。

もともと、この活性酸素は

  • ストレス
  • タバコ
  • 紫外線
  • 激しい運動
  • 加工食品

などで増えていくので、気が付かないうちに増えていってしまいます。この活性酸素の増殖を防止するためには抗酸化作用があるものを摂取する必要がありますが、ポリフェノールはその抗酸化作用が強いということなのです。

また、抗菌作用と言われると風邪に強くなるといったイメージがあるかもしれませんが、ニキビや肌荒れといった肌トラブルを抑える作用もあるので、こちらも女性にとって強い味方となる作用と言えます。

他の効果はポリフェノールによって変わってくるものとなっていますが、最もポリフェノールが有名となった理由はやはり、強力な抗酸化作用と言えるのではないでしょうか。活性酸素は女性の方々に強く注目されているものなのですが、活性酸素が溜まりすぎると体の老化が加速度的に進み、血管の老化すら進むと言われております。血管の老化は厄介な病気を引き起こすので、男性の方々も放置するのははっきり言って危険です。

なので、例え美容といったものに興味がない男性陣の方々も積極的にポリフェノールは摂取するようにしてください。チョコレート等が嫌いな人はサプリメントといったものを利用してください。

ポリフェノールが含まれる食品は?【上手に摂取しよう】のまとめ

ポリフェノールはいろんな食べ物に含まれていますが、種類が非常に豊富です。しかし、共通的な効果である抗酸化作用はどのポリフェノールから得られるので、効率よく摂取しましょう。

関連記事

  1. オスモチンとは?【オスモチンの効能と効果】
  2. トマトのイラスト リコピンを食品として摂ろう!【上手な摂り方について】
  3. お茶の歴史と製法【世界中で愛される理由は豊富な健康成分】
  4. [監修済] フラボノイドの摂取で更年期障害が治るのか
  5. ポリフェノールで活性酸素を除去しよう!【アンチエイジング効果で健…
  6. EMRの驚きの効果【タンパク質と合わせて筋力UP】
  7. 〇 × βカロテンと喫煙との関係【極端な過不足は避けよう】
  8. 豆乳と大豆 大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?【摂り過ぎには注意】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP