HMB

HMBの効果的な摂取方法【筋力UPに有効な栄養素】

HMBは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物であり、筋肉の分解を防ぐ栄養素として着目されています。そのため、HMBは、筋肉を増強する効果や、筋肉を維持したまま体重を減らすことができる効果などが期待されており、新しいサプリメントとして注目されています。このようなHMBの効果や摂取方法について、知っておくとよいでしょう。

HMBの摂取方法とはどのようなものなの?

HMBの摂取方法としてはサプリメントが一般的です。筋肉増強のためのサプリメントとしては、タンパク質を摂取しやすいように加工したプロテインをはじめとして、必須アミノ酸の3種類であるBCAAなどさまざまなものがあります。

そのなかでもHMBは、必須アミノ酸の一つであり筋肉回復効果の高いアミノ酸「ロイシン」の代謝物を取り出したものです。HMBには抗酸化作用がありますので、筋肉疲労時の筋肉の分解を防ぎ、筋肉増強効果が期待できます。さらに、ダイエットをしているときに筋肉まで落ちてしまい貧相な体つきになってしまうことがありますが、HMBであれば減量期の筋肉減少を防ぐことができます。

HMBの働きについてはこちら⇒HMBの優れた働き!

海外では広く注目されていましたが、日本では2010年に販売が開始されたという比較的新しいサプリメントです。HMBの効果を最大限にするために、正しい摂取方法を知っておくとよいでしょう。

HMBの正しい摂取方法とは?

HMBは1日にどのくらい摂取したらよいのかという目安の推奨摂取量は3gです。HMBはロイシンという必須アミノ酸の代謝物を取り出したものですが、HMBを1g生成するのに20gもロイシンが必要になります。ですので、摂取方法としては手軽で、しかもどのくらい摂取したか簡単にわかるサプリメントで摂取するのが効果的です。

しかしながら、

マウスを使った実験では摂取しすぎるとかえって筋肉量が減少する

という結果も報告されています。ですので、サプリメントで摂取する場合は、用法用量を正しく守るようにしましょう。

さらには、もともとの筋肉量があまり多くない人などは、やはり筋肉のもととなるタンパク質、プロテインと一緒に摂取するとさらに良いでしょう。最近では、プロテインにHMBが配合されたサプリメントもありますので、そういったサプリメントや栄養補助食品を使用するのも良いでしょう。

HMBサプリメントを効率よく飲んで筋肉量維持!

HMBは筋肉を作り出す効果がありますので、もちろん飲むタイミングについても気をつけたほうが良いでしょう。より効果を得られる摂取のタイミングとしては、トレーニングのすぐ後です。なぜなら、トレーニングにより筋肉は疲労していますので、その後ですとタイミングよく筋肉疲労を回復させることができるからです。

筋肉の疲労による損傷を食い止める働きがあるのがHMBですので、トレーニングの後にはプロテインとともに摂取するとよいでしょう。さらには、食事の後もおすすめです。なぜなら、食事の後は胃酸の影響を受けにくく、栄養素を効果的に吸収することができるからです。

HMBを摂取するのであれば、

  • 朝食昼食の食後
  • トレーニングの後

など分けて摂取するとよいです。HMBの1日当たりの標準摂取量が3gとされているので、1gずつ3回に分けて摂取するようにすると、より効果がみられるでしょう。

HMBのサプリメントで筋力UP!

HMBは多くの人に効果がみられる筋力増強のためのサプリメントです。特に、筋肉がすでに出来上がっている人よりも、

  • これから筋肉をつけていこうという人
  • シェイプアップしたいけれど筋肉を落としたくないという人

に向いています。また、HMBは吸収率も高く効率的に筋肉を作ることができますので、なかなか運動の時間が取れない人にもおすすめです。HMBやプロテインなどを定期的に摂取していると、家事やウォーキングなど日常行うことができる簡単な運動程度で、無理なく筋肉をつけたりシェイプアップをすることができます。

筋肉はタンパク質によってつくられていますが、そのようなタンパク質を生み出すコラーゲンは加齢とともに減少したり、加齢とともに代謝が悪くなり、脂肪がつきやすくなります。そのような人にとって、代謝の良い体をつくるためにもHMBがおすすめです。

また、摂取方法としては無理なく摂取できるサプリメントが有効です。摂取する際には、特に副作用などはありませんが、なるべく水と服用するとよいでしょう。ジュースなどとともに摂取するのはおすすめできません。またコラーゲンやクレアチンと一緒に摂取すると、より大きな効果を得ることができます。

HMBの効果的な摂取方法【筋力UPに有効な栄養素】のまとめ

HMBとは、筋肉増強のためのサプリメントの一種であり、ロイシンの代謝物としてつくられたものです。筋肉を作り出す働きを助けたり、きんりょくトレーニングによる筋肉疲労を回復するための働きがあります。1日の摂取目安量は約3グラムであり、トレーニングの後や、食事の後に飲むとより効果的でしょう。効率的に摂取するためにはサプリメントがおすすめです。プロテインやクレアチンとともに摂取するとより効果が上がります。

関連記事

  1. EAAの効能と効果【効率よく筋肉をつける】
  2. オクタコサノールで持久力を高めよう!【渡り鳥のスタミナの源】
  3. 筋肉をつけたいならプロテインとEMR【筋力維持にもおススメ】
  4. ロイシンは筋肉の働きに欠かせない【肝機能もサポートする必須アミノ…
  5. HMBの優れた働き!【効果的に筋力をつける】
  6. EMRの驚きの効果【タンパク質と合わせて筋力UP】
  7. [監修済] しなやかで美しい筋肉を身につけるために大事なナトリウ…
  8. ロイシンの食品での摂り方【筋肉増強のお供!】

ピックアップ記事

  1. as

カテゴリー

PAGE TOP