記事の詳細

クロロゲン酸は主にコーヒーなどに含まれるポリフェノールの一種です。今このクロロゲン酸が注目されています。それは脂肪燃焼効果です。その他の効能や副作用などの情報などもまとめました。コーヒーポリフェノールとも言われるクロロゲン酸について詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

Coffee beans raw and toasted close up on the white

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸はコーヒーポリフェノールとも呼ばれる強い抗酸化作用がある栄養成分で様々な健康効果があります。コーヒーポリフェノールというぐらいなので、主にコーヒーに多く含まれています。フェノール酸の一種であるクロロゲン酸は、特にコーヒーには多く含有されていて、コーヒーと言えば、カフェインというイメージですが、クロロゲン酸は5%~10%という量が含まれていて、カフェインよりも多く含有されています。コーヒーの複雑で重厚な香りや味は、このクロロゲン酸によるものだという考え方もあります。その他にはなす、ごぼう・ジャガイモの皮・春菊・プルーンなどに多く含まれています。日ごろからコーヒーを飲む人もいるかと思いますが、毎日のコーヒーが思わぬ健康効果があるのです1日に3杯から6杯のコーヒーの摂取で糖尿病や心疾患、肝臓病などの疾患のリスクを低減させる効果があることが確認されています。これがクロロゲン酸の効果・効能です。ではクロロゲン酸にはどのような効果・効能があるのでしょうか?

クロロゲン酸の効果・効能を詳しくみていきましょう。

クロロゲン酸ポリフェノールは私たちの健康に様々なうれしい効果をもたらしてくれます。

抗酸化作用

ストレスなどが原因で、普通の酸素よりも強い力を持った酸素が体内に過剰に発生してしまいます。しかし、クロロゲン酸によって、この酸素によるダメージから体内の細胞を守ってくれ、老化を防ぐことができます。

ダイエット効果

クロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きがあるので、脂肪肝を予防することが可能です。脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことで、メタボリックシンドロームにも繋がると言われています。放っておくと、肝炎などの病気を引き起こす可能性もあり、事前の予防が重要となってきます

糖尿病の予防

糖尿病は、運動不足や肥満症など、不規則な生活によって体内で糖が過剰に合成されることによって引き起こされます。また、糖尿病が悪化すると、動脈硬化や全身の血管や神経などに多大な悪影響を及ぼします。このような糖尿病の原因となる糖の生成を抑えてくれるのがクロロゲン酸です。以上から、食事やサプリメントで効率的にクロロゲン酸を摂取すれば、生活習慣病を予防することができます。

老化抑制作用

アンチエイジングは体の錆び、つまり酸化が原因です。クロロゲン酸が酸化を防ぐことで若くあり続けることができます。

コレステロールを抑制

クロロゲン酸には善玉コレステロールの機能を高めて、余分なコレステロールを肝臓に戻します。

血糖値の上昇を抑制

クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑える働きがありますので、食事前にコーヒーを飲むのは効果的です。

糖分の吸収を遅らせる

党の吸収を抑えるということは、ダイエット効果にもつながります。

まだクロロゲン酸の効果・効能はありますが、代表的なものをピックアップしました。現代人の様々な悩みや患いに対処できることで注目されているのがクロロゲン酸ポリフェノールです。毎日数杯のコーヒーが知らずに知らずにあなたの健康を支えてくれているかもしれません。

ダイエットに効くコーヒーポリフェノールクロロゲン酸

クロロゲン酸は、ダイエット効果のあるポリフェノールです。最近では、コーヒーに関する研究が世界的にも進んでいて、海外では、未成熟の緑色のコーヒー豆から抽出したクロロゲン酸を利用したダイエットサプリメントが爆発的にヒットしたことから、脂肪の燃焼や脂肪の分解を促進する働きが確認されています。日本でも、クロロゲン酸を含むコーヒーが特定保健用食品の表示で販売されていることからも、ダイエット効果や肥満防止効果が期待できます。

おすすめはこちらになります

コーヒーの摂取によって糖尿病、子宮がん等の発生リスクが抑えられるという研究もあり、これらの背景にはクロロゲン酸のコレステロール抑制効果があるとみられています。このような効果からコーヒーポリフェノールを抽出することで作られたダイエットサプリ等が販売されています。コーヒーポリフェノールを含むダイエットサプリには、脂肪燃焼効果や脂肪分解促進効果が謳われています。

副作用はないの?

クロロゲン酸は健康によさそうなので摂取したいけど、副作用も気になるところです。クロロゲン酸の副作用ですが、大量に摂取すると、ミネラルの吸収を妨げるといわれていますが、毎日の数杯程度のコーヒーなら全く問題はありませんし。問題なのはカフェインの方が副作用があるように思います。カフェインといえば、眠気を覚ますという効果がありますが、大量に摂取していまうと、不眠や心拍数の上昇、イライラや不安感などの精神不安定状態がでる傾向があります。精神疾患がある方はカフェインの取りすぎには注意が必要といわれています。

アレルギーはある?

クロロゲン酸に対してアレルギーが出るという事はあるのでしょうか?コーヒーを飲むとアレルギー反応が出るという方は、クロロゲン酸とうよりもカフェインが原因かもしれません。「カフェイン過敏症」という症状もありますのでまずはそちらを疑った方が良いかもしれません。コーヒー以外でクロロゲン酸を摂取したい方は野菜でもOKですし、サプリメントなどもあります。

インスタントコーヒーでもOK?

インスタントコーヒーでもクロロゲン酸が含有されているという疑問はありませんか?インスタントでも、もちろんクロロゲン酸ポリフェノールが含有されています。しかし、多くクロロゲン酸を摂取するにはインスタントよりもドリップの方が量が多くなるため、できるならドリップの方がおすすめです。ちなみにクロロゲン酸は、焙煎を深くするほど減少することがわかっています。焙煎される前の緑色(グリーンコーヒー)の豆を使用することでさらに抗酸化作用が高まるという説があります。

さつまいもやごぼうなどの野菜にも含まれています。

クロロゲン酸はコーヒーがもっとも多いということですが、その他の食品には含有されていないのでしょうか?実は以外にもコーヒーのほかにもサツマイモ、人参、ジャガイモ、ヤーコンなどに含まれています。コーヒーを飲めない人でもこれからの野菜でクロロゲン酸を摂取することができます。

サプリメントはどれがおすすめ?

クロロゲン酸を摂取したいと思っったらコーヒーをガブガブ飲めばよいのか?それにはデメリットもあります。それは、コーヒーを飲むとクロロゲン酸も摂取できますが、同時にカフェインの摂取量も比例してくるということです。カフェインの摂取を抑えクロロゲン酸の摂取を増やしたい時にはサプリメントをおすすめいたします。サプリメントでも多少はカフェインガ入りますが、コーヒーを飲むよりかはずっと低くなります。またサプリメントの多くは焙煎する前の生コーヒー前からクロロゲン酸を抽出したものものが多いので、含有量が多くなっています。クロロゲン酸のみを多く取りたい方は断然サプリです。

クロロゲン酸で効果効能で脂肪を燃焼!コーヒーやサプリで手軽に摂取のまとめ

あるテレビ番組で健康に良い食べ物・飲み物は何?という特集があり、複数の医師がコーヒーという答えを出していました。コーヒーはカフェインというイメージがありますが、クロロゲン酸というポリフェノールの効果が健康にもたらす影響が多いことがわかった事でコーヒーの印象が少し変わりました。脂肪燃焼効果が期待できるならたくさん飲みたいかも。

 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌imp

PR



海乳EX【定期ロングバージョンバナー】
ページ上部へ戻る