17型コラーゲン

17型コラーゲンで薄毛と白髪を改善!【摂取方法がポイント】

17型コラーゲンは、薄毛や白髪を改善する物質として注目されています。17型コラーゲンは幹細胞にあるタンパク質の一種で、毛包幹細胞と色素幹細胞の動きを活性化する相互作用を促していると言われています。毛包幹細胞は新たな毛の発毛にかかわる細胞で、色素幹細胞とは髪の毛の黒色にかかわる細胞です。薄毛や白髪に有効な物質として着目されている、17型コラーゲンの摂取方法について知っておくとよいでしょう。

17型コラーゲンとは?

17型コラーゲンは近年の研究により、加齢による薄毛や白髪を防ぐことができる画期的なコラーゲンであることが明らかになりました。この17型コラーゲンは専門のシャンプーなどで摂り入れることができます。

17型コラーゲンは、体内の細胞にあるタンパク質の一種です。特に頭皮の毛包幹細胞色素幹細胞に働きかけることで、その細胞の動きを活発化させます。さらには、コラーゲンは保湿効果が高い物質として美肌の面でも注目されていますが、頭皮でも新陳代謝に役立つように適度な水分を維持してくれるという働きもあります。

頭皮に存在するコラーゲンは、加齢とともに年々減っていきます。そのため、頭皮の新陳代謝を活性化することができなくなり、抜け毛から新しい髪の毛がなかなか生えにくくなります。同時に、コラーゲンが加齢により不足することで、色素幹細胞と呼ばれる髪の毛の黒い色素に関係する細胞が活性化しません。このような加齢による衰えを防ぐためにもシャンプーなどで17型コラーゲンを補うとよいでしょう。

17型コラーゲンを配合した育毛剤なども商品化されています。

17型コラーゲンについて詳しくはこちら⇒17型コラーゲンの働き

17型コラーゲンは食事で摂取できるの?

17型コラーゲンは、このように薄毛や白髪の改善に有効なものです。しかしながら、直接17型コラーゲン経口摂取しても体内で分解されてしまうために、直接摂取して薄毛を防ごうといったことは現段階では不可能です。ですが、これだけコラーゲンが薄毛や白髪に有効であるというデータが出ているために、これを活用して薄毛や白髪を防ぎたいものです。

そういったコラーゲンの摂取方法としては、コラーゲンの生成を促すような食品をとることで補いたいものです。コラーゲンを生成する食品としては、大豆食品などさまざまなものがあります。ですので、食品などからコラーゲンを作る物質を摂取することで、17型コラーゲンを作るという摂取方法が良いでしょう。

コラーゲンの生成に役立つ食品・成分は?

コラーゲン自体を経口摂取しても体内で消化・分解されてしまうため、コラーゲンを生成する食品を摂取するのが効率的な摂取方法です。

大豆製品

コラーゲン産生を促す食品としては、大豆製品が挙げられます。大豆にはゲニステインという成分が含まれており、コラーゲンを作り出すことができます。

ゲニステインの働きについてはこちら⇒ゲニステインの効能と効果

オメガ3脂肪酸

青魚

次に、オメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は身体に有害なトランス脂肪酸に代わって体に害のない、むしろ身体によいオイルとして注目されています。オメガ3脂肪酸は、鮭やブリのほかに、サンマやサバ、イワシといった青魚やナッツ類にも多く含まれています。

オメガ3脂肪酸で、細胞を機能させ、コラーゲン生成の環境を整えることができます。

ルテイン

次に、ルテインです。ルテインは、ほうれん草やケール、アスパラガスといった深い緑の野菜に含まれており、細胞の劣化を防ぎます。ルテイン細胞が活動しやすい環境を整えることでコラーゲンの生成を助けます。

ルテインについて詳しくはこちら⇒ルテインで紫外線対策!

コラーゲンを生成する食品の摂取方法は?

コラーゲンを生成する食品は、一度にたくさん摂取すればいいというものではありません。あくまで毎日継続して摂取することで、コラーゲンを作りやすくして肌や髪の毛の老化を防ぐことができるようになります。特に薄毛や白髪に悩んでいなくても、肌の老化を軽減したり防止したりするためにもコラーゲンを生成する食品を毎日継続的に摂取することが必要です。

そのため、大豆製品でしたら豆乳などで補うことができます。オメガ3脂肪酸は、青魚などで摂取することができますが、毎日継続しては大変ですし、ナッツなどはカロリーも気になります。そのようななか、オメガ3脂肪酸を摂取するために今注目されている食品がスーパーフード「フラックスシード」です。オメガ3脂肪酸を含む亜麻仁油などが効率的に摂取できます。

これらの製品や大豆製品、野菜に含まれているルテインなどを効果的に摂取するためには、サプリメントがおすすめです。17型コラーゲンを直接サプリメントで補うことはできませんが、コラーゲンを生成する栄養素をサプリメントで補うことが薄毛や白髪の防止、改善に役立つ手軽な摂取方法だからです。

17型コラーゲンで薄毛と白髪を改善!【摂取方法がポイント】のまとめ

17型コラーゲンは頭皮の毛包幹細胞と色素幹細胞にかかわっているコラーゲンであり、それらの生育環境を良くして薄毛や白髪を改善することができます。しかしながら、17型コラーゲンは、直接摂取することができないため、コラーゲンを生成する食品を摂取するとよいでしょう。コラーゲンを生成する食品は大豆製品やオメガ3脂肪酸、ルテインなどがありサプリメントなどで摂取すると効率的です。

関連記事

  1. [監修済] 白髪対策にビオチンサプリがいいと聞きました。
  2. 薄毛に効くミノキシジルの摂り方!【アメリカ食品医薬局(FDA)も…
  3. [監修済] 抜け毛や薄毛を防止する育毛に効果的なDHA
  4. 葉酸はサプリで摂取するのが効果的?【妊娠や貧血にも!】
  5. セサミンの効果は高血圧と白髪対策?【多く含まれる食品はゴマ】
  6. マカの男性に嬉しい効果【EDの改善と育毛にも!】
  7. ミネラル不足が薄毛や抜け毛の原因に?【上手に摂りいれて予防しよう…
  8. 17型コラーゲンの働き【薄毛・白髪対策の切り札になる!?】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP